失恋ララバイ

失恋ララバイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775511183

あらすじ

酔っ払ったバイト先の後輩、保樹に襲われて、体を重ねてしまったイチ。好きでもないのに保樹と寝てしまったのは、その日イチが人生最大級に落ち込んでいたから。自分を無条件に慕ってくる保樹に、イチは「俺は酷い男なんだ」と、悪びれた態度をとるが…。“いいかげんで、だらしなくて、でも放っておけなくて!”世話焼き大学生と悪友のハートフルコメディ他、描きおろしたっぷり ハートをギュっと抱きしめてくれる珠玉の作品集。
出版社より

表題作失恋ララバイ

ワンコ系後輩くん
ツンネコ系先輩さん

その他の収録作品

  • 依存する男
  • アニマル・ア・ラ・モード
  • 満たされないのはこの気持ち
  • こんな男ではありますが
  • 愛と理性の間

評価・レビューする

レビュー投稿数2

あともうちょっと

絵的にもストーリー的にも決して嫌いではないんですが、あともうちょっと何かが足りない、という感じでした。
続きを読んでみたいと思う作品が2作品あったので、そのご紹介を。

「失恋ララバイ」
表題作です。バイト先の後輩x先輩
酔って泊めて欲しいと押しかけられた後輩に流されて一夜の関係を持ってしまった先輩。
付き合ってはいないものの、それから後輩はよく家を訪ねてくるようになります。
実は先輩にはひどく傷ついた過去があり、そこからまだ立ち直っていなくて・・・
新しい恋の芽生え?というところで終わっているのでこの先も知りたい!と思いました。

「無重力ロード」
会社の先輩社員と後輩社員のお話。
たった16ページのお話なので、きりがいい所で終わっている、と言えば終わっているのですが、目の前に示された課題が結構大変な課題のために、果たしてそれをクリアーして二人は結ばれるのかな、と気になりました。
もうちょっと長めで読みたかったな。

1

次回以降に期待。

初読み作家、タカヒサ享の短編集。
どうでもいい話なのだが、私の目にはずっと「タカヒサ亭」と映っていたので、密かになんてふざけた名前だろうと思っていた。
そしてその割には普通の内容だなあとも思ってみたりして・・・かなり失礼な先入観を持っていたようだった(;´∀`)

それはさて置き。
全体的にこれといってパッとしたものはなかったものの、お話自体はそう悪くはなかった。
しかしあともう一息というか、お話に絵がついてきてないと言うか、もう少し突っ込んでくれたらな、という作品がいくつかあった。
また初出はアクアキングダムなので、媒体は恐らく電子書籍。
本の形態で読むと少しぎこちなく感じるも、携帯コンテンツとして読めば意外と違和感はないのかもしれない。

作者の趣味なのかアホっ子とツンデレ出現率は高い。
個人的に好きだったのは、叔父と甥の微妙な関係を描いた「依存する男」と、つまらないプライドに縛られ人生足踏み状態の男を描いた「愛と理性の間」。
よく考えればどちらも妻がいた設定である。
元妻帯者とか子持ちというのは、個人的ツボのひとつなので、そういう意味ではポイントは高いの続きだが・・・やはりもひとつストーリー自体にパンチがない。
とは言え、嫌いな作風という訳ではないので、今後も注目はしていきたいと思っている。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ