この道を通り過ぎたら

この道を通り過ぎたら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック(同人)
サークル
ハイカラフリップ〈サークル〉
ジャンル
銀魂(ジャンル)
発売日
ISBN

あらすじ

昼間に道端ですれ違った銀時と桂。
その晩、饅頭を持って来たと訪ねてきた桂を銀時はすぐに離しがたく、ふたきりで夜道を歩く。
その内にソノ気になった桂に銀時も乗ってやることに。

表題作この道を通り過ぎたら

いつも無気力・坂田銀時
流浪の逃亡者・桂小太郎

評価・レビューする

レビュー投稿数1

やはりリバありなんですね!

千綿ハイカこと村上左知の銀魂本、第2弾。
日の出ハイムと同じく、こちらも銀時×桂のカップリングが中心となる。
ただ何と言ってもリバの女王・村上左知なので、やはりここでもリバを目論んでいるらしい(笑)
個人的には非常に読んでみたいのだが、苦手な方はご注意を。

同じカップリングでも描く人が変われば、もちろんキャラの表情(内面も含めて)も微妙に違ってくる。
村上左知の描く桂は、日の出ハイムのものよりやや妖艶な雰囲気がする。
そして台詞が予想通りリアルである。
「喉の奥、突いてイイ?」なんて言葉は、さすが村上さんだと思った。

描写はライトなのに、交わす台詞が結構卑猥。
それはオリジナルの時に感じた印象と全く同じで、だからこそエロ度も高い。
お話自体はあらすじ通りのなんてことないエピソードだが、ぐっと引き込まれてしまった1冊。

早く桂銀を読ませてほしい。
これが村上左知の真骨頂のはずだから(゚∇^*)

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ