mellow mellowドラマティック・ボーイズラブ 9(アンソロジー著者他複数)

mellow mellowドラマティック・ボーイズラブ 9(アンソロジー著者他複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
宙出版
シリーズ
発売日
価格
¥905(税抜)  ¥977(税込)
ISBN
9784776795094

あらすじ

表紙:ヤマシタトモコ/岡田屋鉄蔵
作家陣:語シスコ/中村明日美子/岡田屋鉄蔵/明治カナ子/えすとえむ/宮本佳野/夏目かつら/サクラサクヤ/今本次音
出版社より

表題作mellow mellowドラマティック・ボーイズラブ 9(アンソロジー著者他複数)

雑誌により割愛
雑誌により割愛

その他の収録作品

  • 語シスコ「超天国」
  • 中村明日美子「ダブルミンツ」
  • 岡田屋鉄蔵「GOGOBOYの憂鬱」
  • 【対談】ヤマシタトモコ×岡田屋鉄蔵「愛と暴力と筋肉と」
  • 明治かな子「アフター」
  • えすとえむ「ジャスト ノット ライク ア メリーゴーランド」
  • 宮本佳野「Boy Next Door」
  • 夏目かつら「上の住人」
  • サクラサクヤ「黒猫珈琲店」
  • 今本次音「オタカレ!」
  • 岡田屋鉄蔵「タンゴの男」再録

評価・レビューする

レビュー投稿数1

これぞBL新世代対談

BL界の異端児(褒め言葉です!)であるお二方の
夢の様な対談の為だけに購入しました。
特に岡田屋先生がコミック雑誌で対談されるのは
これが初めてなのではないでしょうか。
わずか8Pながら濃ゆいの何の。
大変恐縮ながら、大好きな岡田屋先生の対談と
幻の第1話のみを取り上げて感想と参ります。

ー愛と暴力と筋肉とー
初っ端から筋肉話で盛りあがるお二人。
最高の褒め言葉が「馬のような」って、
さすが我が道をひた走る風雲児方は次元が違います。
ムキムキよりは細くて締まった体系がお好きだそう。
そう言えば、正に東洋人は体質的に細く締まるタイプだと
聞いた事があります。
暴力というよりは、エッチシーンの表現についての語りは
お互い正反対のアプローチをされていると感じます。
生活サイルクや漫画の描き方などは軽いジャブで、
ついには月代、弁髪萌えでインタビュアーも口を挟めぬ
遥かへと飛んでいかれました。新たな宇宙が誕生しそうですよ。
そんな中でも、BL作品における女性の扱いについての言及は
大変うなずけるものがありました。

ー情熱を体現するタンゴー
続き幅改定で出版された単行本には収録されなかった
幻の話「タンゴの男 step1」」が再録という形でお目見えしました。
ああ、何てことだい、永遠に拝めないと思っていた
2人のダンスシーンがあるではないですか!!
ありがとう、ありがとうー
美しくて目が釘付けになりました。

坊主頭でムッキーなヒロは相変わらず可愛いし、
そんなヒロが無防備にフェロモン垂れ流している様子に
嫉妬するアンジーは、これまたセクシーでワイルド。
男ばかりのダンスのレッスンの1コマは眼福です。
時系列では単行本より少し先、ヒロがタンゴを習い始めた頃に
あたります。
そして、同誌で掲載されていた「GOGOBOYの憂鬱」(後に同人誌として発行)の脇役2人が、ヒロのジム仲間として登場しています。
彼らはヒロ目当てで盛り上がっているのですが、
ごつい男達がきゃっきゃしている様は、もう可愛い以外の
何ものでもないです。

惜しくも休刊した同誌ですが、岡田屋先生がお好きでしたら
この幻の「タンゴの男 step1」を読むためだけに
購入しても絶対損はないと思いますよ。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ