電光石火BOYS

電光石火BOYS
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
17
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
作画
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
69 分
枚数
1 枚
ふろく
ポストカード(封入)
フリートーク
なし
発売日

表題作 電光石火BOYS

矢坂 律 → 鳥海浩輔

夏井 古楼 → 岸尾大輔

その他キャラ
斎 紫呉[高橋広樹]/ 小笠原 七央[鈴村健一]/ 半田 耀司[諏訪部順一]/ 喜多見[千葉進歩]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

学園ラブコメディ✩

この原作がすごく好きだったんですよね( ´艸`)ムププ
あんまりエロいイメージはないものの、可愛くて好きな作品でした。
聴こう聴こうと思いながら眠らせていた作品をようやく聞くことができましたw

瓶ぞこメガネの地味な受。
委員活動なんかでも奮闘する受が巻き込まれてぐっちゃぐちゃの
ラブコメディなのであります。
過去の薄い記憶の中では、わりと攻は狡猾的に攻めていた気がしたんですが
なんだよwwピュアかよwww
思わずトキメイタ。
母親の再婚で芸能プロダクションの後継になるべく~からの攻。
感情を殺し、あんまり人に興味を持つことも少なだったものが・・・
自分が怪我をするのも厭わず~な行動と、その行動力に似合わない
気持ちのすれ違い。若い二人のそんな甘さが可愛い作品でした。
なにげに、保健室でのレイプ事件。
「下へまいりま~すv」が一番好きだったりしますww
そこかよ!って話ですが、なんだかんだでナナちゃん可愛かった。

原作また読めたらいいな~・・

0

このCDがあったからこそなんですね。

声優ファンには有名なこの作品をやっと聴きました。

天然純情ド近眼高校生・古楼くん(CV.岸尾大輔←まだ、漢字時代)と彼を取り巻くイケメン高校生やバイのカメラマンのが繰り広げる学園芸能コメディ(?)です。

真面目で頑張り屋(貧乏くじを引くタイプ)の古楼くん、
ノリは軽いけど頼りになる斎くん(CV.高橋広樹)、
シャイでクールで実は古楼が好きな矢坂くん(CV.鳥海浩輔)、
女の子のように可愛いけどブラックな七央くん(CV.鈴村健一)、
腹黒生徒会長の喜多見くん(CV.千葉進歩)、
売れっ子カメラマンで古楼がお気に入りの半田さん(CV.諏訪部順一)と、
現在の人気声優が揃い踏みです。

中でもやっぱり主役の古楼はだいさくくんにぴったりで、ワタワタするところなんか小犬のように可愛くて最高です。
七央が女装したときの鈴村くんも超可愛いし・・・
斎くんのヒロキくんも何で古楼は斎くんの方を好きにならないんだろう?ってくらいいい奴だし。
特に、この3人は目立っていましたね。

しかし、お話は展開が微妙に無理やりだったりして、もし、このオールスターな配役じゃなかった続きら、中立評価どまりだったかもしれません。
そもそも発売は2002年で、もしその頃聴いていたら、彼らが人気声優だとは知らなかったわけですから、評価はもっと下がっちゃったかもしれません。

でも、勢いはいいし、みんな若いので、一聴の価値はあると思います。音楽もいいと思いました。

東城作品では、先日「XY」を聴きましたが、通じるところはありながらも両極端なイメージの2作品です。

2

笑い死ぬわ!

面白かったー。
笑い死にそうになっちゃいましたよ。
BLファンタジーな明るい学園コメディです。
学園祭をきっかけに親しくなった(?)二人が、ひたすらすれ違ってました。
挟みこまれるコミカルなシーンが絶妙で、何回もケラケラ笑っちゃいました。
岸尾さんの演技、好きだったなー。

好きなシーン
・「メガネ、メガネ…」
横山やすしキター!

・「普通じゃない」
岸尾さんの技アリ。
私も「普通ちゃうやん!」ってベタなツッコミ入れちゃいました。

・タワシ
岸尾さんの天然演技がタマラン!

ひたすら可愛い受け(岸尾大輔さん)と、一見冷たく見えるんだけど実は超不器用な攻め(鳥海さん)のカップルです。
鳥海さんも、さすが巧い!最初は妙に怖いんですが、「じつは不器用」と分かってからは、可愛くて可愛くて。

あと脇役までちゃんとキャラが立ってました。
鈴村さんが可愛かった。オカマなんですが、キュートすぎます。
高橋さんもいい味出してました。攻めの友人役です。

続き聞きたいな。
原作も読みたい。

1

☆メンの基

2002年というと、かなり前の作品なのね。
当時の若手総ざらえって感じのキャスティングで、年の近い仲良しが、わいわいやっている感じが楽しい。
この作品がきっかけで☆メン・ユニット活動を始めたって言うのも宜なるかなだわ。


内容は、コミック2冊分のエピソードを詰め込んだだけあって、みっちりハイテンポでエピソードてんこ盛り。

一応、メインカプは律(鳥海)×古楼(岸尾)みたいだけど、この二人の恋愛IQが低すぎて、ようやっとお互いの気持ちに気が付いて、このまま一気にエチいシーンに雪崩れ込むのか、って所で時間切れ。
それも、全編を通して流れてる、元気で明るいBGMにのってだから、せっかくの鳥さんの低いエロ声も掻き消されがち。
って言うか、鳥さん、ほとんど台詞ないし、、

メインキャラになるはずの鳥さんより、部様のエロボイスの方がよっぽど沢山入ってる。

女装キャラの鈴がかわいかったのは、収穫。

と言うわけで、BL的なエロ目的より、声優さんの若かりし日の、にぎやかな仲良しさんぶりを楽しむのにいいCDでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ