男・色茶屋

男・色茶屋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
6件
平均
3.5 / 5
神率
16.7%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
LADY BUG(株式会社アスガルド)
収録時間
68 分
枚数
1 枚
ふろく
なし(フリートークは初回版のみのボーナストラック)
フリートーク
あり
発売日

表題作 男・色茶屋

加賀 → 諏訪部順一

村上菊花 → 緑川光

その他キャラ
西尾千利[日野聡]/ 狭山[鈴木達央]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

キャストは豪華です

原作既読です。
台詞はほぼ原作のまま、ストーリーの流れは多少原作とシーンが入れ替わっているくらいで原作に忠実に作られていると思います。
原作漫画の描き下ろしを除くお話が収録されています。
変更があるとすれば、主人公2人のHシーンが追加になってます。なのでこのシーンでは台詞ももちろん新しく追加されたものとなっています。

原作自体が中立評価だったので、萌え度としてはこのドラマCDも中立か萌のどちらにするか迷ったのですが、主要キャラを演じられている声優さん達が好きなのと、演技は良かったと思うので、おまけで萌にしました。
受け様の元気なキャラが緑川さんにとても合っていたと思います。
諏訪部さんは落ち着いた感じで演じられてましたが、大学生の時の回想シーンは大学生としてはちょっと老けてる感じに私には聞こえたかなぁ~(笑)。
狭山役の鈴木さんは色男役をハンサム系のお声で演じられてました。
日野さんもちょっとボーっとしているお坊ちゃんの感じが出ていたと思います。
少し気になったのはBGM。なんだか少し安易な感じに聞こえてしまったのが残念でした。

初回特典の諏訪部さんと緑川さ続きんお二人のフリートークは、なんだかお2人ともお疲れのようでテンションはかなり低めでした。
「喫茶店は良く行きますか?」というテーマで。
お2人ともコーヒー派で、緑川さんはスタジオ入りの前によく行かれるようです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ