SASRA 4

SASRA 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
イラスト
作品演出・監督
菅原三穂
音楽
マキノマサコ
脚本
前川陽子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
154 分
枚数
2 枚
ふろく
全4巻セット通販特典応募券
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

おまえに好きって言わせるのは、命がけだな。
神から科せられた試練は続き、転生を繰り返す恋人たち。しかしその宿命の輪廻が遂に終わりを迎える ──! 剛将と蓮を乗せた飛行機が、すべての始まりの地・エジプトに不時着した。蓮の連れである不思議な少年とともに砂漠を彷徨う二人の中に、前世の記憶がよみがえり始め……。罪と罰に彩られた悲恋の行方は!? 子爵令息・京介×任侠に生きる男・竜の大正編、アートディーラー・剛将×エジプトに憧れる大学生・蓮の現代編を収録したグランドロマン最終巻! (メーカーより)

表題作 大正編

緒方京介 → 杉田智和

安藤竜 → 遊佐浩二

その他キャラ
幼少時の京介[瀧本富士子]/ 虎吉[矢尾一樹]/ 千代松[安士百合野]/ 川並[千々和竜策]/ 菊乃[石松千恵美]/ 長次[増田隆之]/ 柳川[大西健晴]/ 豊原[樋口智透]/ 代理人[園部啓一]

同時収録作 現代編

墨田剛将 → 小西克幸

奈良岡蓮 → 福山潤

ホルエムアケト → 羽多野渉

セシェン → 野島健児

その他キャラ
博文[前野智昭]/ ティティ[宮田幸季]/ コーナー[水内清光]/ 高野[高橋研二]/ 国枝[海老原英人]/ ヘカナクト[滝知史]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

大団円

シリーズ完結編です。だんだん記憶が戻っていくくだりはわくわくしますね。

大正編はとにかく遊佐さん!男前な低音で任侠の男を演じていらっしゃって、めちゃくちゃ格好いいです!

それなのに受け。男前な受けは素晴らしいです。遊佐さんは攻めも素敵だけどやっぱり受けが好き!

現代編はティティが昇天するシーンは感動しましたが、原作からはしょりすぎててて二人の恋人になるまでの心の揺れ動きがちょっと雑だったかな、という印象です。

でも全体的にはとても満足な作品でした。転生ものなのにキャストがすべて違うのはどうか、という意見もありましたが、キャラのタイプがバラバラなのだから仕方ないと思います。
例えばエジプト編のセシェンと大正編の竜さんとかは同じ人が演じるのは無理だと思いますしねえ(笑)。

0

勝手にランキング

聴き応えがあるからかなのか、達成感があるw
執念深すぎるぜ・・とか思ってしまうけど、
神的に四千年てどれくらいなのかね。いたとして

【大正編】
後々のことを考えると複雑だけど微妙でした。
個人的に、SASRAの中では
最も退屈なストーリーの内のひとつ。

【現代編】
ティティが可哀相でしたが、解決してよかった。
ツッコミどころもあるけど、ファンタジーだし許容範囲内。

★個人的には・・
1位【江戸編】
2位【中国編】
3位【中世ヨーロッパ編】
4位【現代編】【ローマ編】
5位【インカ編】【大正編】
でした。 +。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

0

最後の転生・・・

感動のグランドフィナーレSASRA4

SASRAのテーマは、輪廻転生悲恋。
神の怒りに触れた恋人同士が何度も記憶を無くし生まれ変り
何度もめぐり合い、惹きあい、恋に堕ちる・・・だけど結ばれない。

《大正編》
(緒方京介)杉田智和×遊佐浩二(安藤竜)

華族のボンボン年下ワンコ と 背中に彫り物背負った美貌の博徒

日本人離れした甘いマスクとゆるぎない育ちの良さ、そんでもって
大型ワンコの緒方京介!!!←どストライクで好みですw
しかも、受けが年上の博徒よ?筋モンの漢の中の漢が受けですよ。
どっちもすげぇ漢なのよぉぉぉ。攻め×攻め最高!

舞台は、《江戸編》に引き続き日本。
関東大震災で身内を失った京介(杉田)は
深川の博徒 竜(遊佐)に拾われる。
年頃になり兄のように敬愛していた竜(遊佐)への気持ちが
恋愛感情だと知る。
別れと再会・・・

受けの遊佐さんかっこいいーっ!
女々しくない受けって最高!
「こいよ」最高っ!
2回戦後、その身体でヤクザに一人で殴りこみに行ってしまうんだぜ?
やべぇーっかっこよすぎるw

転生を重ね続き、神の怒りが薄れてます。
万事ハッピーエンドのように見せかけて
最後は、戦火に巻き込まれてます。
ただ、それがバッドエンドかといえばそうではないと思うので救われます。






《現代編》
(墨田剛将)小西克幸×福山潤(奈良岡蓮)
前野智昭(博文)←どチンピラ役でっすw

ラストーっ!きたきたきたーっ!!
ゲイで豪傑な世界的アートディーラー と 普通の大学生

やっと神の赦しがでます。
過去の記憶、転生したときのさまざまな記憶
すべてが蘇る二人。
今までは、お互いの記憶がなくってすれ違いをしてたけど
今回は、途中から記憶が戻るんだよね。
記憶が戻るからうまくいくというわけではなく
逆に、その記憶が現在の自分の気持ちなのか過去の気持ちに動かされてるのか
そこで悩むんですよねー。
現在の自分は、相手のことを身体も心も知らないのに
過去の自分は、相手の身体も心も知り尽くしているのw
はじめてなのにはじめてじゃないw

気高き雄雄しき王子様アケト(潤)の生まれかわりが
節操のないおっさん剛将(小西)にw
絶世の年上美人神官(野島)が、年下のぱっとしない大学生 蓮(潤)にw
お互い前世とは違う姿にちょっとがっかりw
でも、惹かれあう。
それは本当に前世に左右されたことだったのか?
運命だったのか?
俺を見てっ!と、焦れる蓮(潤)は、すでに剛将(小西)に
惹かれているのにw素直になれない。

リッチなシナリオ展開にうっとりv

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ