DOLCE ドルチェ

DOLCE ドルチェ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典フリートーク(前野、谷山、阿部、安元)約11分
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

イタリアンレストランの料理長・宇佐美は、オーナーから店を「イケメンレストランにしたい」という提案をされ、顔だけが取り柄で女癖が悪い息子・小宮を押し付けられる。
案の定、小宮の勤務態度は最悪で、店を守るため一人奮闘する宇佐美だったが、突然小宮に言い寄られ身体まで求められてしまい──!?(メーカーより)

表題作 DOLCE ドルチェ

小宮大智 → 谷山紀章

宇佐美紀仁 → 前野智昭

森永進 → 安元洋貴

花野聖 → 阿部敦

その他キャラ
オーナー[増田ゆき]/ 女性客[渕上舞]/ 女性客[中村知子]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

流石プロ!!

物語は普通だと思いましたが、やはり声優さんは上手いと思いました。
それぞれの声優さんの声の感想です。

・谷山さん
病んでる役でしたがある意味ぴったりかも・・・
声がセクシーでステキでした!!
受け声が聞きたい(笑)
谷山さんの声でビッチ受けとか最高だと思う(笑)

・前野さん
割と高めの声でした。
前野さんの声が好きなのに、最初誰の声かわからなかったって言う。。。
もう少し低めが好きです(笑)
エロシーンの声が何か痛そうでした。。。
(でも森永×花野の時の攻め声はステキ!!
私的には前野さんは攻め声が好きです!!)

・安元さん
ちょっとひねくれ役でしたが、声の低さにやられました(笑)
安元さんの声、どちらかと言うと苦手だったのに、
最近は大丈夫になって来た・・・

・阿部さん
可愛い可愛い可愛い~(笑)

最近BLCD聞く回数減ったけど、
やっぱり聞くと声フェチな自分を再確認しちゃいます(笑)

0

あらら~

やっちまったな!(ギャグが古いよ~)
ある意味 すごいCDだった。
ツッコミ所 満載です。話の展開がおかしいです。
レイプシーンがとってつけたようでイマイチだった。
ガチャガチャしてます。雑な作りとなっています。
何でも詰め込み過ぎたのかもしれません。
2つの話入っています。
同じレストランに2組のイケメンホモカップル!!
オチがありがちストーリーです。想像通りです。
唯一 好きだったのが2話目の攻め役 安元さんの声!
女子達を瞬く間に蕩けさせる甘いボイス。
ふにゃふにゃになりました。

う~~ん・・・。トンチキCDみ~つけた~。

0

個人的に安元ボイスが甘くてほんとにドルチェみたぁい(●´Д`●)

女性オーナーの「このレストランをイケメンレストランにしたい」との
一声で集められたイケメンたちw
しかもオーナーの息子小宮(谷山)は、イケメンだが女癖が最悪。
料理長の宇佐美(前野)は、教育係りとして小宮(谷山)を躾ける。
でもじつはオーナーに小宮(谷山)を躾けたら店を元に戻してもらうとか
なんとか約束してたりして・・・
甘ったれのぼんぼんの小宮(谷山)は、厳しく躾けてくれる宇佐美(前野)に
惹かれていくも、そんな筋書きを知ってしまうんですよねー。
俺のためじゃなくて店のため?みたいな。
そんでおきまりのむりやりれいーぷですよ。

とはいえ、このお話。シリアスではないので精神的苦痛はありません。
最終的には、宇佐美(前野)のほうから
「セックスしようぜ」って男らしく誘ってましたwww

このCPが成立すると、じつは宇佐美(前野)に惹かれてたんじゃ?
と、もやもやする花野(阿部)モノローグにバトンタッチですよー。
そして、そんな花野(阿部)にちょっかいを出す森永(安元)
短い尺だからそんなに山アリ谷アリもなく
まあまあ定番な感じで、おいしく森永(安元続き)に食べられちゃってましたw

いやはや安元ボイス甘くてほんとにドルチェみたぁい(●´Д`●)

シナリオはそんなに厚みもなくって
平たくいえばつまんない部類に入るんだけどw
まあまあそこはBLCDなんでね、ボイスが入ってるので楽しめましたよ。

あ。そうそう、ドラマ中のけっこうな見せ場なんだけど
カニアレルギーのやつが、無理してカニを食べるシーンがあるんだけども
カニってかなりやばいと思うので、こんなネタやめたほうがいいと思うよ。
こんなネタで感動まったくできないし共感もできないから。死ぬもん。
しかもカニアレルギーのやつがイタリアン料理の厨房とか無理だと思う!

通販特典フリトは、安元さん仕切りで
谷山、前野、阿部の4人トークでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ