香港恋愛夜曲

香港恋愛夜曲
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
ハマノカズゾウ、松下一美
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
こうじま奈月
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
ブックレット
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

捜査官にも恋をする権利はある。ついでに、マフィアにも、な
香港の国際刑事警察機構に派遣された相馬真吾に突然舞い降りた大きな任務。それは香港を支配するマフィアの次期首領候補ブライアン・黎の護衛だった。警護のためにゲイであるブライアンの愛人として色々されるハメになってしまい!? 香港マフィア×愛人刑事が贈る、嵐のようなラブ・チャンス! (メーカーより)

表題作 香港恋愛夜曲

ブライアン・黎 → 森川智之

相馬真吾 → 羽多野渉

その他キャラ
エドワード・華[一条和矢]/ サミュエル・曾[水島大宙]/ 黎呈秦[寺島拓篤]/ 黎玉秦[梶裕貴]/ 黎庚秦[佐藤晴男]/ ジョセフ・衛[園部啓一]/ 屋台店主[片貝薫]/ 亥[佐々木大輔]/ 郭[河野裕]/ 常連客[長門三照]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

あの告白はないわー。

お話自体はなんのことは刑事とマフィアの恋物語ってことになるんでしょうね。
刑事が気になっていたからご指名したマフィアと、それとは知らずに気になっていた相手がマフィアだった刑事。
一目惚れに近いのかな。
それがそれぞれの背景もあって、すんなり行かず。
ブライアンのマフィア後継問題とかでゴタゴタして、相馬を人質に取られる的な。
聴きどころはブラインアンの弟である玉秦役の梶くんの変貌っぷりかな。
最初はかわいい弟キャラ的なところから、実は結構なドS気質の人のようで。
相馬を捕らえた後のやりとりの口調はなかなかステキでした。
その兄・呈秦も出てるには出てるんですが、あまりに一瞬なのでてらしー(寺島くん)目的の人はちょっと考えた方がいいかも…。
しかも、一瞬、てらしーって気づかなかったし!
お話自体はそんな感じで評価はそれほど…なんですが、羽多野くんの喘ぎを聞きたいなら聞く価値はあるかも(笑)
相馬は元気系のキャラなんだけども、ブラインアンにいろいろされたりするとなかなかの色気が出てくるんですよ。
いや、なんていうか、キャラ設定的なのではなく、羽多野くんの声の出し方が妙に続き色っぽいんだと思うんですが。
あー、でも、ほかのCDとかでここまでえろく感じないものもあるのを思えば、それなりにこういう演出なんでしょうか?
普段元気キャラの相馬だから余計にギャップを感じるのかもー。
それにしても…あのシーンであの告白はないです(爆笑)
あれにはさすがにびっくりするから。
しかも、ブライアンしっかり聞いてるし!

0

ラブラブなBLドリームが好きな方に

毎朝香港屋台のお粥屋さんに通ってる真吾に惚れてブライアンもお粥買ってたのが始まり、香港ってお粥有名なの?

真吾は小柄で無邪気な捜査官なんですが、毛嫌いしてたマフィアもブライアンはほんとうは優しい紳士でその辺の悪党とは違う事に気づいてから、「ほ」の字になっていきます。
でも!!
ブライアンには腹違いの兄弟がいて首領の座を狙われるんですが、ここの兄弟役にテラシーと梶さん!!!しっかーも!こんな梶さんの悪魔声聞いたことないテラシーも思いのほかめちゃ低音。

ブライアンの愛人真吾を誘拐して、上半身裸にして鎖でつないで・・・
(;*´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \
梶さんが鞭でシバくんですよぉぉ~ぴゅんの呻き喘ぎにまたまた心拍数が天文学的数字に

そして媚薬を飲ませるんですが、梶さんの
「お飲み!」
が実は頭から放れないww

ストーリー性は・・・微妙です。

0

なんだかなぁ

びっくり展開でトンデモ設定なテンプレを詰め込みました、って感じのストーリー。

監禁して媚薬を飲まされたり、
攻めがセレブな金持ちで、俺様で、さらに正義の味方のマフィアだったり、
受けは元気で真っ直ぐだけど鈍感で、一生懸命で、自分の容姿が優れてることに気づいてなかったり、
プリティウーマンのように高級な服に着替えさせられたり、高価な食事をしてたり、
レイプされかかった受けはギリギリのところで攻めに助け出されたり。
執事がいたり、
口の悪い秘書がいたり、
悪役は「ザ・悪役」って感じの分かりやすい悪役だったり。

まあ、そういうお話です。
割り切って聴くぶんにはそれなりにイイかもしれないです。
私は少々ゲンナリしました。もうちょいひねってくれてもいいのになぁと。
声優さんたちは良かったですよ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ