愛なんて食えるかよ

愛なんて食えるかよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
29
評価数
8件
平均
3.6 / 5
神率
12.5%
著者
作品演出・監督
佐々木聰
音楽
ピアノ演奏:辻博之
脚本
青嶋みお
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典CD(武内・前野・諏訪部・千葉)約16分
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

この春高校を卒業した重行は、専門学校の授業についていけず、毎週土曜日、母校の教師で兄の友人である愛の元に通っている。お礼は、偏食の愛の為に、手作りのお弁当。
しかし愛は、重行の兄・和成の元恋人で……。

表題作 愛なんて食えるかよ

三橋重行 → 前野智昭

寒川愛 → 武内健

三橋和成 → 諏訪部順一

木下悠 → 千葉一伸

評価・レビューする

レビュー投稿数6

原作コミック丸ごとのCD

原作コミックを丸ごとCD化されています。
ただ、タイトルはカップルが分かりやすいように変更されています。

「愛なんて食えるかよ1」
18分。重行×愛「愛なんて食えるかよ」の内容。

「愛なんて食えるかよ2」
21分10秒。重行×愛の続編「君の名は」の内容。

「ねじれた音符の奏で方1」
14分09秒。和成×悠の「ねじれた音符の奏で方」の内容。

「ねじれた音符の奏で方2」
15分41秒。和成×悠の続編「奇跡の人」の内容。

「ねじれたシーツの洗い方」
4分06秒。和成×悠の後日談「ねじれたシーツの洗い方」の内容。

「キャストコメント」
4分24秒。1人ずつ感想を述べるスタイルですが、スタジオ内に4人がいて残りの者が発言に茶々を入れたりして楽しい雰囲気が伝わってきます。

前野さんは初絡み、千葉さんは初受け作品とのことですが、初々しいと言われればそうかもしれませんが、演技に違和感やぎこちなさとか全く感じなかったのでさすがだと思いました!自分の原作既読したイメージと声優さんの声もぴったりで嬉しかったです。

「ねじれた」ではピアノ演奏がCD続きならではという感じで素敵でした。
ただ、原作未読だと、どんな場面なのかぱっと浮かばないかもというシーンはありました。特に気になったのは、愛が和成と重行を間違える場面と、和成に重行はお尻を蹴飛ばされた場面。効果音だけでなくセリフをちょこっと足すと分かりやすくなったのに思ったものです。

ブックレットには描き下ろし漫画「戦いすんで日は暮れて」2ページ。4人で居酒屋に来ました。ゴーヤを勧めるけれど、お前が作ったのは食べられるけれどお店のは無理、と涙目になる愛に抱きつく重行。それを見ていた和也と悠は…という話です。

フリートークも面白いですし、ストーリーの声も素敵なので4人のファンの方でしたらぜひ聞いてみて欲しいです!ただ原作既読がお勧めです。

1

フリトが本編!

前野さんの初絡み初攻め。そして一伸さんが初受け。

卒後の生徒(弟)×高校教諭、カウンセラー(兄)×音楽教諭。
後半の大人CPが聴き応え◎二人ともさすが。

原作未読なためシリアスとコメディのバランスが掴みづらい。

フリトが本編。

諏訪部さんの司会で妙なテンション。
和やかにNGや絡みのシーンについて話していて、あまり聴いたことのないものになっている。
ジャパネット諏訪部のクオリティは低いですねw

1枚で2CP、特に事件も起きないし、ライトに聴ける作品。
フリトで底上げされている感はあるが、悪くないです。

前野武内組の絡みはあっさり。短いし、ほぼ息演技。
ここから前野さんのBLCDが始まったのかと思うと感慨深いです…。
こんな初々しい前野さん…誰にでも初めてはありますね!!もっと愛でたいと思います!!

0

前野さんと武内さん

私の大好きな前野さんと武内さんが出てるので
(しかも攻めと受けとして!)
聞いてみました~♪

結構淡々としていた印象。
そしてエロエロじゃないと思う(笑)

前野さん。
受けのためにお弁当を作っちゃうとか女子力高いし、
一途なワンコ攻めって感じで、声が若~い!
もっと低い声が私の好みなんですけど、この声も好き!
そして何やらこの作品が初攻めでフリートークで、
収録の時とか家で練習してた時に腰振ってたと聞いて悶絶!!
しかも恋人に対しては甘えちゃうんだって!!
作品も良かったけど、フリートークもとっても良かった(*^O^*)

武内さん。
相変わらずかわゆいお声で萌えました。
でもこの後に聞いた武内さん受けのBLCDが
強烈すぎてあまり覚えてないって言う・・・すみません。。。

諏訪部さん。
諏訪部さんの声、結構好きなのにBLCDでは初めて聞いた気がしますが、
低音良いですね!!
系統で言ったら安元さんとか興津さんに似てるかな??
攻め声萌えさせていただきました。

千葉さん。
多分初めて聞いた方だと思われますが、
自分から咥え続きちゃう感じとか「俺と寝ない男は滅べ」という名言とか
面白いキャラだと思いました。
女王様キャラ良いですね~
セックスはバトル!?的なことを言ってたし(笑)

さらっと聞けるCDでした~

1

大人カップルがすてき。

『重行×寒川編』
彼氏の弟から想い人へ。
2人の間に「恋」を意識させることになった出来事は重行の中にトラウマとして残っている。
けれど、好きな気持ちはどうしようもなくて。
一方、無碍にあしらうように見せている愛だけれど、その奥底にある真実はとてもかわいくて、どこか切実で。
毎日の弁当のやりとりに込められている想いがあって。
重行とは違うけれど、愛もまたあの日の出来事から重行との関係に思うところもあって。
なかなか関係を深められない2人がなんだかもどかしくもありました。
前野くんの重行は元気少年(青年?)て感じでまっすぐなバカといった印象。
一方の健ちゃん(武内くん)の愛はやさしいけど芯の通った先生といった感じ。
重行の夢の中の愛もなかなかステキでしたが、最後の実際えちの時の愛の誘い方(?)にヤラれました。

『和成×悠編』
話としてはこちらの方が好きです。
遊びで簡単に寝る男・木下と遊びでは寝ない男・和成。
けれど、木下の本質は実は違っていて。
それを隠すために演じているにすぎない。
そういう本音を見せない部分がすごく好きですw
木下と和成のやりとり続きはなんかホント言葉のバトルのようで。
すんなり恋愛には発展していかないようでいて、お互いに想うところがあったりで。
むしろ、途中のくだりを聞いてると最初っから木下は和成を狙ってたのかな?と思わないでもない。
この木下、なんというか普段は確かに温厚な教師なんだけども、和成に対してはどこか女王様の様というか。
命令調が多くて口も結構悪いような。
そんな木下の名言はもちろん「俺と寝ない男は滅べ!」ですが(笑)
続編のベッドの中での命令調がすごいかわいかったです。
結局は照れ隠しですから…。
そんな木下役の一伸さん(千葉さん)、すごいハマってたんですが、これが初受だとか。
どんだけ受スキル高いんだ!!!!!
控えめに押し殺しているようであって色気ダダ漏れの喘ぎ。
これの素晴らしさに脱帽です。
いやー、艶っぽい。
そして、その相手役である和成役の諏訪部さんも当然、声からしてフェロモン系。
えちシーンでは更に囁いたりするからなぁ。
個人的には和成の木下に対して「悠」って呼びかける呼び方が好きです。
なんていうか、「ゆう」じゃなくて「ゆーう」みたいな感じ。

フリトは健ちゃん、前野くん、諏訪部さん、一伸さん。
健ちゃんは普段どちらかといえば生徒役が多い中、今回は教師役が出来て楽しかった。
隣で頑張る前野くんが微笑ましかったらしい。
前野くんは今回、初メイン受ということでいろんな悟りを開いたらしい。
ちなみに、本番ではそんなに腰振ってなかったけど、家では腰振りっぱなしで練習したらしい(笑)
諏訪部さんはこの業界に入ってから初であろう大失敗をやらかしたらしい。
えちシーンでえろくト書きまで読んじゃったらしい。
一伸さんは遂にヒエラルキーのてっぺんから落ち、抱かれてしまいましたとさ。

1

予想以上に面白かった!

「俺と寝ない男は滅べ」←名言!
ツンデレをこえた誘い受け、デレツンデレっていうのかな、表面は温和なのに腹黒で、腹黒なのにツンデレという最強の受け(千葉さん)にメロメロにされました。
二組のカップルが登場するんだけど、とくに大人カップルの会話の掛け合いがめちゃくちゃ楽しかった。
「ヒエラルキーの頂点を滑り落ちた」という、受けに初挑戦の千葉さん。
はじめてとは思えないぐらい上手いです。

ストーリーはありがちなお話なんだろうなーと舐めてかかって聴いたのですが、意外や意外、かなり面白かったです。
たしかにストーリーはありがちかもなんだけど、味付けの仕方がやたらと上手いのだ。
原作を読みたくなりました。

前野さんは攻め初挑戦だったらしいです。
はじめて話まんさいのフリトが楽しい。
どうぞどうぞ腰ふってください!ガンガン!w
前野さんのワンコ攻めも良かった。
諏訪部さんは相変わらずエロく、武内さんは相変わらず可愛いです。

0

前野智昭さんは、絡み収録時、腰を振っていたというCDはこちらですv

前野の初攻め作品。
前野の筆下ろしは武内さん。
ちなみに千葉一伸さんも初受け作品とな。

ごめんなさい。どーせつまんないと思って聴いてましたw
そしたらおもしろくってビックリしました。
とりあえず諏訪部さんが低音系で、ものすんごくエッチで
鼻血がでるかと思いました。かなり好きです!リピ決定ですv

さてさてドラマは2部構成。

重行(前野)は、愛ちゃん(武内)が好き。
でも、愛ちゃん(武内)は、母校の教師で兄 和成(諏訪部)の元彼v
和成(諏訪部)の存在にヤキモキしながら
年上の愛ちゃん(武内)への愛にひた走るっ。

和成(諏訪部)は、同じ学校の音楽教師 木下(一伸)に
愚痴のかわりといってピアノを聞くことになる。
温厚そうな 木下(一伸)とは裏腹にピアノの音は攻撃的。
そのギャップに和成(諏訪部)は、木下(一伸)へ興味がでてくる。

みたいな2本立てです。
シナリオも、おもしろかったし。
なにより絡みが、両方とも初モノなのに
とてもうまくまとまっていた!良かった~v

そんで、ちょっとちょっとちょっとー!
フリトにて武内さん談。
続き
前野!絡みの収録時、腰振ってたってw
さすが帝王んとこのの若手だな。帝王仕込み?
しかも家で、練習したときはかなり振ってたって(爆)
ちょお・・・声優さんて大変だなw
フリトひとり終わるごとに拍手入ってるのが新鮮でした。
いやぁ~。これ、おもしろかったわv

ほんっと下品な話だがwww
若手声優さんの初めてCDって、なんかものすっごく萌えますv
楽しくて仕方ないです(´∀`*)←ど変態。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ