同人作家コレクション番外編 腐女子ブログ 閨口

同人作家コレクション番外編 腐女子ブログ 閨口
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%

評価・レビューする

レビュー投稿数2

突然とさりげない不可解さ

毛魂一直線先生の前名義で出版されたブログ本(漫画とブログが約半々)です。

BLをまだ手にしていない数年前、同人誌を買ったことすらない私が「り・ぼーん」を読んでいるというだけで友人に「好きだから。お前、絶対好きだから。」と、(強引に)貸してくれた本です。

BLも同人もまったく興味がなく何の期待もせず読みはじめましたが、この本はやばかった。見開きのカバーに描かれている4コマからヤバかった。

守護者キャラ達の不可解な行動(ギャグ)にいちいち巻き込まれる主人公。とても不憫です(笑)。そしてその主人公がすかさず入れるツッコミが、適確かつ鋭く冴えていて本当に面白い。

ギャグBL(BL要素は薄い)のファンブックだけあってキャラ崩壊は否めませんが、個々の持つ色は損なっておらず、キャラの言動・行動も「これはなんかわかるぞw」と思ってしまう絶妙なバランスがとても良い。

ギャグの方向性としてはガンガン押していくスピード&パワー系で、作者さんの持つ独特の視点から投下された予測できないネタが笑いを誘います。
このネタがもう…、本当、センスとしか言いようがない。
こういった視点か続きらギャグを描ける漫画家先生は一般でも殆どいないんじゃないかな…。

昨今はシュール系ギャグ漫画が一般流行し(BLギャグ漫画は殆ど読んでいないため比較材料ナシです;)、テンション高めのギャグ漫画はキッズ向けを除きかなり減ってしまいましたが、減ってしまったからこそ、こういった趣向のギャグを新鮮な感覚で読むことができるんじゃないかと思います。(もちろん元ネタありきですが^^;)

ブログの方も最初は読む気はなかったのですが、漫画を読んだ後、
「この作者の思考を育てた環境が気になる…」
と思い読み始めたのですが、、、笑えます。

「なんでこんなミラクルが身に起こるのw」と少し羨ましくなるくらいの出来事多数で、なんだか色々納得してしまいました。
漫画→ブログの順に読むのがお勧めです。

べた褒めしましたが、中にはテンション高めのギャグ漫画が合わない方もいらっしるはずなので、あくまでも「すごく私の好みだった」という事で宜しくおねがいします。

ファー長くなっちゃったー

1

おもしろすぎるブログ本

以前、りぼーんの同人誌で閨口さんをみてからすっかりファンになってしまい、
これを見つけたときは即買いでした^^

閨口さんの絵がとても好きで内容もとてもおもしろくてツボです

リボーン、BASARAなどの作品も入っているのですべてブログ
というわけではないです。
ブログとの割合は約半分ぐらいではないでしょうか。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ