…あなたほどキレイで冷たい人はいないよ?

秘密のドルチェ

秘密のドルチェ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877241452

あらすじ

神栖家執事・佐久間伊織。彼には主にも内緒で仕事中に甘美なセックスを愉しむ相手がいた。出入りの庭師の息子で、伊織に一途に思いを寄せる大野荘介。お気に入りの「ドルチェ」は食べたいときに、食べたい分だけ――。主導権は握っていたはずで、彼は自分に従順だと思っていた。しかしあるとき、「もうあんたの言うことを聞く必要なんてない」と、豹変したかのように襲い掛かってきて――。
出版社より

表題作秘密のドルチェ

庭師 大野壮介
執事 佐久間伊織

その他の収録作品

  • 薔薇色ドルチェ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ワンコと女王様

私の一番萌える、ワンコと女王様の組み合わせでした。
満足です。
やっぱりこの組み合わせは無条件で萌えるわー。

『彼のドルチェ』のスピンオフです。
前作カップルの脇にいた美人執事が主役。
でも前作は読んでなくても問題なく読めると思います。

この執事のキャラがいいんですよ。仕事はできるけど冷たくて、心のなかで色んな悪態をついてるのが面白くて仕方がなかったです。
で、ヘタレワンコな庭師が自分に気があるというのが分かると、エロく誘ってゆきます。好みの容姿の可愛いワンコくんを弄ぶ気まんまん。
まあでもセオリー通り、身体を重ねるうちに本気になっちゃうわけですが。
ワンコが豹変して襲いかかっていく場面が一番萌えました。

あと前作カップルの攻め様のアホデレっぷりには笑わされました。
先走ってバスケコート作ろうとするとか、かなりのメロメロ溺愛っぷり。かっこいい攻め様なのに妙にアホというのがいい。

さくさくっと読める良作でした。

0

声が聞こえる・・・

前作「彼のドルチェ」は私好みではなかったので、こっちはどうしようかなと思ったのですが、主人公が執事の伊織さんなので読むことにしました。

意外と真面目で一途な植木職人×ビジネスライクで冷淡な執事という組み合わせ。
屋敷の薔薇園と二人の関係を絡めてお話が進みます。

仕事にも恋にも真剣な荘介とちょっとつまみ食い感覚で付き合っていた伊織。
伊織の態度は徹底的に冷たくて・・・

まぁ、結局伊織は不器用なんだねって思いました。

お話の進み方は先が読めるくらいの王道な展開なのですが、とにかく私の頭の中で伊織が平川くんの声でしゃべっちゃって・・・だって、究極のツンデレ(デレは少なめ)なんですもの。

0

ドルチェシリーズ二作目

壮介のキャラが好き!

う~ん神にしたいところ(^_^;)
でもあともう一歩何かが足りなかった。

越智千文さんの漫画は、
私にとってはすごく読みやすくて、理解もしやすいので、
スラスラ頭に入ってくるんですけど、
読み終わった時にズッシリくる感じがない…良くも悪くも。
サラリ、キュンッキュンツみたいな。

今回は、執事×庭師 です!
前回が 家主・東悟×家主の従兄・朝日 で、その続編なわけなんですが、
使用人×使用人ってのもまた秘密めいてていいです!
「彼のドルチェ」読んでた頃は、え~もう別カプの話になっちゃうんだぁと、
いい気はしなかったんですけど、こっちを読んでると別にそれも感じなくなってきて、
むしろ家主の東悟がジャマに感じてきたほどです(笑)

一番萌えたシーンは、
やっぱりやっぱり☆ 壮介が怒って伊織を押し倒すシーン、
壮介の若さとか悔しさと優しさとか、全部が滲み出ていてたまらんです。

あ、ちょっと笑っちゃったのは、
伊織さんは、結構朝日のこと嫌ってたんだったんだな~ってこと。
壮介に押し倒されつつも、まだ朝日がいなくなった云続き々を考えてるんだもん(笑)
たしかに甘ったれではあるが・・・
雑誌では、また、東悟×朝日にカプが戻って「恋色ドルチェ」が始まってるので、
こっちも、どうなっていくのか楽しみです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ