T.E.ロレンス 上巻

T.E.ロレンス 上巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Wingsコミックス(ウィングスコミック・新書館)
発売日
価格
¥767(税抜)  ¥828(税込)
ISBN
9784403613210

あらすじ

准男爵の私生児として誕生した、かの「アラビアのロレンス」ことT・E・ロレンス。
彼は、師ホーガス博士によって導かれ、さらにアラブ人ハムディの独立運動にかける情熱に触れることで、アラビアの地に強く魅せられていく。
やがて世界大戦勃発。
ロレンスのもつアラブに関する知識は英国陸軍情報部に高く評価され、ついにはハムディの支援するメッカのシェリフ・フセインの第三王子ファイサルの軍事顧問となる。
アラブの運命は、ロレンスの手に落ちてきた・・・。
広大な熱砂の地アラビアで数奇な運命に翻弄される男・ロレンスの生涯を描いた感動の名作、第一弾・・・!!(裏表紙より)

表題作T.E.ロレンス 上巻

シェイク・ハムディ
トマス・エドワード・ロレンス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

実在の人物です

アカデミー賞7部門受賞作『アラビアのロレンス』で有名な、T・E・ロレンス。
第一次世界大戦中アラブ独立運動を指揮した英雄の、波乱に満ちた生涯を描いた作品です。
もちろんフィクションですが、ちゃんと史実に沿って話は進みます。
著作や手紙から実際のロレンスの言葉も引用され、うまくロレンスの心情を表現されています。

多彩な能力の持ち主だが、サドでマゾでゲイでナルシスト。
純粋で誠実でアラブを愛した。
矛盾を抱える複雑で厄介な内面を持つロレンスは、実に魅力的な人物です。
腐る前から好きで、BL・非BL問わず私の一番はこの作品なんです。


駆け落ちして一緒になった両親から生まれたロレンスは、敬虔なクリスチャンである母に厳しく育てられた。
中世の歴史や考古学に興味を持ち、生涯の師と仰ぐホーガス博士との出会いによりアラビアの地へ。
無謀にもひとりで訪れた真夏のアラブでは、灼熱の砂漠で迷子となり、盗賊には襲われ、男に犯されそうになった上に、命の危険さえも・・・。
それでもアラブの魅力にとりつかれてしまった。

発掘隊に参加し、再び訪れたアラブ。
そこでアラブ人の作続き業頭・ハムディと知り合う。
低俗な英国人に傷付けられたロレンスは、静かで心の深いハムディに惹かれていく。

ロレンスは一人のアラブ人を愛し、彼を喜ばせたくてアラブの自由を勝ち取りたかった。
著書『知恵の七柱』の序章を捧げた「S.A.」はダフーム(シーク・アーメド)ではないかと言われてますが、神坂版・ロレンスが愛するのはダフームではなくハムディです。
(ダフームのことも、とても可愛がっていましたが。)

ハムディがアラブ独立を望んでいることを知ったロレンスは、自分が持つ知識は彼の役に立つだろうと、利用されることを承知で彼を選ぶ。
一方ハムディもロレンスに対して愛情を持っているのですが、大きな目的の前にはロレンスの好意はもちろん、自分の感情さえ殺してしまうのです。

まぁロレンスの方もハリト族の協力を得るために、族長・アリに対しては思わせぶりな態度を取り気を引こうとしてますけどね・・・。

アラブの独立を信じ、アカバ攻略を目指すところで上巻は終了。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ