腐ォロー

follow

腐ォロー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
83
評価数
21件
平均
4 / 5
神率
52.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775514917

あらすじ

半年ぶりに実家に帰ってきたオレを待っていたのは、ヤロー同士の裸の絡み合いだった。しかもそれがオヤジと中学の同級生で!? 
───『ティラノ腐ォロー』他、37ページ描きおろしを含む全5作品のハードエロオムニバス。葉月つや子、アクアコミックス初登場!!

(出版社より)

表題作腐ォロー

ひきこもりゲイの義弟 ノブユキ 
嫁を失くした婿養子 トシキ

同時収録作品斜上からキタ腐ォロー

社長子息の公立高校生 龍波アツシ
成績優秀なクラスメイト 相原ヒロト

同時収録作品良いコの腐ォローの賜物

ローン会社社長 三木
風俗嬢のヒモ大学生 白井直人 21歳

同時収録作品ティラノ腐ォロー

やもめ子持ち 崎坂裕敏 50
攻の息子に中学時代いじめられていた 池田栄

同時収録作品孤城腐ちて

元同級生の父親で会社経営者 池田
バイトの清掃員 K(一ノ宮圭)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

商業?ポルノ?ホモ?AV?官能?

「はんぱな覚悟で読むんじゃねえ!」
「箱入り腐嬢様は帰ってネンネしな!」

ばりの溢れんばかりの萌える…ちがう”燃える”レビューが並んでおりましたので
興味津々でどう考えても苦手な絵だなー…と思いつつ、覚悟して挑みました。

いんやー!すごかった!!!
皆々様のおっしゃる通り、袋の描写といいますか…短小なナニも!反り立つナニも!
フェラしフェラされ感じる体も!素晴らしくリアルでこれぞ”無修正官能ホモ漫画”
って感じでした。”ゲイ”って表現は全く違う気がする。

流される不幸体質の受けが非常に多く。
主人公はたいがいいつも”ロクデナシ攻め”視点。

・むかしイジメてたやつが自分のおやじの”コレ”になってて、
濃厚エッチを目の当たりにしてしまったり…

・そのイジメられてた受けの父親が、息子が道をそらしてうなだれているさなか
自分も気づけばウリ専男にフェラされ気づけば恋仲になっていったり…

・奥さんをとっかえひっかえな親父を持ち、自分は集団強姦しようがあの手この手で適当に親父が助けるので、息子はやりたい放題ぐれ放題。そんななか入った公立校でたまたま続き目を付けた清貧な男子を一方的に強姦。だけどなぜか無抵抗。どころか「泣いてるのは君だよ?」なんて諭される。→勉強して立派になってパートナーになろ!なんて言ってマジで弁護士になって一生二人一緒
etc...

強姦だったり金貸しだったりロクでもない展開ばかりです。

斬新だった…というかレディコミ?っぽいなあなんて思ったのが
BL漫画にはない”姑視点”話。(レディコミをいまいち理解しきれていない)
しょっぱなのお話がこれなんですが、可愛がってた娘を亡くし、残ったのは流されやすい娘婿と引きこもりがちのゲイの息子。
”幸せな家庭”を続けるには、息子と娘婿をくっつけりゃあいいのよ!なんてまーとんでもない思考に走るオカン。
で、元々婿に惹かれていた息子は迷いつつも言われるがまま、婿も婿で流されるがまま
結局一つになりましたとさ・・・・(メデタシメデタシ・・・?)

いやー良いのか悪いのかわかりませんが斬新で話としては面白かったです!
ただ狂ってるなとは思いました☆

好きな方は好きみたいで非常に評価も高いですが、どうだろう。
純愛路線のBLに浸ってたっていいんじゃないの??とも思いますwww
私は”ナニ”が見たいのとエロエロ展開を欲してたので満足していますが
あまりにも流され過ぎる受けと強姦強姦の展開が好きではないので、
エロに対する評価のみの萌え一つにさせて頂きました(゚∀゚)

私はやっぱり”愛”ある鬼畜でないとだめみたいです。つまりBL専!
己の”腐”度、および萌える官能程度をはかるのにもいいかもしれません『腐ォロー』

1

これはまた

ご立派な息子さんをお持ちで、、、。

ちょっと前までは、こんなにくっきりガッツリでも大丈夫だったのね、
って言うレベルでは到底収まりきれない、
寧ろ、BLでは18禁同人誌でも有り得ないくらいの、このリアル(特に袋の方)
これって、初出が官能レディス誌だったからなの?

もう、初っ端から、今となっては超貴重なボカシも遠慮も一切なしのご開帳。
ストーリーのノリはエロ劇画、結構トンデモ展開ぽくても、緩急の付け方が絶好調なので、実に楽しかった。
後書きがまた、大人でかっこいい。
BL専業のお嬢様方にはちょっと太刀打ちできない貫禄が素敵。

3

何が見たいってナニでしょ?

最近。
葉月さん画を見掛ける度に「おっ!出ました葉月さん!」と野次を飛ばしたくなる衝動が起きます。何で?(笑)

表紙からしてものすごーく濃ゆーい感じ。
綺麗で可愛いとかそういうのは正直皆無なのに、一度好きになったらどんどんその魅力にハマッていく気がしてならない。そんな葉月さんのこちら。

まず何が面白いって、自称・ハンパに良識ある変質者(笑)葉月さんのあとがき。
あとがきから話すのもどうかと思うのですが、この『葉月節』が何とも説得力がありつつオフザケでいて、そしてフンフンと読み進めたくなる雰囲気。しかも縦書き。
そしてソコを読んで驚いたこと。それは。

この『腐ォロー』が、官能レディコミ誌(現在休刊)に掲載されていた、ということ!
そう、BL雑誌での読み切り連載だった訳じゃないんです。

それなのに、コカンのアラワこの上なし!
R18雑誌なんて正直メじゃない程のアラワよう!大丈夫なんですか!
いやもう…スバラシスギル。

ストーリーはと言えば、さすがのつや子さん。有り得ない系やぶっ飛んでる系が殆どであり、更には登場人物のモノローグも可笑しかったり、良続き識ある人物であればモノローグで突っ込んで居たりと、つや子ワールドを胸焼けするほど堪能出来ます〃


そして、つや子さんと言えば……
様々な竿&タップタプでバインバインな玉!!!コレだけは外せない!!(笑)
これはもう、つや子さんならでは、ですよね。寧ろ私、コレを楽しみにページを開いてましたもん。
作中で出て来るシーンも去る事ながら、間にあるドエライ股間・ポーズ・体位のカットがまた何とも「うわぁぁぁ…!!」なのです。
だだだ大丈夫なのですか…
私的にはあのバックからのぶら下がり図にクギヅケ…一度たたいてみたい…(コラ)

いやー、コレは本当に買って良かった!
もう萌とかそういうのじゃないんです。好き。ただその一点。
先日発売された新刊では、修正の仕方があまりにえげつなかったのでショックを隠し切れませんでしたが、この『腐ォロー』は全然違います!


葉月さん画が大丈夫な方に是非読んで頂きたい。
本気のアレ、堪能できますよ。

4

この本のフォロワーは出ないであろう…

レディコミのエロさというのは男性向けとはまた違うタイプのねっとりしたものがあるのですが、そのトーンで書かれたBL・・・なんだけどもうデッドボール寸前。

結局は「孤城腐ちて」の(襲われ)攻めの池田の息子たちの話2本、
そして「孤城腐ちて」の(襲い)受け、圭の家に来る借金取りが絡む話、
さらに学生同士のものもありますが、どれもこれも恋だとか愛だとかではなく
むしろドロドロとした性欲+暴虐をぶつけたおす、甘さなんかこれっぽっちもないハードな話ばっかりです。

それなのに「これでよかったんじゃねーか?」と思わせてしまう強引さを感じます。
そう錯覚させてしまう要素は二つ。
一つはそうさせてしまう状況に否応なく追い込まれてしまう流れの巧みさ。どの話にしても例えば姉の婿に弟が強く惹かれているのを母親が察してハメたり、義理の母が強烈な同性愛の援護者だったり・・・と脇の人たちが生々しいのです。

もう一つ生々しいのは露骨な性行為描写。特に性器の描写がえらく緻密で修正の仕方が
「それのどこが修正だ」なやり方のため(亀頭を隠す気まるで無し)感じてしまっているのが凄く感覚として伝わっ続きてきてしまうんですよ。
だから絶対消えない借金のカタにされた白井(表紙で逃げようとしている方)がクソガキの縁もあって犯され続けていても白井が感じすぎてしまってるがゆえに「それでいっかぁ」と思っちゃう感覚麻痺。

そして最後の最後の描き下ろし。結局長男に海外逃亡され、次男は婿入り先で弟に取りつかれ、三男は彼に乱暴した同級生の父親に奪われ・・・とさんざんすぎる池田に対して、いい気味!と復讐を計ったはずの圭とあまりにもハイソなホテルで絡んでいるうちに段々と引っ付いていく・・・というちっとだけウォームな話でなんかジンと来てしまいました。
こればっかりは掛け値なしに「ええ話」に感じます。池田はやっと目いっぱいの愛情をぶつけていい相手にあって、圭は逆に目いっぱい甘えていい相手を見つけたわけで・・・。

でもまぁ、こんな本は今後出ないんじゃないでしょうかね・・・。
BL好き腐女子にはお勧めしても毛が濃い上にオヤジ多めで「うげっ!」な感じだし、
ガチホモが好きなのはもっと明るく体育会系、つーか雄!な感じだし。
とにかく「レディコミに出てくる悪役男」が多い本です。

そもそも、今の青少年なんとか条例に余裕で引っかかるR18、いやR22ぶり。
少なくとも「萌える」とかそういう尺度で測ってはいけない本。

そうなると「中立」か「神」の二択ですが・・・

個人的にはバイとして「男に欲情する」ほうの脳を強烈に刺激されたので、
「神」!を進呈いたしましょう。でも絶対にお勧めはしないですよ?
自分しかいなさそうなストライクゾーンにビーンボールを叩き込まれた感じです。

5

良作ぞろい

こちらで評価が高かったので、購入してみました。

掲載紙が官能レディースコミックのためか
キャラクターもストーリーもありきたりなボーイズラブとは違うな、と感じました。
どの話も魅力的で、楽しめました。
各々の話が少しずつリンクしているのも、まとまりがあっていいと思いました。

ただ、個人的に、この作家さんの絵があまり好みではありませんでした。
また、表現が少しあからさまな印象を受けました。
なので、全体としてはあまり萌えることができませんでした。
話自体はとてもおもしろかったです。

0

オヤジ達良い味出してる?!

密かに(いや隠しては無いのですが)
葉月さんの描くキャラは好きな顔でして(´▽`*;)
昨年出たシリーズも楽しく読みました(兄ちゃん大好き)

はさておき
昨年シリーズは、ちらほらと女性との絡みも結構ありつつ男性とも、
なストーリーだったのですが今回はきっちり男性。

とりあえず描写(大事な部分)が凄いの一言ですね(≧∇≦)キャー♪
そしてシリアスかと思いきやコミカル(?)なストーリーで
絵とのギャップもまた良い感じvv
オヤジなのにカッコいんだよな~vv

別の話が何話か入ってたのですが、
最後まで読むと受けキャラ達が兄弟というオチで繋がってました。
(全てではないですが…でもリンクしてたりするか)
なるほど~この親にしてこの息子達ね。

あとがきによると中断連載がこの作品以外に
もう1つあるような事を書いてあったので
凄く楽しみなのであります+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚




1

たっぷv たっぷvのフクロにvv

なんなんですか!! このアダルてぃ~vvなフクロはvvv 
腐ったフォローだから、腐ォローなのか!! もう、どこでツッコみいれようかというほど、短編作品が5作品ですが、 なんか違うだろう!!とどの作品もツッコミいれたい気分にさせてくれる作品です。 
 背後から垂れたフクロvvvには・・・もう完敗です!!あれだけのエロさをもったカットは、久しぶり!! キレイとか汚いとかのジャンルではないかなvv とにかくエロいわvv でも、なんとなくもう一度見たくなってしまう あの たっぷvたっぷvしたフクロvvvは癖になるかも!! 

1

腐腐腐w

2009年に思わぬヒット!だった作家さんのお一人。
新刊楽しみにしてました(*゚▽゚)ノ”
前作までの作品は、なんだかんだ言っても男女モノエロスがほぼだったんですが、今回はガッツリBL!!いやんww
妙にコアな印象もありましたが、面白かったです。
何気に、間に挟まっているカット絵が一番好きでした。
オヤジというか、男くさいというかねw
■腐ォロー
一歩間違えば、ホラー・・でもないか。
姉の入り婿は少々気が弱い。しかし、姉は結婚してたった半年で逝ってしまった。母の夢は、息子夫婦と暮らすこと。中のいい嫁姑生活。
しかし知ってしまった一人息子の性癖・・・そこで・・?!
まさか・・・まさかの展開でした。
息子が入り婿とギシギシベッドをきしませているのを(二階で)、お茶をすすりながら母が聞いている・・とか・・・ちょっとした恐怖映像w
ハッピーエンドならばそれでいいんですが・・・世にも奇妙ななww
ちょっと突飛な映像かも

その他もろもろ。
男くさい作品多め。
昔のクラスメイト。白豚でいじめていた相手が、家に帰るとオヤジとヤっていた・・・!?
しかしまぁ、なぜに続き最後までガンミした挙句に(。-∀-)ニヒッ
インポなオヤッさんが、若い男のとりこにさせられていく様子も見ものです。
なんというか、男のこ!って感じの子が掘られているのがいい。
やっぱりBLですから。うんうん。
最終的に、白豚くんのところとリンクしてたのも面白い。

2

モノとフクロのリアルさにアニマルを感じて萌えた!?

いやーびっくりしました!
カラーページめくって目次にいきなり下半身完勃ち露出した男性絵がついていて、それでもって劇画風の絵で、や、これ、BLじゃなくてホモエロ劇画?
と思ったら、あとがきで判明しました。
この作家さん官能レディコミと青年劇画を描かれていた方なんですね。
で、その官能レディコミでホモのマンガを描いていて、それが廃刊になったのでアクアで単行本出版になったそうです。
作風が違うのも納得でしたが、視点が目新しくてとても面白かったですよ!

表題含む2作は女性が登場するんが、表題はレディコミって感じですね。
娘に婿を取ったのもつかの間、その娘が事故で亡くなってしまって、スライド式にホモの息子の嫁(?)にしてしまう、したたかなお母さんの話。
『斜上から~』は、どうしようもない不良息子が同級生の優等生を犯してしまったのが見つかって、詰問される場に義理の母親がやってきて見事なフォローをして、マイノリティをサポートする市民団体活動にのめり込むっていう路線を入れながら、この不良息子と優等生は男夫婦になってしまうっていう、ラブなお話でもあるんですが・・・

他は、借金取続きり立てに来て見初めた美系だけど頭が残念な白井君を、借金返済と称して恋人にしてしまう街金の三木さんの話。
久々に実家に帰ったら、父親が中学の時の同級生の栄くんとヤってる場面に遭遇してしまい、栄君は息子の義理のお母さんになりますっていう話。

最後の「孤城腐ちて」は描き下ろしなんですが、これが栄君のお父さん池田さんと栄君の同級生圭のお話です。
オールスター登場な感じで、実は池田さんの次男が表題のトシキ。
三男が栄君。圭のお母さんが借金を申し込むのが三木さんところの社員になった白井君。
いや~池田の男家族は皆ホモになってしまったですね、、、(汗、、)
でも、池田のお父さんにはまっていく圭がちょっとかわいかったし、池田のお父さんは柔らかくなったですよ。

着眼点は、そのモノの(特に亀頭部)表現のリアルさも大きさにこだわる部分から、何より袋ですよ!!
ちゃんと勃ってる時と、そうでない時の袋の様子がリ・ア・ル!?動物っぽくて生々しい、免疫のないお嬢様にはキツイかも?
あと、受けちゃんは多分バイバンが基本かな?
二本目の優等生君の白ブリーフが新鮮だったりもします。
アクアでも描くようになるとどういう風に変わっていくのでしょうか?ちょっと注目してみたいと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ