兄弟の事情

kyoudai no jijou

兄弟の事情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×20
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
87
評価数
22件
平均
4 / 5
神率
54.5%
著者
イラスト
作品演出・監督
田中英行
脚本
青嶋みお
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販特典フリートークCD(下野紘、日野聡、鳥海浩輔)
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

品行方正で評判の水橋家三男の紬里は、ずっと次男の和臣が好きだった。
俺様で自分勝手な和臣に、便利に使われながら、恋心をひた隠す日々。
そんなある日、和臣の友人に寝込みを襲われた紬里は、助けてくれたはずの和臣に手を出されて…!?

ドSで遊び人の次男と、一途でケナゲな三男の家庭内恋愛事情とは──。
(販売元より)

表題作 兄弟の事情

水橋和臣 → 日野聡

水橋紬里 → 下野紘

その他キャラ
水橋利一郎[鳥海浩輔]/ 茜鶴子[本多陽子]/ 小塚[内匠靖明]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

曰野さん!!曰野さん!!!!

下野さんが大好きで聴きました。
安定の可愛さ。さすが、ツボを押さえていらっしゃる。振り回される純情健気受が聴けて大満足でした。

…が!

日野さん!!曰野さんっっ!!!!!!
ドS好きにはたまらない低音俺様ボイス。
何故今までノーマークだったんだ私!!!!
キャラとしてはちょっとやなヤツ?なテイストですが、そこがまた魅力で。

そんな二人の絡みのシーンは最高。
えと、私の中でこれ、伝説です。リピしすぎて、もはやつらい(笑)

まず下野さんが、いっぱいいっぱいでえっろい。力抜くために息吐いてるあたりの喘ぎがなんともリアル。泣きの演技も文句なしに可愛い。結構堪える感じでやっていらっしゃったのがすごくよかったです。

…そして!

曰野さん!!曰野さん!!!!(再)
「はい、脱いで」「よろしい」←必聴
もうね、攻め喘ぎが神。切羽つまった感じでガンガン攻めるときの呼吸!色気だだ漏れですよ!これはほんとに聴いていただきたい!

フリト聞くと、二人ともH中に色々考えて演技してらしたとのこと。だいぶリアルに仕上がっていましたよ、ええ。声優さんてほんとにすご続きいなぁといつも思いますが、やっぱりすごかった。(語彙力なくてごめんなさい)

初めは、最中での和臣のデリカシーの無さに、いやいやその台詞はいくらなんでもナシだろ!!と思ったんですが、むしろそこが良かったと、あとで分かりました。

半分以上えろについてのレビューになっちゃったごめんなさい!!
でもむしろそこが書きたかった!!

評価はもちろん「神」で。

4

新たな世界が開けました

原作未読。
ガチの近親相姦ものがやや苦手なのですが、このお話は義理兄弟ということで、好物に大変身。
期待いっぱいで聴き始めましたら、なにこの激しい萌えは!

小さい頃に拾われて水橋家の家族になった弟の紬里(下野さん)は、自己中俺様な兄の和臣(日野さん)がずっと好きだった、というてっぱんの健気受です。
下野さんって元気受のイメージがあったんですが、健気受になっても非常に美味。
和臣への想いを必死に隠し、やりたい放題されても健気に耐える姿に鼻息荒くなりました。
日野さんも腰に来る低音で格好良く、ドSな雰囲気がよく出ていました。
長男の鳥海さんは、両親を亡くして自分が家族を背負っている、というお兄ちゃんらしさをとても自然に表現なさっていて、三兄弟とも違和感なく聴くことが出来ました。

俺様と健気を混ぜると、とてつもない化学反応を起こすことがありますが、このCDはまさにそのパターンです。
紬里がオラオラの過ぎる和臣のことを、なぜ好きになったのかがいまいち理解できませんでしたが、そんなもの濡れ場になってしまえばどうでもよくなってしまいました。
そのくらい萌えた。

続き野さんのすすり泣きするような控えめな喘ぎに赤面し、そんな下野さんのすすり泣きによって引き出される日野さんの攻め喘ぎの威力が凄まじすぎて、ベッドの上でもんどり打ってました。
BLCDと言わずBL自体が、主に受の反応あれこれで萌えるもんだとばかり思ってましたが、これは違う!違うんだ!
これは間違いなく攻め喘ぎを堪能し、激しく萌えるものなんだ!
日野さんによる、フェロモンだだ漏れの攻め喘ぎというか吐息に、扉を開いて新たな世界を見た気がします。
この作品によって【攻め喘ぎ】という楽しみを見出し、またひとつレベルアップしました。
そして下野さんの「いやだ」「むり」「ばかじゃないの」に心臓打ち抜かれます。
おかげさまで下野受にも目覚めました。

フリートークCDでもこの絡みについて語られていて、わざとそうしてたんだ! と、改めて日野さんの凄さにため息でます。
笑いながらそのシーンについて話されているのに、こっちまでつられて笑っちゃいました。

1

俺様×健気

いやあ良かった。日野さんは某アニメの優男キャラでファンになったのですが、こんな俺様キャラも最高です!
低くて乱暴な言葉使いにドキドキしてしまって、やっぱりオラオラ系好きだと実感しました。

対する下野さんは健気で可愛い!血は繋がってないけど兄に拾われて恋してパシリにされて、最悪な人間だってわかってるのに、それでも諦めきれなくて。そんな一途な樹里を可愛らしく演じていらっしゃいます。

そして最後のエッチシーンはお二人ともエロい!素直に感心してしまうテクニシャン(笑)ぶりを発揮しています。

個人的に長男と茜ちゃんの恋が気になります。どうなるのかしら・・・。

1

ドSな日野さんに健気な下野さんv

紬里(下野)は小さい頃に和臣(日野)が拾ってきた子。
和臣をずっと好きだけど家族を壊したくなくて気持ちを隠し続けてきた紬里。
下野さん演じる健気キャラたまりません

てか日野さんが超ドS!!
日野「弟は兄の持ち物だから何やってもいいんだ」←wwwww
下野「も…やだ」←可愛いぃぃぃぃぃ

両想いになって初えっちするときも
「自分で浴衣脱ぎな」
「オレの言うことは聞くだろ?」
ってドS全開wwwww

フェラされてるときの嫌がりかたが超可愛い下野さん!!
「無理だって イヤだ」の「イヤだ」の言い方がめちゃめちゃ可愛い!!!!!!
ほんと女の子みたいな声で可愛すぎなんです!!

それで挿れてるときに和臣が意地悪言って紬里泣かせちゃって
「しゃくり上げると締まって…」ってオロオロする日野さんwww
紬里可哀想だけど泣き声可愛くて萌えぇ

鳥海さんはすごい優しいお兄ちゃんでした(・ω・)/

3

日野さんは攻めだ!

すごい良かった!
日野さん良かった!
攻め喘ぎうんめええええええええ!
受けの下野さんの受け喘ぎにきっちり合わせて攻め喘いでるのがプロフェッショナル。
俺様キャラで、オッサンかよと思うような言葉攻めしながらの濡れ場なんですがw、いやー、イケメンボイスの言葉攻めはたまらんですな!
日野さん受けも聴いたことありますが、攻めの方がいいなと思いました。まだ出演された本数がそんなに多くないから、分かんないですけどね。
私のなかでは、小西さんと波多野さんが攻め喘ぎの二神なんですが、ここに日野さんも入れて三神にしたくなってきたぞきたぞー!

最初は受け喘ぎにばかり拘ってた私なんですが、最近は攻め喘ぎにもこだわるようになってきたむつこです。
セリフより、ブレスや呻き声が大事!やりすぎもダメ、やらなすぎもダメ、攻め喘ぎは繊細かつ大胆にやって欲しい!非常に奥が深いのですよ。

喘ぎ話ばかりしてしまいましたが、ストーリーもとても良かったです。
血の繋がってない兄弟の恋。
弟のほうはずっと兄のことが好きだけど、兄はちゃらんぽらんに遊びまくってる、という。
切ない片思いが報われるのが嬉しい。
そんな弟にイケズ言続きって泣かせてしまう兄ちゃん!ムカつくんだけど、GJ!泣きは萌えです。いつもいつも生意気な弟受けを、ここぞとばかりに泣かせたくなる兄ちゃんの気持ち、私には分かるぞ!

派手さのないストーリーですが、こういう話は構えず聴けて落ち着きますね。
万人向けだと思います。

3

脚本上手いー

青嶋みおさんは注目している脚本家さんです、1枚できっちりまとめるのが凄く上手いんですよ。これって大事だし凄い事だと思うのです。
ストーリーをピシッと一本芯を入れた軸にして、その軸に茂る台詞や場面の葉や枝を剪定していく印象のきっちりした仕上がりな仕事をされます。
ともかくきっちり手堅く纏めるのが上手い!青嶋さん脚本のCDを聞く度に思います。

そして今作も青嶋さん脚本なのですがやっぱり上手いな~~。
キャストもぴったり。
日野さんはこの俺様兄貴をどう演じるんだろうと期待9割、不安1割な感じで聞いたのですが、うわーーーぴったりカンカン。
これは予想以上の俺様兄です!
下野さんは合うだろうなーと思ってたのですがやっぱり合ってました。
何もかもがバランスの良い安心してオススメ出来る良作。
青嶋さん脚本にはこれからも期待して追って行くつもり満々です。

2

楽しすぎます

楽しい!何度聞いてもい楽しい!!
大好きなお気に入りの殿堂入りです!
下野さんのおろおろしてるのがかわいい
日野さんの自問自答に激しく同意
そして、おにいちゃん鳥海さんが素敵過ぎました
出演者と一緒に心が動いていく感じがたまらなく良かったです
本編のなかに「あかね」は思ったよりたくさん出てきましたが
一言も「つるこ」を言わなかったような気なするのですが?
そこだけ変に気になってしまいました

1

日野聡の攻め喘ぎ、短いんだけど、すごく良くて、日野聡に神評価。

原作未読。

小塚(内匠)ーっ!!!
この物語のつっこみどころは小塚(内匠)の節操のなさwww
ドSで遊び人の次男・和臣(日野)を好きだったはずなのに
健気でかわいらしい三男・紬里(下野)も好きって、小塚(内匠)の
男の趣味が幅広いよっ!
しかも、次男と三男は血のつながりがないので顔のつくりも似てないのにwww

水橋家は、三兄弟。

長男・利一郎(鳥海)
次男・和臣(日野)

↑ここは、血のつながりのある兄弟。

三男・紬里(下野)は、和臣(日野)が拾った子供です。
健気に紬里(下野)が自分の想いを隠して和臣(日野)に恋をしてます。

とりあえず日野聡!
フェロモン垂れ流し系の攻めです。
日野さんは受けより攻めのほうがいいんじゃないでしょうか?
うっほv
日野さんの攻め喘ぎすげぇえええええええええv
臨場感あった!フェードアウトは残念だったけども。

鳥海さんは、落ち着いたいいお兄さん。すてきv

BLファンタジーでまるくおさまるお話でしたが
さっくり楽しめましたよ。
シナリオ萌えというよりも、日野聡萌えですv
低音フェロ続きモンケダモノのような攻め喘ぎっv萌えv
もっと聞かせろっwww

高校生役で、神原大地さんがでてました。
-----------------------------------------------------
巻末キャストコメント 約2分(下野、日野、鳥海)
-----------------------------------------------------
プライベートでも三兄弟の長男であるという鳥海さんv


-----------------------------------------------------
通販特典フリートーク 約16分(下野、日野、鳥海)
-----------------------------------------------------
右から鳥海ボイス、左から日野ボイスでステレオで聴こえるんですけど!!!
うわっ!なにこれ?
普通のトークなんですけど、左右から聴こえるボイスのバランスが違うから
耳がこそばゆいですwww

このCD、日野さんの攻め喘ぎがすごく印象的なんですけど
どーしてこの芝居になったのかというのが
下野さんが泣き受けなんですよ、で、泣くと締まるというセリフがありwww
泣くたびに締まって感じてるという演技をつけたんだって!
そっか、そーなってあの攻め喘ぎなのかっ!!!

通常、下野さんの受けって甲高い声でキンキン喘ぐんだけど
今回はしゃくりあげて泣くたびに、締まって日野さんの攻め喘ぎが強くなるw
この相乗効果で、下野さんの受けが苦手な私でも楽しく聴けました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ