Cab VOL.6(アンソロジー著者他複数)

Cab VOL.6(アンソロジー著者他複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784904101674

あらすじ

木原音瀬×小椋ムク「キャッスルマンゴー」take.3

嶋二「むすんでひらいて」前編
瀬戸木綿子「しそいあし」前編
門井はがち「王子様の災難」
腰乃「鮫島くんと笹原くん」action.1
端縁子「召しませサンタルチア」Room.4
真柄うしろ「アイボリー」
えすとえむ「しんしんと雪の降る」
もろづみすみとも「ねがったりかなったり」アフレコレポ&プレゼント
(出版社より)

表題作Cab VOL.6(アンソロジー著者他複数)

アンソロのため割愛
アンソロのため割愛

その他の収録作品

  • 木原音瀬×小椋ムク/キャッスルマンゴー
  • 嶋二/むすんでひらいて 前編
  • 瀬戸木綿子/しそいあし 前編
  • 門井はがち/王子様の災難
  • 腰乃/鮫島くんと笹原くん
  • 端縁子/召しませサンタルチア
  • 真柄うしろ/アイボリー
  • えすとえむ/しんしんと雪の降る
  • もろづみすみとも/「ねがったりかなったり」アフレコレポ&プレゼント

評価・レビューする

レビュー投稿数4

生殺しはつづく・・・

購入時、本を探すのに手間取りました。
もっと厚いと思っていたんだもん。
そういえば、前巻で完結したお話が結構ありましたね、そのせいで薄くなっちゃったんでしょうか?

【キャッスル・マンゴー take3】
やっと3話目です。
身を挺して(狂言ですが)、十亀監督から悟を守った?兄の万君(但し、今回は彼の名前は出てきません)ですが・・・
意外と真面目な十亀のおかげで、予想外の展開になってしまい・・・
つづく・・・
いやーーーーーん、蛇の生殺しはやめてくださいよーーーーー、また4ヶ月待たないといけないのーーーーー?

【むすんでひらいて】【鮫島くんと笹原くん】は、作者は違えどお話のパターンは類似点が多数。
思っていた人に積極的に出てこられたら、保身に回っちゃって・・・的な展開で。
しかし、前者は抑えて抑えての受がメインのシリアスタッチ、後者は意外と純情な攻が振り回されるコメディタッチと、こうも違ったお話になるんだなぁと比べてしまったのでありました。
どっちも好きですが。

1

腰乃先生の表紙!

なんか表紙に惹かれると思ったらあなたでしたか腰乃先生!
意気揚々とレジに向かって思いっきり表側向けて買ってやりました。
にしてもこのcab6は買いやすいデザインですねー。なんかオサレ

内容ははっきりいって腰乃先生以外読んでないんです。
よかったですよー いい若者二人がわちゃわちゃやってる様子が可愛らしすぎる。
そんでもって次号が楽しみです。
まさかまさかのゲイ●プレイが!?

永久保存版です!

1

扉ページにタイトルが確実にはいるようになりましたね

ホントはちゃんと扉絵になっていると、もっといいんですけど、例えタイトルだけでも、確実に一番最初のページに入れて貰えるようになっただけ、進歩でしょう。
作風や絵柄にも、違いを感じられる並びになってるようだし。
創刊当初の、前の作品と、次の作品の間の、切れ目がわかりにくい点については、一応、改善する努力はなされているようでなにより。
後はやっぱり、なんだかページ数が減って来ちゃっているようなのが心配。

今号のヒットは、瀬戸木綿子さんかな。(タイトルの「しそいあし」は、何語なんだか、どういう意味なんだか、全くわかりませんが)
絵が好き、
すっきりと、省略の効いたメリハリのある画面構成が好き。
線の太さや、トーンの使い方も好き。

一番萌えたのは、腰乃さんの鮫島くん。
こういう子はなんて言うんでしょう、
ツンヘタ…?
クールに振る舞っているのは、実は、ヘタレ過ぎてテンパっていただけ、という、、、
かわいいなぁ、、
どんなエチに、っていうか、ホントにエチになだれ込めるのだろうか?
続きが楽しみ。

次号、ますます薄くなりそうで心配ですが、雲井さんも載るし、ち続きゃんと予約してかってあげようっと。


所でTUTEYAって、ゲイビもあるんですか?
BLCDは借りたことあるけど、家の近所のTUT○YAには、アダルトコーナーそのものも存在していないような気がする。

2

表紙カバーのキャラの持つ、ゲイビにも注目してみてくださいw

Cab、どんどん薄くなってませんか?(苦笑)
まぁそれでも好き作家さんが多いんで買い続けますが。

木原音瀬×小椋ムク『キャッスル・マンゴー』
弟の悟に手を出されては困ると、酔った十亀を部屋へ連れ込み、裸になり
十亀と自分は寝たんだと訴える万。
相変わらず小悪魔というか、捻くれています。
万に騙されているとは気付かず、万に恋人として優しく接する十亀がステキです。
万も十亀のことが嫌いですが、徐々にその優しさにほだされていきつつあります。
なんだか全然恋が走りだしそうにありません(笑)
話が完結する前にCabがなくなってしまうんでは…とちょっと心配してたりまします(苦笑)

嶋二『むすいでひらいて』
前回の「本気になったメリーマン」の続編。
大好きだったんで続きが読めて嬉しい!!
自分に想いを寄せる、友人かつ隣人の奥に告白した神林。
奥は3年間ずっと神林のことが好きだったが、神林はノンケのため、絶対叶わない想いだと思い他の男達と付き合ったりしていた。
しかし、どうしても神林しか好きになれずにいて…。
3年間諦め続けていた相手にいきなり告白されて戸惑う奥続きの想いが切ないです。
そして、かつて一度だけ奥と体をつなげたことのある神林は、ずっと彼のことが気になってはいたが
ようやく自分の気持ちに気付いた。
そして想いを告げたが、奥はなかなか受け入れてくれない。
好きなのにどうして、と思う神林と
好きだから友達でいたい、と思う奥。
飄々としている癖に臆病な奥に胸がギュっとなり、またもどかしくもなりました。
前回はクールだった神林が、奥の前ではヘタレになってしまうところも大好きですw
相変わらず、嶋二さんの描かれる切ない表情とか、作品に流れる空気感がたまりません。
後編に続くので、次回もとっても楽しみ!

腰乃『鮫島くんと笹原くん』
ヤバイ、このノリ大好きすぎるwww
前回バイト仲間の鮫島に足を舐めながら告白された笹原。
その後鮫島は何ともなしに過ごしているので、笹原も何もないように過ごしていたが…
笹原の無神経さはダメですね!
仮にも告白された相手の家に泊まらせてほしいと言ったり(もちろん何もない)
告白されても実感がないと言ったり。
しかしそれを実感させてやると言いだした鮫島は
二人でポッキーゲームをしたり、一緒にゲイビを見ろと言ったり
わりとメチャクチャwww
しかもバレンタインに笹原に義理でもらったポッキーを後生大事に持ってるとか可愛すぎます!!
二人でゲイビ観賞を始めたところで次回へ続く。
ちょ、こんなイイところで続かないでください・・・!!w
クールなようでいて、実はめちゃくちゃ純情な鮫島くんがかわゆすぎました。
一方無神経な笹原君は、案外いい攻かもしれない。
でも間違いなく鮫島×笹原なんだろうな~…と次回のエロを楽しみにしていますw


次回はキャッスルマンゴーはお休みですが、嶋二さん、腰乃さんはエロがありそうな予感ですねw
話も面白いし、楽しみです♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ