いじっぱりLOVEパニック

ijippari love panic

いじっぱりLOVEパニック
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
17
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784861343988

あらすじ

高校生の圭太はある日、親友の星に『好きだ』と告白される。エッチなことを仕掛けてくる星に戸惑い、パニックになった圭太は星を徹底的に避けまくるが、女の子にモテる星を見てヤキモチをやく。ようやく星を好きだと自覚した圭太だが…!? 表題作ほか、任侠LOVE「あいそめ」シリーズ3作品も同時収録!! 切なくて可愛い珠玉の作品集 大量描き下ろし付き!!
(出版社より)

表題作いじっぱりLOVEパニック

腹黒王子・星大貴。高校生
圭太・普通の高校生

その他の収録作品

  • あいそめ
  • 恋花
  • どーていプチvパニック
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

なんか、なんか色気がスゴ~イ!

なんだろう、目力かな? 唇の感じかな?
ときどき、ドッキーン♡とクるような色気を発してくれますねぇ、この本の攻め。

表紙のカラーの絵よりも、中身の方が数倍色気が感じられるように思います。
黒髪・俺様によくハマってる絵柄ですね。
そして、表題作は現代の高校の同級生CPですが、
他の「あいそめ」と「恋花」は着物を着て刀を振り回す時代のお話。
新選組くらいの時代かな?(日本史はダメダメなのでよく分からないのですが・・・)
その頃にすごくマッチしています、この絵柄。
なんだか絵でストーリーに説得力を持たせている感じ、現代よりしっくりきます。

それからツボだったのは、受けの動き! 
とっても可愛かった~~♪
「あいそめ」の受けは真面目な子なのでそうでもないのですが、
表題作と「恋花」の受けは、ちょっとおバカさんな感じで、見ているとつい口元が緩む~
おバカさんなりに頑張って、攻めに「負けたくない!」とか「分からせてやりたい!」とか、
そんな思いがあるけど、結局~は振り回されちゃってw

一番好きだったのは、表題作のその後(描き下ろし)。
童貞のまま処女を失続きった受けが、「俺の脱・童貞は!?」と騒いで、
攻めに、じゃあ「俺のバックバージンあげる」と言われ~ラブホに連れて行かれ~というお話。
受けが、(多分)初めてのラブホでテンパりつつも、
自分が攻めを抱いてバックバージンをもらう想像をしまくってる姿が、もう~~!!
想像の中では自分を、キリッ顔で余裕アリの男前にしてるしw
最後の攻めのセリフ、
「かわいーんだから、もう♡」に、激しく同感でした~~

かわいー受けが、色気ムンムンの攻めにトロトロにされる~そんなお話はコチラの本で♪

1

可愛い天然受け!

初読み作家さんです。

絵柄は好き嫌いが別れるかなぁって思いました。
私は嫌いじゃないです♪

Hシーンがたくさんある訳じゃないんだけど、絵柄の所為か色気ムンムンでした(≧∇≦)泣き顔や感じてる受けの顔が何とも…‼
他の方も書かれてましたが、攻めの表情にあまり変化がないのがちょっと惜しいなぁって思いました。

表題作はとにかく受けの子がおバカで天然で可愛いかったです♪

親友にKissつきの告白されて、そっから急に意識し始めて…な展開がちょっと乙女思考?って思っちゃいました。
何だか展開が早過ぎたのも残念かな。親友に告白されて、もう少し何らかの葛藤があっても良かったかなと。
まぁ受けが天然でおバカなキャラだからこれで良かったのかな。
攻めはかなりの腹黒でしたね〜(笑)受けの事を好き過ぎて意地悪しちゃうあたりがまぁなんとも‼受けがどんな反応をするか分かっててやってますからねぇ‼泣きの演技までするなんて(笑)
書下ろしの攻めのローション持っての『これで慣らして』のセクシー全裸ショット私もヤられちゃいました(≧∇≦)

どちらかというと『あいそめ』シリーズの方続きが表題作より好きでした♪
攻め様の執着愛が良いですね♪攻め様は受け様の事をすごく好きで大事に思ってるのに不器用だから、それがうまく伝えられないんですよね。攻め様は受け様の身を護る為に受け様を用心棒として側に置いてるって…分かってはいたけどキュンキュンしました♡

美紗緒と阪条のお話も面白かったです♪
美紗緒は10年も阪条に片思いしてるんだけど、阪条が超鈍感なので全然気付かず…。
とにかく美紗緒の言動にはキュンキュンでした(≧∇≦)
子供扱いしかしてくれない阪条に対して既成事実を作ってしまえばと頑張るんですが、藤悟にキスの練習を頼んだり、千木良にもKissの仕方を教えて貰おうとしたり、どっかズレてるんですよね(笑)そこがまた可愛い〜(≧∇≦)
想いが通じ合ってからの初チューも可愛かった‼

どのHシーンも色気ムンムンで良かったんだけど、欲を言えば挿入シーンをもっとしっかり描いて欲しかったです。
指入れシーンに力を入れて描いてるのかなって私も感じました‼

全体的にストーリーは少し物足りなさを感じましたが、受けの可愛さでキュンキュンさせられたので萌×2評価にしました(≧∇≦)

1

ボクノスキナヒト

唯一、読み飛ばしてた和田さんの作品ゲットいたしました!
嬉しいwwww可愛い一冊でしたねw
というか、あれ?この作家さんこんなに絵柄綺麗だっけ・・
なんて思いながら読んでいたのですが
そうか、そうだよ、睫がない!!
やたら睫バシバシのイメージの作家さんなので
うっかりすっかり、トキメイテシマッタ。

お話。2人は入学以来のクラスメイトで
仲がよくて、いつも一緒にいたのだが、それも今日で終わり。
俺、お前のことが好きな告白から叱り、
あれよあれよと攻に翻弄されていく受のお話であります。
相変わらず、攻の手練手管で、振り回され、あまつさえメロメロにされてしまうというパターン。嫌いじゃないです。
受が、なによりも、天然というか、バカというかwww
だからこそなせるこのアホな犬が大好きな意地悪ご主人様な図がすごく栄えててよかった。個人的には可愛くてマルw

>>あいぞめ
主×従の関係ですねww
主従っていいですよね。
もちろん、主の方が、やたらめったら従の方に執着していればいるほど萌えますwww
好きだと言葉にすれば簡単なのに、そんなに上手に気持ちを表現続きできず、優しくできない攻とかwww
今回またそういうところにキュンでしたね。
絆と愛情と。そのせめぎあいからの~な2人に萌えました。

>>恋花
子供が成長するのはよいことですが、
こ・・・こ・・・
誘い受万歳☆.。.:*(嬉´Д`嬉)ヒーハー
なんでもオイシイ自分が憎い。
黒髪攻が続いていたので、久しぶりに黒髪受でエロ~v
でも、ここのカップル。もうすこし受が大きくなったらひっくり返りそうな気がする。むしろ子供攻でも私十分美味しくいただけるんだけどな。


>>
最初のカップルのその後~な書き下ろし
童貞が捨てたい受のために~な攻なのですが
結局攻の手のひらで踊った受な図が可愛かった。
黒髪の攻くんがローション片手に
「これで慣らしてくれる?」のセクシーショットありで
恐ろしく美味しかったのはもちろん言うまでも無い。


全体での難をあげるのであれば
攻の表情、特に目なのだけど、表情がないのがちょっと残念だったかな。
目の動きがワンパターンというか、表情がワンパターンというか。
男前の図はわかるんだけど。。ん~
ともあれ、可愛かったです。圭太・・ファイト(笑

1

濃い・・・!(描写ではなく)  オスの香りプンプンですw

初読み作家さんでした。
一見キレイな絵なんですけど、なんか濃いというか、ちょっと癖がありますね

『いじっぱりLOVEパニック』
タイトルから想像すると、受がツンデレなイメージなんですが
実際には受はいじっぱりなわけではなく、案外少女漫画のごとく純情な受ちゃんでした。
男同士だということに臆面もなく押せ押せの攻に対し、戸惑いつつも惹かれていく受。
抗いたいけれど、惹かれる気持ちは止められない、そんな気持ちをいじっぱりとも呼べなくもないですが
いじっぱりならもっと意地を張らせ、ツンデレにするならツンデレにするで、
もうちょっとメリハリが欲しかったかんじです。
ちょっと中途半端なイメージでした。
どちらかというと攻の腹黒王子っぷりのほうが目立っていたかな。
腹黒王子ももの凄く魅力的なキャラなはずなのに、こちらも若干中途半端です。
もうちょっと腹黒いエピソードとかあったら萌えるのにな~
消化不良なカンジです。

描き下ろしでは、まさかのリバ?!
ちょ、リバ萌えるなwww
腹黒王子の誘い受け、超いいです!!ハァハァハァハァ
受攻逆なら案外萌えたかもしれませ続きん!!!

『あいそめ』
表題作よりもこっちシリーズのほうが好きです。
これは…時代設定がよくわからないんですが(汗)、侍の時代のヤクザさんなんでしょうか。
……まぁそんなカンジです。
ヤクザの頭・誠十郎に仕える藤悟。
誠十郎と藤悟は互いに惹かれあいながらも、お互いを傷つけないために微妙な距離間を保っていた。
でも誠十郎は気持ちを抑えきれず藤悟を無理やり抱いちゃうし、
自分のために命をも捨てかねない藤悟のために、藤悟を追い出そうとするし
怖いくらい藤悟に執着している癖に、不器用すぎて本人に伝わってないのが萌えます。
俺様で傲慢でなんでも手に入る王様なのに、好きな人には全然想いが伝わらないってのが萌え!!
一方の藤悟も誠十郎が大事で大事で、本当に自分よりも誠十郎が大切なんですよね。
その二人の絆にキューーーンとする一方、藤悟の想いはただの思慕なのかそれとも恋なのかがわかりにくいのが残念。

誠十郎の弟・美紗緒と、誠十郎の幼馴染?の剣の先生・阪条の恋もアリ。
美紗緒は阪条のことが10年も前から好きで好きで、でも阪条は超がつく鈍感男で
まったく美紗緒の気持ちには気づかない。
でも美紗緒が付き人・千木良とくっついてると嫉妬するという、無自覚男。
ちょっと展開が早すぎた気もしますが、この美紗緒と阪条、どっちも可愛いのでもういいやwww

全体を通して感じたのは、この作家さん、合体自体よりも、指挿入が好きなんじゃないでしょうか(笑)
指挿入時の作画に力を感じましたwww

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ