星に願ったりなんかしない

星に願ったりなんかしない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
16
評価数
6件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス Cita Citaシリーズ(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832287006

あらすじ

クールで押しの強い天文部・高柳は、マジメな生徒会役員・上條に「文化祭の予算をよこせ」と迫っては「ムリに決まってるだろ!」とつっぱねられていた。『犬猿の仲』と呼ばれようと、高柳が毎日絡むのは、頬を上気させて怒る上條の可愛さにドキドキしっぱなしだからで…。強引天文部vsツンデレ生徒会の文化祭ラブ!!!描き下ろし後日談入り!

表題作星に願ったりなんかしない

天文部員 高柳・高校3年生
生徒会会計 上條・高校3年生

その他の収録作品

  • 僕の知らない宙がある
  • 星はきっと何も知らない
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

後ろの表題作に萌え

表題作の前にお話があったので先にそっちを読んだら正直あまり
ハマれなかったんですけど、その後に表題作を読んだらかなり
萌えました。

もう受けが出てきた時点で、あ……これ萌えるやつだ、って悟った
くらい萌えレーダーが反応したwww見た目からしてすんごい可愛いん
ですよねぇ。ほんと受けも攻めも好き。ツンデレな上条も可愛かったし、
強引で自分勝手でどこかすっとぼけてる高柳もすごく良かった。2人の
やり取りもテンポが良くて笑いましたwナイスなボケとツッコみですw

展開自体は王道というか先が読める話なんですが、キャラが好みだった
ので読んでいて面白かったです。個人的に、昔約束して…というのは
好きじゃないはずなのに、二人が好きすぎるせいか過去の流れにも
ひたすら萌えてました。ちっこい上条と高柳可愛いよー。カップル
萌え恐るべし…。

しかし表題作の前の話も含め、初Hの後の受けが全く痛がってないのが
気になる~!!!何か二人とも普通に帰ろうとしてるんですけど…!
なんで!?男が相手っていうのが初めてだったら、少しぐらい痛がって
くれよ…ouzそういうのが手続き馴れてる受けだったら全然いいんですけども、
二人とも初めてっぽいからそこらへんも書いて欲しかったな…。まぁ
こういうところにこだわるのは私くらいか…(遠い目)


1

可愛いお話でした

天文部を舞台にした学園モノ。二組のカップルが登場します。
絵がキレイだし、ストーリーもとても可愛かったです。
とくに、最初のカップルのメガネ受けくんのキャラが最高でした。
パンチはあんまりないんけど、誰でも一定の満足感と萌えを得られるだろう、そんな万人向けの作品だと思います。

エッチはどっちももうちょい引っ張ってほしかったな。
気持ちが通じあってホヤホヤのカップルがいきなり野外でとか校内でとかいうの、いろんなことが気になって集中できないんだよね。
衛生面とか。ちゃんと濡らせてないんじゃないかな、とか。

2

理想のツンデレでした。

表題作が後ろの方にあったので焦りました。笑
とにかく上條がかわいいです。
実は上條が…という展開は読めましたが、それを口走ってしまってあたふたする上條とようやく気付いて意識する高柳が見てて微笑ましかったです。
当時、高柳は別に好きではなかったとかツボりましたw
昔は昔。今は今。
でも、ちゃんと昔約束した「プラネタリウムを見せてあげる」ことを実現しようとそれぞれ必死なのが良いです。
無事上條にプラネタリウムを見せた後のどたばた感が残念な気もしましたが、若いということで…w

さて、表題作の前に収録されていたもう1つの話ですが、なんと私が苦手な眼鏡受…。(個人的で本当すみません。)
読もうか迷いましたが折角なので読みました。
案外さくさく読めたような気がします。
やはり表題作の萌えには劣りますが、設定がおもしろかったのでいけたんだと思います。

ツンデレ受好きさんは読んでみるのも良いと思います^^

3

全編、天文部が舞台のお話

男子高とはいえ、3人しかいない天文部が皆総ホモ!?
特別お金持ちの学校とか、ものすごくドラマティックとかクサイ設定がない、等身大の男の子達が主人公だったので、この学園モノは自分的に合格v
それぞれの登場人物の天文に関する思い入れがきちんとしており、またコメディ要素も含まれて、デフォルメはあるものの、充分に楽しめました。
学園モノ苦手なほうな自分にもOK。

表題は、学園祭でプラネタリウムを作る為だけに天文部にいる高柳の、そのプラネタリウムにこだわる理由。
そして、高柳の無謀な願いをこっそりと聞き届ける生徒会会計係の上條の、その理由。
二人の過去がリンクしていたという設定がベタであるものの、高柳の朴念仁ぶりと、上條の密かな健気ぶりが、二人の接点を認識したことで始まるラブに上手く繋がっています。
結構高柳が、強引な人ですが、作ったプラネタリウムは好きな人に一番に見せたいと上條を連れ込むシーンが、何故かかわいらしくw
その後の早急なセックス持ち込みがあわただしいのですが、昔の約束を二人とも覚えていて、実現したというその流れが正統的で気持ちがよかったです。

また、もう一続き編は星が見たいのに、暗くなると寝てしまう性癖の天文部部長・清水と、二年になってから天文部に入部した竹地の教育的ラブ(?)
しっかりしてそうなのに、名前は覚えられない、すぐ寝ちゃう、そんな清水がかわいくなってしまって、暗くなっても寝ない訓練と称して清水と付き合ううちに段々と近づく二人だけど、清水が鈍感過ぎて爆笑?
そんな突拍子もない設定だけど、ひたすら清水を見守りそして押していく竹地が気持ちいい!
ただ、これもセックスもつれ込みが早急なのはいなめないが・・・仕方ない?
しかし、清水が色っぽくてびっくり!(最後まで天然ではあるww)
ただ、竹地が天文部に途中入部を決めた理由がよくわからなかったのが残念。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ