背中あわせのダンディー

背中あわせのダンディー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832287105

あらすじ

堅物キャリア刑事の糸川馨はデキる同期の鷹尾傑のニセの恋人役として潜入捜査をするハメになってしまった!実は鷹尾を好きな糸川は、モテまくる鷹尾の一挙一動に感情を振り回されるのが嫌でたまらなくて!? 傲慢×堅物刑事の恋の潜入捜査「背中あわせのダンディー」
設計事務所に勤めるツン系美人の遥人は社内No.1エリート日下部と同棲することになったけど!? いちゃ2リーマン「できるもん」シリーズ最新報告書も収録。働く男達の恋バナ傑作選+大幅描き下ろしつき★
(出版社より)

表題作背中あわせのダンディー

キャリア刑事 鷹尾傑
同期のライバル 糸川馨

その他の収録作品

  • 好きだけど好きじゃない
  • 僕らはまだ、恋の途中
  • 遊びじゃないもん!
  • ガマンできるもん!
  • 一緒にできるもん!
  • 引っ越しできるかな?
  • 幸せになれるもん!
  • 隣りあわせのダンディー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

んー

短編集です。
全体的にいまいちでした。
読者おいてけぼりのお約束展開なストーリーばかりで。
最初の三ページ目でラストまでの流れが読めてしまうような、ありきたりな短編の数々。
いろんな職種の登場人物がいるんだけど、好きか好きじゃないかだけで物事を考える恋愛脳な男たちばかりだし。
エッチなシーンを必ずつけてて、いかにもサービスカットって感じ。
ラブオーラ全開でセクハラとかしかけてくる攻め様なのに、具体的な愛の言葉を口にされるまでなぜか「自分のことを好きなわけじゃない」と思い込んでる受けとか。
大ゴマでバーンと臭いキメゼリフをはく攻め様に、頬を赤く染めてドキッとする受けとか。セリフそのものを臭くしなくても、ストーリーにキュンとさせられたら「好き」って単純でありきたりな言葉でも萌えるんだけどな。

0

眼鏡はとるなよww

な、お約束設定。
眼鏡を取るとフェロモンだだもれちゃう受けちゃんv
普段はクールで優秀で、カチっとしているからこそそのギャップに萌える。
という展開はベタ。
潜入捜査に出て、薬を一服盛られちゃうのもベタ。
この表題と、中一編のシリアス展開モノはちょっと好きじゃない。
どちらかというと、この作家さんには「だもん!」シリーズのおバカップルコメディのほうが好きかもしれない。
本の半分以上は、この「だもん!」シリーズで構成されているのに、全く違う話を表題へもってきて、商業作戦まるわかりで、ちょい興ざめしてしまったのでした(残念、、)

『好きだけど好きじゃない』はちょっとイケた。
年下ワンコ攻めなんですが、好きだから相手が良く見えるというお話。
それにしても布団がゼブラ柄って・・・(汗、、)ビックリしましたw
そして、無意識天然の先輩の「あ~あ、お前のでベタベタ」って、、、!!

「だもん!」シリーズは完結になるそうです。
ラブラブバカップルの草壁と遥人が夫婦になるお話ですね。
もう、いいんです!この二人は放っておいても。
はいはい、ごちそうさま、って感じ。
続き
一本、スピンオフで自分のペースで受けちゃんを不安にする上島と、一途で健気な泉カプのお話が入っていました。
こちらもバカップルです。

バカップル完結編だと思わずに手を出してしまいました。
ちょっと違う話が見られるかと期待もしていたのですが、不発に終わったようです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ