おまえに挿れる覚悟なら、とっくに出来ている!

美男子恋愛論

美男子恋愛論
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
4件
平均
4.3 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864360159

あらすじ

子供の頃からライバル同士だった伊織と貴哉。実は両想いだった事を知り、晴れて恋人になったハズが、なんと二人とも自分が“タチ”だと思っていて!? 美しすぎる男たちのエロティックラブストーリー。

コミックス&雑誌連動企画! 描き下ろし折本応募者全員プレゼント実施!
(出版社より)

表題作美男子恋愛論

浦賀伊織 会社員
上岡貴哉 会社員

その他の収録作品

  • 1話
  • 2話
  • 最終話
  • 美男子変態論

評価・レビューする

レビュー投稿数2

攻×攻

「僕が好きだと言えないワケ」で、本編カプとして出てきたので、
気になってしまい、購入させていただきました。

個人的に、攻×攻の攻防って、惹かれてしまうのですが、
今回は、コミカルで、ナイスな攻防でした。
キャラがいいんですよね~。

子供のころからのライバルで、ついに恋人同士になった
サラリーマン2名のお話。

両思いだったと分かり、エチに及ぼうとするのですが、
お互い相手を抱こうとして、取っ組み合いになる(笑)
2人の様がおかしすぎて、そのシーンだけでも、読む価値ありです。

また、伊織の眼鏡の堅物っぷりが、ツボをついてくれています。
コスプレエチをしかけられ、果敢にも、頑張ろうとする様子が、
かわいい~~~。

0

主導権を握るのはどっちだ!?

いい年した男前の大人がふたり、どっちが上か下かとドタバタと往生際悪くやり取りする、攻×攻ものは進んで読まないのですが、面白かったです!
幼馴染で、ライバルで、身長も体格も同じようなふたり・・・攻×攻同士の恋物語。
ただ、タイプはそれぞれ違って、伊織は見た目が少しナンパな雰囲気で人当たりも良い男前で、貴哉が眼鏡をかけたいかにも真面目そうなお堅い男前。
それぞれ人気があって、それぞれデキる男たち。
そんなふたりは小中高と同級生として過ごし、成績も一位二位を争うライバル同士。大学で一旦道が分かれ・・・社会人になり入社した会社で再び出会う。
そして、なんとふたりがお互いに両思いだった事が判明して!?

いざベッドイン!と思いきや、ぐぬぬ、なぜ押し倒そうとする!?
お互いが、お互いを『抱く側』だと思っていて自分が『抱かれる』なんて思っていないことからふたりのドタバタが始まるのですが、これが面白かったです。
お互いに好き同士、気持ちは通じ合ってる。でも性の不一致でベッドインできない。
どうするかと考えるのですが、ここでふたりの性格の差がはっきり出る。
貴哉は四角四面ではないけ続きれど真面目な性格で、物事を真っ直ぐに考える雰囲気がありおまけにツンデレも入ってます。この部分は大変美味しくて、黒髪・眼鏡でツンデレは最強の組み合わせだっ!ごちそうさまですっ!
読んでいて非常に楽しかった。
一方外見に見合った感じで伊織の方が恋愛に対して柔軟で、相手をどうやって追いつめるかというのにも長けていたのです。こういうことをすれば、貴哉はこう反応を返すだろう、と先読みをしてそれとなく囲い込んでいくように逃げ道をふさいでいく。
貴哉はまんまとそれに嵌り、自分がいるのに伊織は合コンに参加している、ひょっとしたら女の子と仲良くなってるかも!?そんな思いを自分にさせるなんて!と伊織に嫉妬をぶつけ「俺が相手してやる!受け入れてやる!」と。そこまで言わせればもう伊織のもんです。
あーあー・・・貴哉の受け決定だぁ!と笑ってしまった。

その後、社員旅行でついに本懐を遂げたふたりですが・・・今度は俺が上だ!と最後までドタバタしていました。

男らしいキャラの貴哉が頬を染めたりあたふたするのがとにかく楽しくて、伊織のほんのりと策士な腹黒さもツボで、超久々に日向せいりょうさんのお話を読みましたが自分的に大ヒットでした。

カバー下オマケでは、伊織が受けになる妄想をしてましたが、入れられても彼は攻めでした。乗っかって自分が腰を振るタイプでした。
どっちにしろ、貴哉は受けですね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ