人生はバラ色だ 1

人生はバラ色だ 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
桜桃書房
シリーズ
Gust comics(ガストコミックス・桜桃書房)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784756712516

あらすじ

両親の事故死で一億円の借金持ちになってしまった弥生。借金取りに追われる弥生の前に謎の男・カズが現れ、借金を肩代わりするかわりに弥生に自分の物にならないかと告げるのだが…。

表題作人生はバラ色だ 1

城多見グループの会長・城多見和人
1億円の借金持ち・宮代弥生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラブコメというよりも、コメディー配分多め

どこかで絶対に見覚えのある絵と思っていたら、「われら混線合唱団」で有名な高橋由紀さんの別名漫画でした。
少女漫画の頃からそこはかとなく漂っていたBL感が、花開いた感じがします。

城多見グループの会長・城多見和人(天然執着攻め)×1億の借金持ち・宮代弥生(単純強気受け)
いきなり1億円の借金持ちになってしまった弥生が、借金取りから逃走中に、一度だけ巡りあったカズから、借金を全額代わりに返済する代わりに、自分のものになれと迫られて──。

口が悪くて手も早く根が単純で、お金に汚い。それでいて、芯が腐ってない。真っ正直なタイプの弥生。
ホモになりたくないので借金返済の為に、チュー1回千円で、舌を入れたら5千円として、自分でも働いて返済しようとしているんですが、中々返済できない。
守ってもらいたくないのに、結果的にカズに守ってもらう自分にイライラしたりと、ちょっとづつ愛も育っているような、いないような感じです。
小説の「お金がないっ」と似たような設定でありながら、こうも違うのはキャラの性格故でしょうね。
借金があるから言う事を聞くとか、悲壮感とか、そういうのは全くありませ続きん。
無理強いするよりも、弥生の心から手に入れるという正当性がよかったです。

カズはお金持ちで、グラサン取ったら美形という定番設定で、無表情で天然気味ですが、弥生に対する愛と独占欲は人一倍。
人とピントがずれた感じが面白いです。

弥生が事故で記憶喪失になる話があるのですが、13歳の記憶の時の弥生は素直で優しくてびっくりです。
口の悪さで隠れて、いまは見えないですけれどね。
記憶回復後のラブ度ゼロには、笑ってしまいました。

ケンカップル好きに、お勧めです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ