「見守る男」 遠くにいる人番外編ペーパー

「見守る男」 遠くにいる人番外編ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

72

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
作画
 
媒体
小冊子
出版社
心交社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
遠くにいる人

あらすじ

佐倉治樹の幼馴染で親友の三津が電話を掛けた時に出た小田島。
一体二人に何があったのか?
それは予想できることであったが、この三津は佐倉を二度と泣かせるなと、小姑気分を味わうのでした。

表題作「見守る男」 遠くにいる人番外編ペーパー

経営者一族の副工場長 小田島達朗
家具メーカーの工場勤務 佐倉治樹・26歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

三津ナイス!

三津視点で、「そばにいる人」の後日談ですね。いや~これは良かった!
小田島の嫉妬深さと三津への態度の変わりように笑ってしまう。あれだけアプローチしてた三津に「婚期逃すよ」とか(笑)
治樹との時間を邪魔されたあの電話の事を根に持っている様子。
とりあえず、二人はラブラブしているようで安心です。

あと3人で食事をすることを素直に喜ぶ治樹が可愛い。この天然さんめ!
デートを邪魔されて苛つく小田島の顔が目に浮かぶ。
これまでの分もたっぷり治樹に振り回されて欲しいものですね。

0

小姑誕生w

どうしようもない傲慢自分本意男・小田島が何のとりえもないジミメン佐倉に堕ちた後の後日談。
ここでは、佐倉を見守ってきた幼馴染で親友の三津目線で描かれています。
必見!

あれから何となく佐倉は三津を避けているようで、やっと食堂で声を掛けてきました。
今までの佐倉の男運のなさを散々見て生きているので、三津は心配なのです。
そこへ小田島が現れ、佐倉を”治樹”と名前呼びする姿に、花嫁を送り出す頑固親父の心境になった三津。
しかし、天然の佐倉は、じゃぁ、今度3人で飲みに行きましょう♪ってww

三津は決して性的恋愛対象としては佐倉を好きなわけじゃない。
本当に弟みたいに思って彼を心配しているだけなんです。
それに小田島の傲慢さを誰よりも先に見抜きしっているだけに、いくら恋人同士になったとは、信用できないのです。
こうした、厳しい目を光らす親友が佐倉の側にいるから、佐倉の恋もきっと安心なんでしょうねv
それにしても小田島の不機嫌そうな顔が浮かんできて、思わずクスクスさせられます。
この男、散々振り回されて本当の恋愛にアタフタする男に成り下がればいいのだ!
とおもうの続きでした☆☆☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ