してみて。

shitemite

してみて。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
20
評価数
7件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
作画
作品演出・監督
赤間明吉
脚本
酒井克彦
原画・イラスト
みろくことこ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販特典トークCD(代永翼、武内健)
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

体育会系まじめっ子のコタは、だるだるでゆる~い生徒会書記の理生先輩のお手伝いをしてる。
ある日、大事な約束をすっかり忘れて、理生先輩を待ちぼうけさせてしまう!
「どんな罰も受ける覚悟っす><」
「帳消しにしてあげるから、俺にキスしてみて?」って言われたので、かなりがんばってちゅーしてみた。
そしたら口開かされて押し倒されて。
叱られ中のはずなのに、なんで下、脱がされてるんだ?

表題作 してみて。

杉下理生 → 武内健

佐々木虎太郎 → 代永翼

その他キャラ
杉下真生[内匠靖明]/ 新山[西田雅一]/ 部員[山口翔平]/ 母親[清和祐子]/ 会計[國分和人]

評価・レビューする

レビュー投稿数6

かわいらしいお話でした。

原作未読ですがみろくさんなんでね。
かわいらしいお話でした。
コタは体育会系ではあるものの代永さんなので健ちゃんと2人でお花ちゃんがキャッキャ言ってるような印象(笑)
役柄的には何事にも真面目なコタが一生懸命理生のお世話焼いてるのに、肝心の理生はコタ好き好き~ばっかりというか。
生徒会のお仕事もそれなりにしてはいるようなんですが、そういうお仕事面はそれほど見えて来ない。
コタにかまって、自分もかまって欲しくてみたいな。
まだそれほど理解できてないコタをうまく手名づけましたというような印象も。
いや、もちろんコタにもちゃんと好意があったからこそなんだけども。
最初のキスとかもうホント、ワーキャー騒ぎまくりだし。
久しぶりにこんなに色気なく騒ぎだてる子に出会ったって感じでした。
ま、それも、最初はどんな距離感でどう意味での接触かわかってなかったからってところもあるようですが。
後半はそれなりにちゃんと感情が伴ってるので騒ぎたてたりはしないしそれなりに色気も出てきたかな?
代永くんのコタはそんなわけでお元気少年といった印象。
何事にも一生懸命で明るい。
でも、時に続きしんみりしたりもして。
なかなかかわいかったです。
一方の理生役の武内さん。
………武内さんッ!!!!!
なんか無駄に色気があったような気がしたんですが。
コタに対して甘えたモード入ってる時はもうかわいらしく崩れてはいるんですが。
フツーにかっこいい先輩を装ってみよう、というか普段の優しい先輩といった感じの喋り方が優しくて穏やかで。
別に色気を出そうとしてるわけではないのに、そこはかとなく色気を感じるというか…。
なんだろう、武内さんの声質がそういう色気を含んでるんだろうか?
私には色っぽくて聞こえて仕方ありませんでした。

巻末フリトは代永くんと武内さんでサラッと。
特典フリトも同じく2人。
普段どちらかというとやらないような役だったのでドキドキだった代永くん。
普段は受が多いのに今回は代永くんを攻めれて嬉しそうな武内さん。
理央にはホクロがあるんですが同じようなところにホクロのある2人。
武内さんは大和撫子というよりも長いモノには巻かれろ…というか、巻かれたいわけではないが巻かれておけば楽だよね、なタイプ。
わりとなんとかなるさ、な感じ。
代永くんは意外とネガティブラー。
ケータイでのスケジュール管理とかもケータイ落としたらどうすんだ!とか心配で今イチ、ケータイを信用しきれない(苦笑)
武内さんは以前、コーラにケータイを水没?させたことがあるらしい。
けど、ちゃんと綺麗に拭いて乾かしたらデータとかも全部無事だったらしい。
スゲー!

1

学園もので生徒会というお約束も、可愛いから許す(笑)

原作未読。

 本当に学園ものの王道というか、ある意味若干センスが懐かしいというか。
 昔々、少女漫画でもBLでもたくさん読んだなあと。原作読めばイメージが変わるのかもしれませんが、最初はこの世界観がアラフォーの私にはなんだかむしょうに恥ずかしかったです。
 けれど、いまの若い方にはむしろ新鮮なのかもしれませんね。
 武内さんの超絶可愛い攻めっていうのも良いものだなあと目から鱗がおちました。
 めったにない攻めせいか、若干、武内さんがとても楽しそうに感じるのは私だけでしょうか?
 代永さんの受けは元気系の可愛らしさで、聴いていて清々しい感じです。
 あんまりお二人が可愛いので、むしろ濡れ場なんていらないかもって思います。
 弟役の内匠さんがとても良い味出してました。主役されてるのも聴いてみたいです。
 何も考えず、チャーミングでスイートなお話に浸りたいという方にお勧めです。

 
 
 
 

1

可愛くてなんぼ。甘くてなんぼ。

こちらの作品、良い意味で期待を裏切られました!
というのも私、基本的にショタ系は好きではないので原作を読んでも萌を感じることはなかったんですよね。完全にキャスト目当てだったのですが、もう聴いてよかったの一言です。

とにかく武内さんが可愛いくて、かつカッコイイ!原作の理生のイメージともぴったりでしたし、最高でした。ストーリーに内容がなかろうがなんだろうが、この武内さんの声を聴けただけで私は満足できますね。ww 理生のふにゃっとした感じとか、たまに腹黒いところとか、たまらなかったです。もちろん代永さんも役にお似合いでした。コタの元気で体育会系っぽいところを見事に表現されてます。

原作では魅力を感じる事のなかったこの作品にまさかこんなにも萌を感じるとは、まさかまさかでした。声優さんの力って本当にすばらしい…。武内さんが攻めてるという点で新鮮さはありますが、どちらも基本線受けの声優さんかと思うので多少の百合っぽさはあるかと思います。

1

可愛い

やたら甘くて可愛いお話でした。
ひねくれたところのない素直で元気な受けくん(代永さん)が大好きでした。最近、マイナス思考しては勝手に悲劇のヒロインになってる受けに若干うんざりしてたところだったので、この元気印の受けに癒されました。ちょっとアホなのもツボ。最初のほうの色気のない悲鳴とか、テクニック無しでぐいぐい押し付けるだけのキスとか、いいわァ。
攻め(武内さん)はこの受けが可愛くて可愛くて仕方ないんですが、よく分かるよ~。こちらは若干腹黒な攻めです。スイートな腹黒です。

武内さんと代永さんて、どちらもよく受けをされる声優さんだからか若干の百合っぽさを感じるんですが、とても相性いいと思います。

1

内容が無いよー

ぶっちゃけつまんなかったです。
みろくさん作品はメガネばくだんもそうでしたが、え、これをわざわざCDドラマ化しちゃうの?!
個人的にはこの原作自体がそんなに面白いとは思えないんですが~~と思ってたんですがやはり予感的中。

生徒会の先輩・理生(武内さん)と元気な体育会系なコタ(代永さん)とのほのぼの恋愛コメディ。
代永さんは「~~ッス!」と体育会元気少年を可愛く演じてますし、武内さんは一癖ありそうな先輩役を演じていてキャスティングと相性自体はいいのでファンならキャスト買いと割り切った方がいいかも。

しかし話自体がつまらない~~~~!
まあラブラブしてるんですけどね、理生の弟も本格的に邪魔する訳じゃないし。
コメディチックですが、笑える程じゃないしかといって会話に萌える程にもいたらず生温いっていうか、結論としては何故これをCD化したのかーーーー!!という叫びにつきます。

無理矢理いい点を上げるとしたらエロもそんな無いし無難っちゃ無難な話なのでBLCD初心者向けかもしれません。
演技は可愛かったですが話は退屈。

1

代永さんが黒くない!普通に男前可愛い!

自分はおりしもこのCDの1日前にステイゴールド~恋のレッスンAtoZ~を手に入れちゃったんですよ。
この2枚はなんと同じ声優コンビで攻め受け逆転。

先に「ブリブリ&腹黒」の瑞樹を見ちゃってただけに代永さんが「さわやか&まっすぐ」なコタ?という意味が正直不安でした。あとやさしくて包容力溢れる理生とかぁいい要素が前面に出る健四郎も凄く落差があるし、同じ武内さんでいけるの?と・・・でも杞憂でした。

「ち~ぃっす!!」の挨拶はさわやかかつガッチリ体育会系でしかも後輩らしい可愛らしさもあり、ちゃんとコタ君でした。
素直で媚びるような所もまったくないのですが、うっかり魔性が出てしまうようなところもなくマジメな後輩に徹底してました。
逆に武内さんの理生の包容力はんぱねぇ。ジゴロ声?と思わなくもないのですが。
きっとどっちか(どっちも?)が卓越した演技力の賜物なんだろうな・・・。

とにかく同じ声優さん同士で演じたとは思えない、演技力でした。
両方聞いたら、多分驚きますよ?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ