みにくい金魚の恋~金魚七鱗~

minikui kingyo no koi

みにくい金魚の恋~金魚七鱗~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オトメチカ出版
シリーズ
発売日
価格
¥500(税抜)  ¥540(税込)
ISBN

あらすじ

人の形をした金魚がもてはされる世界。肌に朱色が残ったために、失敗作として縁日で売られた“七鱗”。彼を救ったのは、かんざし屋の沙鉄だった。自分を綺麗だと言ってくれることが嬉しくて…でも嫌われるのが怖くて、七鱗は沙鉄の元を去ろうとするが…。愛されることに不慣れな七鱗と、彼のためにかんざしを作り続ける沙鉄の、もどかしい純真ラブストーリー。

表題作みにくい金魚の恋~金魚七鱗~

沙鉄 華挿志や(簪屋)の店主
七鱗 顔に赤痣がある醜い人形金魚

同時収録作品その制服を脱いで

花居至 派手な改造衣装で風紀を乱す留年した先輩
吹野忠 風紀委員長

同時収録作品泣き虫なキミと不器用なオレ

秋介 高校3年生
流生 高校1年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

擬人化かと思ったら・・・

読み始める前は金魚の擬人化なのかと思っていたら全然違うのですよ。
世は人形金魚が空前の流行という設定で、人工的に人形金魚を作ってるのです。
色白で美形の金魚は六鱗と呼ばれ高値で売買される。
それも身体に金魚の時の痣が残らないように鱗を痛い思いをして剥がすなんて内容は
ちょっと引いてしまうのですが、人々に称賛される人形金魚は高値なのですが、
中には金魚の時の痣がそのままま残る醜いと言われる金魚もいて、その末路は怖い。

そんな中で七鱗と言う人形金魚は顔に大きな赤い痣があるので売り物にならずに
縁日で売れ残りのように捨て値で売られていたのです。
そこに簪屋の店主が凄く綺麗だと、自分が作る簪が良く似合うと買い求める。
しかし、思っていた以上に七鱗は自分が醜い痣を持っている事を悩んでいて、
綺麗だと言ってくれた店主の沙鉄に嫌われないようにしている。
でも、七鱗を見て他の金魚たちが醜いと噂して、そんな醜い七鱗が簪を付けているから
簪が売れなくなったなんて心無い言葉を投げつけてくる。

自分の容姿にコンプレックスがある七鱗が一人で思い悩み、自分を綺麗だと言って
くれ続きた沙鉄に嫌われないように振る舞おうとするけれどままならず、
一人で思い込んでこれ以上嫌われないように沙鉄の側を離れようとしたりする。
言葉足らずの沙鉄と一人でグルグル思い悩む人形金魚とのピュア恋のお話。
萌え的にはちょっと思っていた内容とは違うのですが健気な七鱗の健気で
思い込みが先立つおバカみたいな思いに胸キュンするお話でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ