わがツン -わが家の長男ツンデレ社長- 2

わがツン -わが家の長男ツンデレ社長- 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's-LOG COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784047281370

あらすじ

*BL作品ではありません

2012年――ツンデレは、進化する。
日本屈指の黒字を叩き出す会社のカリスマ社長である犬神総一朗。
そんな彼の正体は過剰にツンデレな残念イケメンであり…個性的な弟たちの長男でもあった。
四男・四狼の帰国でさらににぎやかになった犬神家。そして、総一朗にデレ期が訪れる――!?
弟たちが大好きだけど素直になれない、ツンデレ社長が巻き起こすファミリーギャグ第2巻堂々発売!
(出版社より)

表題作わがツン -わが家の長男ツンデレ社長- 2

評価・レビューする

レビュー投稿数4

『クソワロタwwww』な本。

これぞ俗語「くそわろたw」があてはまるラブコメディ?です。


なにやら中村光先生推しだそうですが?
納得ですねwwwww
先生超好きそうwwwww
イカ的に考えても☆←



三巻まで一気買いした『わがツン』シリーズ第二巻!
四男がフラーっと出てきます。
イケメンイタリアーノ☆ですが、この四男これまた問題児。
放りっぱなし、やりっぱなし(おい)、甘えったれのさみしんぼうです。

次男の昭和?的な恥ずかしーい\(//∇//)\ヤンキー過去も出てきて
こえまた楽しいお話ですw

ああいうやり方なら確かにグレてたやつはおとなしくなるかも?しれませんねwww

0

わが

イカwwwww
ずっと人間の姿のままで居てくれればいいのに(ノ∀`)セツジツ
どたばた兄弟ストーリー
兄がツンデレに目覚める瞬間が可愛い
あの瞬間だけを記憶にとどめたいww

にしても、兄弟もろもろ~なテンポと
好きな人は好きだなという作風。
中村光さんご推薦の帯のあおりですが、作風としては似てるな~という雑感。

個人的には、六男と次男がお気に入りです。
あと、六男の友達(という名のもと殺しに来る子)が好きw
カワイイジャナイカwカワイイジャナイカw
まともな次男の恥ずかしいビデオ。私も欲しいですw
あれ、着ボイスにして全国配しn・・・・(殴
ともあれ、3巻は買わなくも。。。と思っていたのに引っ張りです。
買います。スイマセン

0

ますますAATB化進む

女性にゆるいお父ちゃんが次々といろんな女性に子供を産ませて、
その子供たちが集まって暮らしている家庭は長男の兄ちゃんが母親違いの弟たちを実は超溺愛してるのだけど、それを上回るツンでそれを隠して・・・
大変におもしろいキャラクターで出来上がっているこの本の2巻は帯が「中村光先生ご推薦」
はい、ズバリ言ってしまうと非常にあの荒川アンダーザ●リッジに作風が似ておりますw
キャラクターもねwww
兄弟解説は1巻のレビューに入れてありますので、今回は割愛。
そのキャラクター自体がネタになっておるからです。

1巻ではあまりフューチャリングされなかったイタリア女子とのあいだに生まれた四狼が前半登場。
イケメンで女性に甘いのに、家では”ぱなし”の甘えん坊。
そんなだらしない四狼だけど、兄ちゃんラブなのです、そして兄ちゃんがいないと彼の散らかし放題は対処できないという証明も。
エイリアンとのあいだにできた三郎はますます不気味に変身しておりますね(爆)
リアル画になったときの残念さといったら。。。
もちろん、今回の長男の兄ちゃんのツンデレが冴えており、毒キノコを食べたとき、ツン続きがなくなってしまい皆喜んだものの、やっぱりツンがあってこその兄ちゃんだという結末にいたったので、もう兄ちゃんはいいでしょうw

むしろ、今回の巻でわかったのは次男の誠二が結構頑張ってるってことです。
その割に長男ほどのしたわれ方はしてないところがなにげに不憫なんですけど、でも彼はそれでいい、長男が好きだからいいんだよね。
しかし、ラストの終わり方がとても気になるのですが!?
果たして一体?きっとまた笑いでおとすんですよね?ね?

0

まさかの2巻

勝手に1巻完結かと思っていたところ、
2巻を発見して、ほくほく☆
そして、クオリティーも全く落ちていませんでした!

ツンデレ社長のツンデレっぷりは、全く衰えていません。
今回は、新たに四男の四狼が帰国したということで、
家族内の騒動が、大変になっておりました。
散らかし魔の四狼ということで、その家をきれいに保つことの大変さを知り、
総一朗のすごさを兄弟たちが、痛感するシーンが、たまりません。

また、次男のイケヤン時代のストーリ。
かなり笑ってしまいました。

ただ、残念なのは、総一朗の会社でのストーリーが無いことでした。
会社ネタが結構好きだったので、次に期待です。

BLでは全くありませんが、ナイスファミリーストーリーで、
笑が止まりません。帯で、中村光さんが推薦とありますが、
確かに、中村さんの笑センスに似通う点があるように思います。

中村さんファンの方には、是非ためしていただきたい1冊です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ