ふたりのスイートエンゲージ・ストーリー!

だからキミが愛しんだ。

dakara kimi ga itoshinda

だからキミが愛しんだ。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
7
得点
61
評価数
20件
平均
3.3 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663598

あらすじ

資産家の出で絵本作家の律(りつ)と、天涯孤独で美容師のタマゴの梓(あずさ)は恋人同士。
小さな一軒家で一緒に暮らし始めたばかり。
それなのに、梓をベタベタに甘やかしたい律に対し、梓はいつだってそっけない。
思い出の品さえあっさり捨ててしまおうとする彼に不安になる律だけど……?

(出版社より)

表題作だからキミが愛しんだ。

絵本作家 律
美容師の卵 梓

評価・レビューする

レビュー投稿数7

あまあまでした。

絵本のようなお話でした!
お目めグリグリ髪の毛ふわふわで、絵柄は好みが分かれるけど、お話と合っていてとっても好きです!

歳の差カップルです。
素直になれない受けとそれを優しく包み込む攻めでした。

意地っ張りな受けにちょっとイラっとしそうでしたが、結局攻めが好きで仕方がなくて意地を張りきれないのが可愛くて、攻めが溺愛するのも無理もありません!

既に一緒に暮らしているところから始まるのですが、二人の付き合い始めのころももう少し読みたかったです。

今回も大満足な一冊でした!

0

髪質が好きです。

絵は綺麗なんですが、目がキラキラしすぎてますね……。
心が荒んでる私には眩しいです。

裏表紙の律の膝枕で寝ている梓のイラストがとても好きです。色合いとかも。
優しい感じがします。髪質とかすごく柔らかそうで触ってみたいです。

この二人がおじいさんになったら、どんな感じなのかな。
ケンカしたあとのスーパー行って神社でおみくじ引く流れは続いてるのかな。
きっと、どちらかが先に亡くなっても写真に話しかけたりしてるんだろな~なんて思いました。

コマの移り変わりがわかりづらいかなと思いました。
律目線なんだけど、誰が喋ってるかわからなくなったりしました。

梓が結構ネガティブです。ネガティブ嫌いじゃないですけどね。

律の誕生日に何か欲しいものはないかと聞いて、プリンが食べたい→じゃあ、作る→梓のエプロン姿楽しみだなで、
梓がもしかして裸エプロンを期待してる?と思ちゃって、悩みながら裸エプロン着用したのが可愛かったです。

そしたら、カバー裏にもプリンを持った裸エプロン姿の梓がいました。

1

どちらもお互いの王子様

1作目からファンになってから
作家買いをし続けているので、新刊が出てすぐに購入しました。
期待していた分、すこし残念でした。
元々くっついている話よりも恋愛過程を描いた作品の方が
好きなこともあり、そこからスタートしてくれたら
もっと萌えられたかもしれません。

同棲している二人のばかっぷるらしいいざこざが可愛いお話です。
攻めが記念日やプレゼントをして、
それに受けが無駄遣いだと怒るループ描写が
少しくどかった印象があります。
攻めの家庭が金持ちなため、受けが家族に脅されたり、
直接対決したり、それを攻めが支えてくれたりします。
BLにおける女性はヒールキャラ安定ですね、腹立ちました!w
出会いの場面は丁寧に描かれていましたが、
お互いに好きになっていく恋愛過程や
同棲するに至るやり取りがダイジェスト風味だったのが
悔やまれます。そこを1話丸々書いてほしかったです!

受け溺愛攻め、意地っ張り受け、あまあま、同棲
そんな萌え属性をもっている方にはおすすめです!
ちなみに絵本作家×美容師なので職業萌えもできますかね?
ただし、あんまり働いてい続きるところはないので
背景くらいに見た方がいいかもしれませんね。

1

ほろほろ甘い。もったいない。

ドラマCDを聴くに当たり、こちらがとっても甘い甘いお話だということを知り、先に原作を読みたくて購入に至りました。
失礼を承知で申し上げますが、私は花村さんが少し苦手です。
が。
気分的に、先が安心して読めるものを欲していたのだと思います。

まず驚いたのが、表紙画。
ここ最近では珍しいくらい、肌色率が高い!
どう見ても服を着ていない二人、密着し合って愛がダダ漏れ。
花村さん独特の繊細な描線に、雰囲気にぴったりなレース模様。
灰色のバックに作者名・タイトル名共にセンス良く目立っていて素敵だと思います。


天涯孤独で美容師見習いの梓と、絵本作家・律のお話。
二人が出会い、付き合い、律を取り巻くしがらみが徐々に二人を巻き込んで――と進んでいきます。

花村さんと言えば、何といってもこの繊細すぎるくらい繊細さがページ全体から伝わってくる描線。
何も角がなさそうな、全てやらかくふわふわと揺れ動くような雰囲気。
そんなタッチにぴったりな今回のストーリーは、本当に甘く、時折心がギュッとなるような気持ちで読み進めました。
愛し愛され、好きだからこそ不安になって、不続き安になるからこそもっと相手を愛そうと思う。
正反対で年も離れた二人だけれど、徐々に強くなる絆と、時が過ぎれば過ぎるほど増す想いが、優しくじわじわと心に入り込んできました。

甘いお話が読みたくて、安心できる結末ということが初めからわかっている状態で読みたかったので、その点でいうととても満足はしているのですが。
やはり、引っかかるものは引っかかるのだなと実感。

まず一番に思うことは、主要人物以外の登場人物の名前が無駄に出るな、と。
主人公の律と梓、その次に多く出てきたのは、律のいとこ。
この子の名前が出てくるのは妥当かもしれませんが、たった一度しか出てこない方にまで必要かな…と。

それと、いつも表情が寂しげに見えてしまう。
最後の方で、律がいとこの美憂に「どーぞどーぞ」というシーンで、美憂は『そんな顔も出来るのか』と一瞬驚く場面があるのですが、律がそんなに笑っているようにも見えませんでした。
また、そこに繋がるまでの、来栖家のしがらみ。
何だか表面的過ぎて、律への感情移入もしづらかったです。
(律が金とモノを動かす能力に長けているらしいですが、何をもってそうなのか、全く説得力がなかった)
律と梓の違いは、両親に先立たれても律には心配してくれる親戚が居る、という点も大きいと思うので、もう少し来栖家について知りたかったかな、と。

そうは言っても、美憂は完全なる当て馬だと思っていたものが、実はあぁいう締め括り方が待っていたのかと驚いたし、『安心して読める甘いものが欲しい』という部分は本当におつりが来るくらいでした。
表情かキャラ設定に、もう少し説得力があればよかったなぁ、と思いました。

4

甘さ、には隠し味が欲しい

花村さん、初読み。
正確に言うと「LOVERS+」で掌編を読んで、
たまには甘〜〜いのを読みたいな、と興味を持って読んでみたのでした。

感想。
ええ、甘かったです。
絵も少女マンガのようなキラキラ綺麗系で、お話も甘い。

このお話、主人公二人が既に付き合って同居しているところから始まっている。
資産家の息子で絵本作家の王子さまのような律と、
美容師を目指す年下の梓。
共に家族を亡くしたもの同士……そして、律の実家の横やりが……
というある意味王道。

甘いのが読みたかったので激甘なのはよろしいのですし
こういう系統のキラキラ少女マンガ系の絵は、嫌いじゃないけれど、
好みとしては切なさが大幅不足かな。
エロシーンも甘くていい感じなのに、勿体ない。
もうひと味っ!

梓が男の子というのが、どうでもいいというか、
書き下ろしの裸エプロン含めて
女の子でも同じように成り立っちゃう感じでしたね。
そのあたりが残念でした。

中立と迷ったけれど、萌で。


2

あま~~~~~~い  by安達祐実元夫

げろ甘。
少女漫画読んでいるみたいだ。
どうも 私には合わないな~。

さあ 赤ジャージ・青ジャージを着用して・・・  いくわよ!よろしくて!!
何でだろう?何でだろう?な・な・な・何でだろう?(手を交差して!!)

そうだ! まず絵だ!
どうしても 人物全てが 女の子に見えてしまうのだ。
かわゆすぎるのも あか~~んみたいだな。
それと 誰が誰だか わからないのも だめだ。

私には合わなかったが ロマンチック好きにははまると思いたい。
ぶっちゃけ シンデレラストーリーです。
この ほわんほわんがお好きな人に お薦めです。

4

らぶらぶ新婚生活

絵本作家の律×美容師の卵梓の話。

花村イチカさんはデビューコミックからすべて読んでますが、受け攻めのキャラクターが今までとはちょっと感じが違うなーと思いました。
今までは、少しそっけないけどほんとは受けが大好きな攻め×乙女で天然な受けって感じが多かったんですが、今回は優しい大人な受け溺愛攻め×意地っ張りなちょっとツンデレ気味な受けでした。それが個人的に印象に残りました。
まあどっちにしろ受けはかわいい系です。梓もかわいかったです。

お話はお互いに家族を亡くしてトラウマ抱えた二人が出会い、恋に落ちて一緒に住むようになってからの話です。

攻めが大人かつ受け溺愛なので喧嘩してもなんだか一方的な感じで、受けはそれが気になる。自分は素直になれず、可愛いげがないと思っている。だけど攻めはそんな受けが可愛くて仕方ないんです。
こんな感じなんで、律の家の問題やお互い孤独を抱えていたことなどいろいろありますが、結局はらぶらぶあまあまです。

書き下ろしは裸エプロン!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ