恋惑星へようこそ

koiwakuse e youkoso

恋惑星へようこそ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
45
評価数
11件
平均
4.2 / 5
神率
54.5%
著者
イラスト
作品演出・監督
和田京子
音楽
土屋雅紀
脚本
青嶋みお
原画・イラスト
南野ましろ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

夏休みは西ヶ谷先輩と南の島で過ごす予定だった未知也。
それをクラスメイトの瑞野に頭ごなしに否定され、ムキになって支度をしていたところに謎の小包が届く。
箱の中にはスライム状の生物が。なんとそれは喋り、自分は西ヶ谷で、人間体に戻れなくなった宇宙人だというのだ。
仕方なく夏休み中、そいつの面倒をみることになった未知也だったが……。

ブックレットに描き下ろしSS有り。

表題作 恋惑星へようこそ

瑞野文彬 → 野島裕史

池上未知也 → 吉野裕行

その他キャラ
金髪男[井上剛]/ 西ヶ谷亨[小田柿悠太]/ 桃沢友湖[内山夕実]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

シズル感倍増

原作既読。宇宙人をイメージしたSEの分、原作よりコメディー色が強くなっていると思います。また、触手プレイもシズル感倍増でエロかったです(笑) ただ、全体としてはやはりエロさより健全さ、可愛さが印象に残る作品でした。

吉野さんは鉄板のヤンチャ受で、最中にどんどん可愛くなる喘ぎ声はもちろんのこと、会話中の拗ねている様子や感情たっぷりのシャウトにノックアウトされました。吉野さんの可愛い受キャラを聴くと「あのカッコ良い吉野さんが…」という不思議な感慨を覚えます。また、野島さんのコロコロがとても可愛く、味わい深かったです。最初は朴訥な印象だった水野(人間の方)の語り口が、終盤では喜怒哀楽が感じられるものに変化していて、さすが…巧いなぁと思いました。

原作既読ゆえか、かなり展開が早いように感じたので、評価は「萌x2」か「萌」か迷って「萌」です。

0

吉野はいやらしい子だなあ

なにこれ、めっちゃ良い。めっちゃエロい。
吉野さんファンは絶対聴いて損なしです!
喘ぎ方がほんっとにイイ!すいません、吉野のエロさくらいしか感想述べれてませんが、むしろあのコロコロとの、おセックスシーンのみでお腹いっぱいになりますよ。
そして重大要素、SEなんですが、紙面とかでの触手表現で使われるオノマトペは、にゅるにゅるとかふにふにとかですが、よく考えてみればにょろにょろなんてゆー音、無いですよね。触手的表現て難しかったんじゃないかなぁ〜と後々感心します。そして吉野さんの喘ぎにマッチしてます!なんてったって、宇宙人ですから。形が好き放題変わり、尿道だって難なく攻めちゃいますよ!そしてイク時に小さく「出るからチンコの抜いて....」この台詞にやられました。鼻血出ます。おそらく1度目では聴き逃してしまうであろう、危うくか細い台詞なんですが、二度三度繰り返して聴きたくなる事間違いなしです。所々切れ切れに言葉を発する技術、脱帽です。いや、脱パンツです。吉野さんの切羽詰まった声は何度聞いても可愛いくて、初めてを奪われちゃった後に泣いちゃうシーンもハアハアでした。
個人的には野島さんがし続きゃべる、宇宙人語を真似して、「てりゅ◎△◯□にゃた」(←なんてゆってるかわかりません)って言う吉野さん、くっそ可愛いです。大好きなシーンです!
ラストにかけて紳士な態度の瑞野に不安になっちゃう未知也や、謎の金髪黒スーツもなかなか楽しめます。兎にも角にも吉野ファンには堪らない一作!

1

吉野さんの迫力喘ぎ!

うーん、これは原作を超えてる!

あらすじは原作でレビューしたので
こちらは純粋に、音源への
感想文にしたいと思います(*^^)v

吉野さんの喘ぎが凄かった~!
聴いていて心拍数上がっちゃうくらい
エロい!とことんエロいです!

普段から少し掠れ気味の吉野さんの声が、
触手に翻弄されてもう、もう、
メロメロになっちゃう感が半端ない!!

息が乱れたり、
声がもれちゃったり、
…の、さらに3段階くらい上!という感じ。
(分かりにくいわ(-_-;))

どう表現していいのか分かりません☆
とにかく、凄い、の一言。

あまりに弄られ過ぎて
裏声になっちゃったり、
喉が枯れてしまったり、
ヒューヒュー鳴っちゃう感じが迫力です。

そして、触手が巻きつく部分の音は、
どんな風に表現するのかと思っていましたが
何も問題ありませんでしたね。
ちょっと粘着質な、クチュクチュ音が
イメージにぴったり合っていました。

また、野島さんが、コロコロ時と人間時の声を
変えているので、その面白さもあります。

そして、コロコロ=瑞野という続きことを
気がつかない未知也が、
コロコロの前で瑞野の悪口を言うと、
コロコロがしょぼんとしてしまうのが可愛い♪

色々な面で楽しめます。
ブックレット掲載の書き下ろしも可愛くて
ちょっと得した気分になりました♪


*****巻末フリト*****

吉野さんは、宇宙人と絡んだのが初めてで
貴重な経験だったそうです。

野島さんは宇宙人の役に悩み、
固めずにスタジオ入りして
相談して役作りをしたそうです。


*****特典フリト*****

ものすごいテンションの高さでの
タイトルコールから始まるフリト。
ボリュームに注意して下さい(笑)

BLフリトにしてはどうなんだ?的な
女性談義をお二人楽しそうにしています。
美人とお酒が目の前にあったら?
もうデレデレだよね?と野島さん。
じゃあキャバクラに行けと吉野さん。
「行こう行こう」と乗り気な野島さん。
「女性が大好きです」と言い切る吉野さん。
本編の余韻をぶち壊す本音トーク炸裂(笑)

お二人ともとても無邪気で子供っぽく
仲の良さが伝わって来ました。

また、若い頃は「切れたナイフだった」
という吉野さんの言葉に、
「ナイフなのに切れちゃってるんだ」という
野島さんの的確な突っ込みが笑えました(笑)

3

キャスト買い

原作既読です。

吉野さんは、ほんと
こうゆう、なんにも考えてないけど憎めない系の子を演じると、最高ですね。
ヤンチャで、ちょっとオバカで、そして素直で。
掠れた喘ぎ声もかわいいし、
事後の、「オレの純情を返せーッ!」な泣き声もかわいい。
対する瑞野=コロコロの野島兄さん。
コロコロの時のちょっとハイトーンのかわいいお声と、瑞野の時の朴念仁っぷり。
こちらも二度美味しい。

原作読んだ時は、こんな際物がドラマCDになるとは思って無くて(だって、スライムのコロコロネチョネチョがしゃべる声って、ねぇ)、でも、このキャストなら納得。
聞いてみたいって。

買って正解。
アタリでした。

ブックレット内のSSがまた、ラブラブバカップル全開でかわいいので、評価プラスして「神」

2

吉野さんにやられた…!!

原作は既読だったのですけれども
いまいち萌えには届かない感じだったので
手放してしまいました;
(原作ファンの方々、大変申し訳ございません!)

しかしですよ、キャストが野島兄さんと吉野さんだなんて
買わないでいられるはずがないじゃないですかー!!
だってお二人はチャリ仲間だっていうし、
「これは聴かんと後悔する!」と身震いしたのです。

そしたらなんといいますか、
野島兄さんの二種類の声色は楽しめるし
(片や瑞野の、低めのぶっきらぼう。
片やエイリアンのコロコロ、ラブリー系)
吉野さんのさぁ……あの掠れる感じってもう何!?
あれで喘がれたら勃つっての!!!
……下品ですみません。
でも本当にナニかが勃ちそうになるんですよ…!!
何回もリピしました。せずにいられませんでした。

触手ものって、女性向けでBLでって無いですものねw
その音がどんなんだか興味津々でしたが
なんつーかもう、ぐちゅぐちゅ這いまわってる感じとか
にゅるにゅるしてるのが
えーーーーーろーーーーーいっ!!
それプラス野島兄さんの低めボイスで
「…もっとすごいの、しよ続きっか」
ちょ、堪忍してーー!!!
そんで吉野さんは(違う!未知也!w)
先っぽが好きでいつもソロ時には「イイ」って啼いてるのを
コロコロは以前から聞いてて
だからって尿道……!!!
ここものすんごく興奮したんですけど、私だけじゃないと言って下さい。お願い。

温泉旅行でちゃんと人間の姿で交わるのも良かったです。
(エロの話しかしてないですね…ごめんなさい)
どちらもちゃんと最後までイッてくれてたので満足度高めですw

あ、宇宙語(?)は早口で何言ってるんだかさっぱりでしたが
野島兄さんが可愛らしかったので何でもいいです。(やっぱりそうなってしまう)

吉野さんの掠れ喘ぎに神、
野島兄さんの二種声と演技に萌×2、
やはり内容としては…そんなには…なのでした。
触手プレイ+尿道プレイという面で私は楽しめたという意味で
萌×2評価とさせていただきます。

巻末フリートークはあまりにも短すぎる(泣)
せめて5分くらい入れて欲しいです…。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ