欲情警備はラブ2乗

欲情警備はラブ2乗
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775520116

あらすじ

新米警備員の水瀬は、都会派リーマン・塚原、エリート研究員・真狩と、研究所で起こっている原因不明の体調不良を調べることになり?

表題作欲情警備はラブ2乗

製薬会社の研究員 真狩修/塚原誠司  
新しくできた製薬会社の警備員 水瀬拓馬

同時収録作品コレクトユー!

10年ぶりに再会したお兄さん 鷹
憧れのお兄さんを追いかけてきた 聡史

同時収録作品ドラ息子の躾け方

研修の教育係 わくい 
社長のドラ息子大学生 春樹

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

熱血純朴青年を可愛がる研究員二人

ド田舎に新しく出来た製薬会社の研究室に警備員として働く事になった拓馬くん。
元気いっぱい純朴な好青年と田舎なんか面白くないと言いながら拓馬くんに目を付ける
研究員二人との3Pアリのコミカルストーリー。

この拓馬くん、田舎者過ぎて人を疑う事を知らないのか、あっさり二人のヤラれちゃう。
研究所で起きた原因不明の体調不良の原因が童貞のまま死んだ研究員の呪いだと
研究員の真狩(この人Sです)に言われ、成仏させるために手伝いを依頼されOKする。
何をするか分からないままに真狩に喘がされ、常識人ぶってた塚原も真狩の誘いと
拓馬くんの純朴お色気に誘われ3P突入なんて内容です。

田舎っ子と都会っ子二人のどこかほのぼのした雰囲気もあるストーリーで、
研究員の二人の色々振り回され気味の拓馬くんなのですが、以外にも二人に懐くし、
二人も拓馬くんを毎回可愛がるのですが、拓馬くんの都会への憧れや都会の人への
おもてなしで悩む田舎者って感じがなんだか可愛いお話でした。

2

田舎男子が可愛かったデス

デビューコミックがそこそこいい感じだったのですが、この表紙に同じ作家さんだったのか!とちょっとびっくり。
いかにもエロエロ前面押し出しのベタ表紙だったんですもん(笑)

さて、この表紙を裏切らない中身でした♪
至極簡単、単純明快!
田舎に新しくできた製薬会社の研究所。
そこに採用になった地元の青年・水瀬。
この純真無垢(?)で天然で素直な水瀬を、都会から来た研究員の真狩と塚原が喰ってしまうという話。
最近研究所内で体調不良者が続出するのは童貞の幽霊のせいだ!と、幽霊に見せつけてやれと・・・3Pですかー!?(驚)
どちらかというと黒髪の美人キャラの真狩が腹黒系。
塚原はそれに乗せられつつも、真狩よりは純粋に水瀬が気に入って好きになってる感じがある。
水瀬の純粋さがいいかもしれない。
すっかりほだされて、彼等に会えないと寂しいな~とか純粋に思ってるし、いつまでも3人楽しくすごせたらいいな~とか、全然嫌がってないんだもんw
遊びに来た彼等のおもてなしがきちんと出来なかったと言っては落ち込んだり、かわいいじゃないか。
鼻につかない健気男子が雰囲気よかったです。
続きpのエッチは、いやらしい感じもちゃんとでているし、それぞれのキャラがそれぞれの個性を見せているので、すごくまとまりがあって見えて結構よかったのですよ。

【コレクトユー!】は、子供の頃遊んでもらった憧れのお兄さんを追いかけて上京して一緒に暮らすことができるようになった主人公・聡史。
だけど10年ぶりに再会した憧れのお兄さんは、昔の面影も全くないAV系の会社を経営するリャラ男になっていた!?
すっかり家政婦にされ、落胆しつつも、小指の先ほどの希望を持ち鷹兄を矯正してやる!と意気込んだ聡史なのですが。。。
セクハラに散々あいながら諦めない気の強い主人公は案外に健気
チャラ男の鷹兄は傲慢な超ツンデレ。
これはこれでいいのだろう~
しかし、この憧れのお兄さんの名前が「鷹」っていうのと、AV関係っていうのに思わずつっこんだ!
よかったね、AV男優じゃなくて(笑)

【ドラ息子の躾け方】これは、社長の傲慢なドラ息子の教育係を任された社員がビシバシ!とやったら会社に来なくなってしまって。
躾けが調教になってしまったという、ちょいブラックなニヤリとする作品でした。

やはり圧倒的に表題がよかったですね。
表紙が軽いせいで、どうせ~みたいに思ってしまいそうですが、なんの、なんの、、結構中身がギュっとつまっておりまして、見た目だけで判断できない典型の本になっておりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ