ハツこい

hatsukoi

ハツこい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
53
評価数
18件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663895

あらすじ

15年ぶりに出会った竜司(りゅうじ)と潮(うしお)。
幼馴染みとの嬉しい再会のはずが昔起こったある事件のせいで
二人の間はギクシャクしていて……!?

ボロアパート「ハイツこいわ」を舞台に繰り広げられる、
心ときめく四つのオムニバスラブストーリー!!

表題作ハツこい

元幼馴染の工務店左官 千々石竜司
ハイツこいわの管理人兼大家 吾妻潮

同時収録作品日めくり恋めぐり

102号室の住人で就職浪人 上田邦生24歳
102号室の住人で就職浪人の恋人 丸山和暁24歳

同時収録作品ノック、ノック、ノッキング

借金の取り立てや 辻
借金を追ってる201号住人会社 鳴見

同時収録作品ノーエントリー!

204号に入居してきた元同寮生 館内祐近
203号の住人で大学生 伊勢尚斗

その他の収録作品

  • ハツこいビフォーアフター
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

読みやすかったです

一件のボロボロなアパートに集まってくる住人と、そのアパートを大切に管理している管理人さんのお話です。
全部で4組のカップルのお話が収録されていて、まずは管理人さんのお話から始まります。
実はこの冒頭の表題作も甘酸っぱくて良かったのですが、私はどちらかと言うと同時収録作の「ノック、ノック、ノッキング」の方が気に入りました。
ちょっと裏社会的な所とか、怖い人が特定の人にだけ優しいとか…というのが私の萌えツボなので。
受け様はちょっと世間を渡っていくには他の人に利用されやすい性質だとは思うのですが、きっとこれからは辻さんが守ってくれるでしょう(笑)。
住民同士もお互いすごく仲がいい、というのではないですが、みんな基本的には優しい人達でちょっとほのぼのするお話でした。

1

ハ○ツこい○

ボロアパート「ハイツこいわ」を舞台に繰り広げられる心ときめく四つのオムニバスラブストーリー。
アパートがホモ巣窟になっていく設定は、ありがちかもしれないが、4つのカップルそれぞれのお話はちゃんとバラエティがあって、短編連作としては完成度高いです。
表題作「ハツこい」アパートのオーナー管理人と、幼馴染みの左官屋との再会愛。
「日めくり恋めくり」やりたい盛りの就職浪人の駆け落ちカップル。
「ノック、ノック、ノッキング」借金の取り立て屋と取り立てられ人。
「ノーエントリー」高校時代からの腐れ縁
どのお話も、絵もきれいで、うまいことサラッとまとまっているので、逆に印象に残りにくいかも。

2

ありがちかもしれないけど、素直な気持ち

オムニバス形式の短編集で4カプいましたが、
『日めくり恋めぐり』と『ノック、ノック、ノッキング』が好きでした☆

『日めくり恋めぐり』
大学の同期で、就職浪人生で恋人同士。
二人の関係を誰にも内緒で住むボロアパートで
声が大きいと注意されても日々円満に過ごしてきた二人ですが
いつまでもこうしていられるはずはないと不安になる和暁。
それを口にした次の日からいなくなってしまった邦生が
きっとすぐ帰ってくるとたかをくくっていたのに帰ってこない…。
その間自分の本心を顧みて、どうしても邦生が好きだと結論が出て、
実家にそれを告白しに行ったところ、まさかの邦生が!!
帰ってこない間、一週間で内定をもらい、和暁の両親にご挨拶、だなんて
いい男だなーーー!!!
そこまでされちゃ不安に思っていたのもふっとぶよな!!!
これからもお幸せにね♪
(邦生がいない時に、裸エプロンで麻婆春雨作ったのが良かった。
麻婆春雨大好き!勿論ビールと共にw)

『ノック、ノック、ノッキング』
情にもろい取り立て屋の辻とお人好しにも程があって生真面目すぎる鳴見。
友人の借金の肩代わ続きりをする羽目になった鳴見は
例え30円でも1円でもお金には変わりないと
自分の損得を考えず行動するような男。
それゆえ、変わり者だと思っても、情をかけずにいられない、
こちらもなかなか人情家な辻。
二人は、鳴見が完済したらもう二度と会う事もないという明確な関係性だからこそ
好きかもしれないと自覚してしまって納期を伸ばして悪あがきを…。
真面目で裏表がないはずの鳴見が「返せません」と嘘をつくのも
煽られてつい手を出してしまった辻も切なかったです。
結局辻が鳴海の借金を肩代わりしたと知り、
立場を悪くさせてしまって組まで乗り込んだら
まんまと告白を辻本人に聞かれてしまっていて、ハピエン!
ひどい事も、優しい事も、辻にされるならなんだって気持ちいい、だなんて
殺し文句吐きやがって!!鳴見!!!!
辻のシャツのにおいをかぎながら口でされて達した姿は
なんとも言えずエロかった……。

可愛らしさもありながら、しっかりきゅんとさせてくれて
カキネさんはなんとなく勢いがあって好きです♪

3

なんか恥ずかしい

15年ぶりの再会ものでピュア過ぎてなんだか気恥ずかしい気がする表題でした。
感覚的には黒板に書いた相合傘みたいな雰囲気でしょうかね。
子供の頃に左官の父に着いて行ったアパートの「ハイツこいわ」で出会った子供潮。
二人は同じ年頃なので直ぐに仲良くなるが、ある日潮が折角塗った壁を更に上から
塗ろうとしている現場を見て、自分も将来父のような左官になるのが夢な竜司は
その行為に子供心に怒り嫌いだと言い放つ、その後に言い過ぎたと謝ろうとしても
なかなかいく事が出来ないまま潮の両親が別れ潮がいなくなる。

そして15年後に「ハイツこいわ」の管理人になった潮と左官業務を引き継いだ竜司が
再会し、ハイツで起こる幽霊騒ぎを検証すると言う潮に竜司も手伝う事になり、
過去の事を持ち出した竜司は潮に言葉であることに気がつき、長い誤解とこだわりから
相愛になるまでを「ハイツこいわ」を舞台に描いたセンチでほのぼのした初恋の話。

幽霊騒動も納まり、壁の修復も終えて入居者も入り始めた「ハイツこいわ」。
親にも友人にも内緒で二人だけで入居したカプやヤクザと借金に追われるリーマン
払う側と続き払わせる側まるで敵対同士の関係がいつしか切ない恋になる話、
高校の同級生で過去に自慰の延長みたいな事をやった事があるだった二人が
ハイツで再会し、過去に告げられなかった思いを爆発させる展開の話と
「ハイツこいわ」を舞台にしたオムニバス形式の作品で、切ない系の話が多いです。

3

人生いろいろゲイに人気のハイツです♪

駅近格安だけど超オンボロアパート”ハイツこいわ”を舞台に、そこの住人の様々な生きざま(恋愛模様)を描いたオムニバス。
こういう設定って、総ホモかよ!?って下宿タイプのとかあったりして、ちょいハズしていたことが多かったのですが、何せオンボロですからね、
訳ありなわけですよ。住人達も。
だからそれぞれに、それぞれが背負ったものが読ませて、アパートものとしては各話が独立していて、それぞれによかったのです。
カキネさんの注目エロはちょい薄めだったのですが、表情とかエロかった♪

表題
オンボロアパート、ハイツこいわは、幽霊が出ると入る入居者が続々と退室してしまって困り切っている、父親からここを受けついだ大家の潮。
せめて壁の塗り直しを頼んだ工務店からやってきた左官は、小さい頃親しくしていたのにあることが原因でそのまま別れてしまった竜ちゃんだった。
互いに思い出の残るアパートで、そのアパートに込められた潮の想いを見つけた竜ちゃんは、、、といった再会恋物語。
そんな10年以上も前の気持ちを・・・と白けてしまうよりも、ヘタレな潮の想いの健気さに惹かれてしまう。(最近弱いのw)
続き壁に書かれた想いは記念のプレートになるんですね。
これは大家さんの導入編。
さて、これからが本番です♪

【日めくり恋めぐり】
邦生と和暁は大学の同期で恋人同士、そして就職浪人のため、親にも言わずに駆け落ち気分でこのアパートで一緒にくらしているのです。
甘い新婚生活のようなつもりでいても、経緯があるだけに先行きのことは不安。
それを和暁が口にしたとき、邦生がしばらくいなくなると、書置きしていなくなってしまう。
不安を口にはしても何も実行できないヘタレな和暁。彼の好きな裸エプロンをして愛をS件でも彼は帰ってくるわけでもない(切ない)
しかし、邦生は違いました!
現実逃避だけでは生きていけない。
そんなシビアさも見せながら、案ずるより産むがやすしだよ、を見せている。
和暁がもっと変わればいいのに、って思う。
アパートの壁が薄いためにエッチ声が丸聞こえというのがw

【ノック、ノック、ノッキング】
多額の借金を背負ったために家賃が払えなくなり、このアパートに引っ越してきた鳴見。
昼間は会社員、夜はバイトと休む間もなく働く彼に容赦なく取り立ての辻はやってくる。
だけど、傲慢な口調の影で本当は辻はとても優しいのです。
色々と鳴見の世話をやいている。
もうすぐ完済だけど、そうしたら辻さんと会えなくなる。
でも、それは辻も一緒だった。
この関係があるがゆえに、複雑な気持ちをかもして、思い切り切ないよ~
だけど、終わりはハッピーエンド。
辻さんも鳴見さんも、萌えキャラではないけど人情な部分でとても惹かれる人たちでした。

【ノーエントリー!】
大学生の伊勢は、ハイツこいわの住民になったのだが、彼がもっとも会いたくない顔もみたくない相手、館内が同じアパートに越してきてしまう。
どうして伊勢が彼を避けるかというと、高校時代同じ寮で劣情を掘り起こされたからなのです。
部屋が雨漏りするからと、伊勢の部屋に押し掛ける館内。
館内の執着はとても怖いです。
だけど伊勢の逃げる影にかくされた本当の気持ち。
もう伊勢は逃げられません。
ある種のホラーなんですが、オチはコミカルに。

そして描きおろしはビフォーアフター。
このアパートに入った男性はみな男性の恋人ができると評判になり人気アパートに♪
入居を断るくらいになったのだが、竜ちゃんが一部屋空いてるから入れてあげればいいのにってw
実は・・・
よかったよかった。
それにしても防音完備にしないといけないのは、どうなったのかな(笑)
ちなみに今まで風呂なしだったのはつくようです♪
そりゃアッタホウガイイベ☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ