卒業M 僕たちの方程式(1)

sotsugyou m

卒業M 僕たちの方程式(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックス(コミック・角川書店)
発売日
価格
ISBN
9784049245936

あらすじ

「卒業M」コミックス版1巻。

全寮制男子校に通う5人の美少年・キュート未来麿、超自然児の勇祐、秀才・翔、クールな紫門、そして問題児、透吾!? BOY’S LIFE!!

表題作卒業M 僕たちの方程式(1)

その他の収録作品

  • 僕たちの方程式
  • BURNING GENERATION
  • 4コマ・スペシャル
  • 巻末ウソマンガ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

非BL作品→乙女系他方面メディアミックスの先駆け

男性向け恋愛シミュレーションゲーム『卒業』の女性向け版を作ろうというプロジェクトが90年代の中頃に立ち上がり、その先鋒となったのがコミック版である本作。
のちに諸般の事情で作画と出版社が変わりますが、こちらはASUKA連載漫画家としては有名だった杉崎ゆきる氏が作画してて人によってはちょっと豪華な感じ。
ここからドラマCDやOVAや声優ユニットのライブイベント等のメディアミックスは広がっていき、近年では当たり前になっている女性向けコンテンツの他方面メディアミックス展開を行っていき、ファンを拡大していきました。全盛期は。
予定していた形とは違うものの当初の目的だったゲーム化も果たし、単体のゲームとしては結構出来が良かったもののロット数が少なくてあまり市場に出回っておらずプレミア状態。このコミックスも先述の出版社&作画者交代問題を受け公式からなかった扱いにされている黒歴史化作品なので、この本の入手が中古紙媒体に限られるという意味ではちょっと珍しいかも。
アウトローの透吾と彼に憧れるミキちゃんこと未来麿の関係はちょっとBLチックでプロジェクト序盤から終盤までのこの2人の関係の変遷を追う続きと色々楽屋裏での関係が妄想できる部分があって味わい深いものがあります。
ちなみにこの巻ではプロジェクト内でもちょっと珍しく未来麿が教師に強姦されかける展開があったりとそういう層を意識してるような描写もあり。
このプロジェクトが終結してから原作著者はセイントビースト等に関わっていくことになるので、乙女系作品の他方面メディアミックス作品の原点に触れてみようという方はまずはここから初めてみては?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ