執事×オレ様坊ちゃまの下克上愛「お前を抱きたい」告白に執事は!?

爛熟果実

rnjuku kajitsu

爛熟果実
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
21
評価数
8件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人uno!(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784812484203

あらすじ

貴方の事を愛してやまない貴方だけの執事、この岡崎がとびっきりの愛を捧げましょう

執事の岡崎は、子どもの頃から手塩にかけて大切にお育てし、完璧な美貌、帝王の風格にお育ちになった坊ちゃまからの「お前を抱きたい」告白に悩んでいた。愛してやまない坊ちゃまに自分ができることは……!? オレ様受、まさかの下克上LOVE!!

表題作爛熟果実

執事 岡崎
売れっ子モデル 星川雅人

同時収録作品離れは淫靡なもてなし処

大企業御曹司 大津 25歳
旅館の息子で旦那見習い 智之 25歳

同時収録作品陥落アロマ

船舶代理店勤務 永井誠
ドラッグストア店員 澤村

同時収録作品すれ違い周波数

同じ大学の幼なじみ 松田敬介
大学生 相沢直人

同時収録作品捕食された研究者

バイトの発掘作業員
教授 宮瀬

その他の収録作品

  • 爛熟果実~果実がなる頃~(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:イラスト

評価・レビューする

レビュー投稿数3

甘い下克上

執事と主の下克上的な内容ですが、どこまでも甘い下克上でした。
代々星川家に仕えてきた岡崎のたった一人の主は人気モデルでイチゴが好きな雅人。
雅人都の為に年中大好きなイチゴを切らさない執事の岡崎なのですが、
大人になって独り立ちして本家とは違う一軒家に二人で暮らすようになって
その時から主の雅人に岡崎はお前を抱きたいと言われ続ける。

でもこの岡崎さん、あんまり本気にしていない感じで、困った主だくらいの感覚。
それなのに、主大好きで、密かな趣味は主の写真や雑誌をスクラップしていたりする。
女性との絡みの写真を見ては大きくなったものだと感慨深げなのに、
同じモデルの男性と共に写った姿を見て、訳も云わずに暇乞いをする岡崎。

結局は女性には嫉妬しなかったけれど、男には殺意すら湧くほど嫉妬したから
モデルの雅人を応援できないと落ち込み逃げ出したと言う展開。
そして雅人はそんな岡崎を探し当てその気持ちを知って、再び抱かせろ~~
このまま抱かれるのかと思ったら主にフェラなんかさせられないと自分がし始め
結局は下克上的に主を抱く展開になる流れでした。
無自覚の下克上と続きはこんな感じかもと思わせるギャップ萌えも含んでる作品でした。

2

ギャップ萌え

表紙絵のセピアに一色ある苺の赤が印象的。
しかし帯の「やや変態度の高い坊ちゃんマニアな私を知っても本当に可愛がってくださいますか?」と面白さを予感させるコピーに期待。
見てみると、表紙のイメージと中の白黒絵とのギャップが。
新しい順で掲載されていて、絵も変化していっています。
新しい作品ほどに絵柄の不安定さを感じるので、きっと変化していってる途中だと思います。
掲載されている作品は、どれもいいものがあるので、これで絵の魅力が上がったらもっと”魅せる”という部分で魅力が増していくのではないでしょうか?(上からですみません!)

【爛熟果実】
坊ちゃん一筋の執事が、その成長を楽しみにして温かい目で見ていたのに、ある日突然休暇を下さいと出て行ってしまう。
一体どうして?
坊ちゃんが見つけたのは、苺農家で働く執事・・・

坊ちゃんが執事に「そろそろ俺に抱かれる気になったか」などとアピールしているのに、平然と断っていても、実は坊ちゃんラブv
大好きな苺を年中旬の場所から取り寄せて差し出すそのこだわりは、執事の坊ちゃんコレクションまで健気さを見せる。
部屋に貼られたポス続きター(坊ちゃんはモデルもしてる)
そして日課のスクラップ作りをしているんだけど、アルバムがデコってる(爆笑)
最近女性との絡みが増えたなーと思っても、大人になったんだとほほえましかったのに一体何を突然!?

この坊ちゃんの不遜でいて、実は子供の頃から変わらない執事への愛情のギャップもあれば、
執事が思わずヘタレというか純情だった部分、なのにエロスイッチ入ったギャップ。
しかも、坊ちゃんが抱かせろー!って言ってたのに、執事が抱いちゃったw
この「シレっと」なされる二人のやり取りが、愉快だったのです。

【離れは淫靡なもてなし処】
旦那見習い中の主人公のいる老舗旅館に、やってきたのは父親の代からお世話になっている大企業の御曹司。
主人公と同じ歳なのに、堂々として会社の常務ですごすぎて住む世界が違うと思っていた。
ところがやってきたこの常務、女性を二人連れてきてチャラかったのに、突然主人公が気に入ったといって女性を放り出して、主人公を構ってくる。
接点のない世界の二人だけど、それぞれに良いところを見つけて惹かれるものがあってという、「出会い」を描いた作品なのかな?と思う。

【陥落アロマー】
主人公が働くドラッグストアで試臭の匂いを嗅いでる怪しい人がいたのだが、その彼が主人公の匂いを嗅いで「付き合って下さい!」の手紙をよこす。
臭いフェチの変態と思ってすげなく断るが、彼が店に来なくなってから主人公は何となく調子が悪くて・・・
このお話、匂いこだわりの登場人物は面白いので、くっついて終わりじゃなくてその先のちょっとしたコネタっぽい話もあったらもっと楽しかったかも?って思わなくもない。

【すれ違い周波数】
高校卒業の時に告白されて振ってしまった友人と、大学に入ってもいつも顔を見るのできまずい思いをしている主人公。
それはどうしてか自分で一番よく解っている。
高校時代いつも採用されなかったラジオの投稿へ彼への想いをしたためると、それを彼が聞いていて・・・
メールやwebが当たり前の時代に、ラジオの投稿ってすごく懐かしい、そしてちょっとキュンとさせるものがあります。

【捕食された研究者】
発掘をしている考古学者だが、学内の派閥争いに巻き込まれるのにうんざりしている。
そんな時、発掘バイトに来ている青年とバーで出会って、酔っぱらった学者はお持ち帰りされて喰われてしまったようだ。
このバイト青年は実はこの学者に憧れていて、という希望が叶う話であり、学者はもう一人の自分を見つけたような、そんなお話になるのかもしれない。


短編なので、ラストがすぐエッチというのは仕方ないが、そんなに早急感は感じない。
絵は不安定だけど、どの作品も登場人物の似かよりもなくそれぞれの特徴にバラエティがあるので、これで絵がもっとよくなったら先が楽しみな作家さんだと思います。

1

表題作がもっと読みたかった!

オレ様坊ちゃんと変態執事?
どっちが攻なの??と興味津々で手にとってみました☆

◆【爛熟果実】【爛熟果実~果実がなる頃~】
坊ちゃん・雅人に仕える執事・岡崎。
売れっ子モデルに成長した雅人に「抱かせろ」と言われるたびクールにお断りしてきたが、ある日自分の気持ちに気づいてしまい…。

岡崎は変態というより、とにかく坊ちゃん命。
初めて会った日に、子供だった雅人が喜んでくれたイチゴを今も丹精込めて育て、坊ちゃんの成長記録をつけるアルバムも手作りのイチゴデコw
主人に惚れるなんて執事失格だ~!と転職した先もイチゴ農家です(すぐ連れ戻されるけどw)
くっつくまでは、執事の立場を弁えポーカーフェイスだったのが、描き下ろしでは坊ちゃん愛ダダ漏れでニッコニコしてるのが可愛い☆
絡みでは、雅人様にそんなこと(フェラ)させられません!との名目で自分が攻に回るのですが…絶対ノリノリだよね??

雅人は、坊ちゃんらしく態度はデカいんだけど
「大好きだぞ」とか、ストレートな愛情表現が可愛いな~
岡崎がその気になるまで襲わなかったのもエライ☆
(その辛抱強さが仇となって受側に?続きw)
「抱かせろ」と迫るのになぜか組み敷かれ、
岡崎の男っぽい一面にドキドキしてるギャップがいいです。
くっついた後のツンデレぶりもツボ♪

二人ともいいキャラなのに、たった2話しかないのが惜しいな~
描き下ろし(イチゴを口移し☆)のようなラブい話をもっと読みたかったです!

◆【離れは淫靡なもてなし処】
大企業の御曹司×旅館の息子
旅館に泊まった御曹司は、同い年の男が跡取りとして頑張る姿を見て、正面から仕事に向き合おうと決意する。
超スピーディーに両想いになるのが「ええ~?」って感じですが、良い話でした。
温泉でのイチャイチャも甘くてよかった♪

◆【陥落アロマ】
ドラッグストアで働く主人公。
会社員風の客に「あなたの匂いに惚れた」的なラブレターをもらい…。
シャイでムッツリな攻のキャラが良かったです。
ベットベトな手を舐める顔がやらしいv

◆【すれ違い周波数】
高校卒業式で告白してきた幼馴染をフッたけど
やっぱり気になって…という大学生同士の話。
ラジオを通じての両思い展開がドラマティックでした。

◆【捕食された研究者】
バイトの発掘作業員×教授
化石をタテに教授を襲うオレ様攻が、ラストで大人に憧れる少年の一面を見せるのが萌えポイントですねv


どの話も
攻がキレイ系の外見なのに、
中身はやんちゃ系だったり変態だったり~なギャップが結構ツボ☆
ただ…如何せん尺不足?
両思いになるのが早すぎ&両思いになった途端終了で
ちょ~っと消化不良なのが惜しい感じです。
麗人uno!は毎回お題があるから仕方ないのかな~
次回作はもうちょっと長めの話も読んでみたいです☆

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ