デビルズハニー

devil's honey

恶魔甜心

デビルズハニー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

281

レビュー数
2
得点
59
評価数
14件
平均
4.2 / 5
神率
50%
著者
作品演出・監督
小泉紀介
音楽
武本遥
脚本
外原祥子
原画・イラスト
夏目イサク
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

生徒に人気の体育教師・菅谷が命じられたのは、ヤンキー集団のリーダー格・吉野を監視すること。
ところが実際の彼は、とっても素直で菅谷に好意的♥
キラキラまぶしい吉野に急速に惹かれていく菅谷は、思わず手が出てキスもしちゃって…!? 最強の小悪魔、現る!!

表題作 デビルズハニー

菅谷俊光 → 羽多野渉

吉野巽 → 吉野裕行

その他キャラ
吉野実[下野紘]/ 瀬戸大貴[安元洋貴]/ 相馬[ 高中宏之]/ 登坂[菅原雅芳]/ 上松[木島隆一]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

吉野さんの吉野(役)がメチャいい!!

原作は既読ですが、実はすごく好きというほどでもなく…、
いまいちキャラの魅力がコミックだけでは、わたしには届いていなかったのですが、
こちらのドラマCDを聴いて、やっとズキュン☆ときましたーー!!

エロいの聴きたいなぁ~という時向きのCDではないですが、
コミカルなCDで楽しい気分になりたいなぁ~という時にはかなりオススメです♪


なんと言っても、
受けの吉野兄役の吉野さんが、すごくすごくよかったです~~~
吉野さんのヤンキー役は他にも聴いたことがありますが、
もうもうダントツでこれが好き♡

真っ直ぐで強くて格好よく、だけどかなり可愛くて、
性格いいのに天然小悪魔~そんな活き活きとした吉野にわたしの心はわしづかみ~
これは攻めの菅谷先生も恋に落ちちゃうよーー男の子でも生徒でも!w

ビシッと潔いセリフで男前なところを見せていたかと思えば、
「おまたへー」とか「~~だもんよー」とか、自然体のゆる~いセリフ。
そういうギャップも堪らなかったし、
中学生時代の尖ってる時の生意気な演技もすごくよかったし、
先生の元カノに嫉妬して余裕を持てないとこ続きろなんて、かなり激カワでしたーーー!!

そんな吉野が惚れる菅谷先生も、
基本はちょっとヘタレ気味だけど、吉野を叱りつけた時の気迫はなかなかの男前。
結構ノリノリのウサギ―マンも可笑しかったですよw
ヘタレ気味で相手に翻弄される普通っぽい人の役、羽多野さんは本当にお上手ですね♪


それから、このCDのとても好きだな~と思ったところは、
どの脇キャラもすごくハマっていて、みんなで作品を盛り上げている!!
って感じなところ。

ジンジャーハニーのふたり、吉野の親友の瀬戸や吉野弟はもちろん、
イジワルな先生方も、吉野兄にゾッコンの後輩くんたちも、
吉野にやられるヤンキーも、ちょっと軽めな保険医も、
吉野母の店のオカマっぽい常連のお客さんたちも、ほんとはまだまだいるんだけど、
そういうみんなでテンポよく、すごく楽しくこのCDは作り上げられていました。

吉野兄の念願叶っての初めてのエッチも、男前と可愛さが炸裂!
慣れてない喘ぎ声が、いつもより一層かすれてる感じで、よかった~~


かなり好みで、もうずいぶん繰り返し聴いてるくらいなんで、迷わず神CDで☆

4

久しぶりすぎて

ネタバレ有りです


チャプターは5つ
1話、2と3話、4話、5話、それから…の構成
ドラマCD購入を封印していた私。
吉野さんの声が、無性に聴きたくなり、ついに購入。買ってよかった~。
原作も同時に購入。この作者さんの作品。よく考えると初めてだと気づきました。
1回目は、CDのみ。2回目は、原作と一緒に。
BGMは、物語のほのぼのした雰囲気が出ていて、すごく聴きやすかったです。
全体的に、安定したドラマCDでした。

吉野さん演じる巽。
個人的に、吉野さんの声のイメージは、爽やかな可愛い少年~青年。
今回は、たぶんこっち方向。
ドスのきいた方向のボイスも好き。
爽やかな可愛い少年ボイスに、厚みがあって、
細マッチョらしい体格の、ヤンキー高校生の巽、そのままでした。

羽多野さん演じる俊光
羽多野さんは、アニメではよく聴いているのですが、
BLCDで、真剣に聴いたのは初めて。ごめんなさい。
聴く機会がなかったので、とても新鮮でした。
男前ボイスでした。
とにかく、心理描写の部分の声が、すごくツボ。
特に慌ててる部分。
2回目はニヤニヤ続きしながら楽しめました。
原作でいう、111~112ページの声は、聴きどころかもしれませんが、特に萌えました。

安元さん演じる大貴
1回目は物語を知らず、不意打ちで、きたので思わず笑いかけ。
個人的に、先生に対する声は、ドスはきいてませんが、低めの声。
巽に対する声は、少しだけその声がやさしくなり、
高校生らしい若さを感じさせる声でした。
低音ボイスキャラからたまに出る、
(そういえばちょっとちがうなぁぐらい)ほんの少し高めになる声が、すごく好き。
アニメでは、戦闘中にたまにありますよね。
相手によって違う声。やっぱり声優さんは、すごいなぁ。

下野さん演じる実
個人的に、いつもの下野さんでした。
少し神経質な感じもするキャラにぴったりでした。

エロが少なめの作品ですが、その分、濡れ場のボイスがより濃厚に感じました。
キスシーンは、個人的に、予想以上にリアルな感じの部分も。
が、体育教師とヤンキー。どちらも体力有り余ってそうな男性なので、
最終的に違和感なく堪能。
自慰や濡れ場は、吉野さんの声に、もちろん萌えて。
待ってました、その声。すいません。
短いシーンなのに、とっても楽しめました。
コミックより、少し長めな感じがしました。

キャストトークはありませんが、本編は満足。 神になりました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ