妓楼の軍人

girou no gunjin

妓楼の軍人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神53
  • 萌×29
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない6

64

レビュー数
8
得点
308
評価数
71件
平均
4.4 / 5
神率
74.6%
著者
イラスト
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
ナカシマヤスヒロ
脚本
久礼野ハジカ
原画・イラスト
笠井あゆみ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Ginger Records
収録時間
156 分
枚数
2 枚
ふろく
アニメイト:フリートークCD / コミコミスタジオ:犬飼のの先生書き下ろし小冊子
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

大和が藍華帝国の特別行政区となって30年。 両親を藍華帝国によって惨殺された主人公・月里蓮は復讐心を胸に秘めつつも、 病弱な妹の幸せを願い、帝国の元帥・李月龍の愛妾として屈辱の日々を耐えていた。 そんな毎日の中で出会った帝国軍のナンバー2・藍芙輝。 知的で鷹揚な芙輝と清廉でストイックな月里は、互いに惹かれあい、純粋な愛情を育てていく。 だが、李月龍を裏切ることは妹の幸せを壊すことになる……。 犬飼のの作「妓楼の軍人」が待望のドラマCD!

表題作 妓楼の軍人

藍芙輝 → 平川大輔

月里蓮 → 斉藤壮馬

その他キャラ
李月龍[成田剣]/ 桂木セラ[代永翼]/ 藍王瑠[中博史]/ 篠崎賢吾[阿部大樹]/ マダム[烏丸祐一]/ シン[河西健吾]/ 月里舞[藤田茜]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

2人が本当に愛しかったです

斉藤壮馬さんの受けボイスが聴きたくて、説明もあまり読まず手にとってしまったのですが、2枚組と思いの外長くてちょっと予想外でした。ですが、その分中身が詰まっているのを感じました!
現実世界と非現実世界が入り混じった世界なので導入部の説明はなんとなくで理解してたのですが聴いてるうちに最初よりも理解していったように思います。
1番泣きそうになってしまったのは、BLシーンではなく受けの妹の死でした。あんなに辛い思いをしてまで妹を悲運から救っていたのにそんな大事な妹の死に目に会えないなんてそんな辛いことがあって良いのだろうかと思うほどです…
最終的には攻めと両想いで結ばれてハッピーエンドにはなったのですが、王族や貴族というお話なので昼ドラよりもドロドロな過去はなんとも言えない感じでしたw
でも、2人のラブシーンには興奮させられっぱなしでしたね!2人の息遣いもしっとりしてて聴いててドキドキでした。
斉藤さんの嫌がる演技が可愛らしくて個人的にたまんなかったです〜(o^^o)
他にも斉藤さんの演技は巧みで驚かされました!
BGMの中華風な曲も優しく美しく素敵でした!BGMだけで欲しいと思続きったくらいです。

2

独特の世界観の美しさと声優さんの演技力が光る作品

架空の世界のお話で耳慣れない言葉も出てきますが、設定の面白さもあり2枚組でもダレないストーリー展開がとても丁寧に作られていると感じました。これはキャストの皆さんの聞かせる演技力が素晴らしかったのも要因だと思います。雅なBGMも美しいです。

斉藤壮馬さんをこの作品で初めて知ったのですが、ファンになりました。声質が月里にとても合っていたと思います。泣く、愛を語る、素で驚く、など月里は様々な顔を見せてくれましたが、私の中の一番は、声を震わせて芙輝に想いを告げる場面です。聴いているだけでこちらの心も震えました。

個人的にはフリートークCDが好きです。4人でわいわいお喋りしてて楽しかったです。もっと聞いていたかったな。

2

耽美な世界観に浸れます

BLのドラマCDというのは生々しさがあるのでは…という懸念と、世界観を壊されてしまうのでは…という勝手な抵抗があり今まで敬遠していたのですが、原作がとても好きでwebCMを聞いて、その美しさに惹かれて初めて手にしたBLCDです。
結果、聞いて本当に良かったと思える作品でした!

主人公を演じる斉藤さんの声の上品さは役にピッタリだったと思います。ツンツンとしたようなところもあると思えば、可愛らしい様子もあり、どんなシーンでもブレることなく月里蓮だと感じました。BGMとなっていた音楽も世界観にピッタリで、本当に素敵です。
芙輝役の平川さんも、長台詞のシーンでも気が逸れることなく耳に留まる、艶のある素敵な声でした。蓮に話し掛ける時の語尾が上がる様子が可愛らしく、ふと口元が緩みます。

私は濡れ場が苦手で、この主人公二人のラブシーンは恥ずかしくて抵抗があったのですが、成田さん&代永さんからのお仕置きシーンの雰囲気は大好きです(笑)辱めにあう斉藤さんの可愛らしさは堪りません。
このシーン以外でも、個人的には代永さんの演技が今作の中では一番気に入っています。月里とは正反対をいくような続き、歪んでるとも言える愛情の持ち方をあんなにも突き抜けた演技で表現されていて、元々お気に入りキャラであったセラがより魅力的に感じるようになりました。現れた瞬間に空気を一瞬で変えてしまうような、強い存在感のある声だと思います。

原作が好きであるが故に、実際の声でそれらを言われることに懸念があったのですが、それは全て良い方向へと裏切られました。
可憐な月里の独白も、セラの歪んだ愛情宣言も、あまりに脳に鮮烈に残る素晴らしい演技でした。

二枚組という長いストーリーであるにも関わらず、最初から最後まで飽きることなく楽しめた、とても美しい作品です。

3

今年度BLCDベスト3に入る出来

ムードたっぷりのBGMと壮馬さんの低音硬質なナレーションで始まる。
この丁寧に作り込んできた感じに「これは良いドラマCDだ」と胸が高鳴る。
平川さんのタイトルコールの荘厳がそれを後押しする。

固有名詞や設定が独特なので、原作未読だと耳で聴いているだけでは漢字の浮かばない単語が多いのでは?
ドラマCDとしてはよくまとまっていますが、そういう意味で原作は読んだほうがわかりやすいと思う。

平川さんも壮馬さんも低音で軍人らしく、予想より男っぽい。
硬派で華美な世界観にピッタリ。

脚本の取捨選択が大胆で、説明台詞は少量に、サクサク話は進んでいく。

代永さんまでもが低音で男っぽい!
それで黒代永、しかも代永×壮馬。
強気で婀娜っぽい代永攻め、絶品です!

続く、蓮に感情を爆発させて捲し立てる場面の迫力に圧倒された。
こんなに声を荒げて詰める苛烈な代永さんは初めて聴いた。
ここだけでこのCDの価値はあります。

更に続く、道場外で話すシーンの壮馬さんの涙声につられて涙ぐむ…。
本心を押し殺して、涙声になりながらもへりくだり、上官に失礼のないように…と続き健気に話すいじらしさや泣き笑いの表情まで完璧に浮かぶ。
線の細い方特有の、神経剥き出しの声に惹かれる。

壮馬さんの濡れ場は、細い声ではあはあ言うのが儚くてきれい。
控えめな表現だけど、犯され感が劣情を煽るし、じっと耐える切なさが可愛い。
熱い吐息や切羽詰まっている感じは伝わってくるので、臨場感もある。

妓楼での濡れ場の後で泣くシーンの自然なことよ…。
声を殺した嗚咽。
暗殺で戦うシーンは迫力があるし、負傷した声も、惨状を訴える怒気と無念を孕んだ声も、壮馬さんは上手い。

また出てくださいね。
もう御祝儀買いではなく、その演技が聴きたくて買いますよ。
平川さんや代永さんと並んでも霞まない壮馬さんを讃えたい。
だからBLCDは面白い。先輩との一騎打ち。
台本を読んで泣いたと話されていたので、今後も内容のある作品への出演を願う。

言葉の捉え方の違いが発覚するシーンは、急にコミカルになり、
私はそこだけ浮いているように感じたが、フリトでは「そこがよかった」という話をしていたので、
これは解釈の違いでしょうね。

今年度BLCDベスト3に入る出来。とても楽しめた。

フリトも4人で和やかでよかったですね。
せっかく作品の話を自主的に沢山していて、演者もノッているのがわかるので、
テーマトークではなく作品に関する話がもっと聴きたかった。

壮馬さんは何故冒頭から「絶頂を迎え~」とブッ込んだのか不明すぎて愛しい。
「皆さんに温かくリードして頂いて」「沢山の絶頂を迎えさせて頂きまして」
何度聴いても面白い。
壮馬さんは神谷さんばりに「させて頂く」を連発するが…
「絶頂を迎えさせて頂く」はBLCDフリト史上稀に聴く迷言だわ。
ともかく楽しんでいるということですし、ひたすら可愛いよ…。

その後も「ここにいる全員に攻められた。すっごい気持ちよかった」
成田さんに可愛かったと言われて「今ので3ヶ月は元気に生きていける」など、
とてもBL向きな方だとお見受けしますので、今後も楽しみにしていますね!

13

余すところなく全部聴き所

キャスト目当てで購入したのですが、久しぶりに心に残る名作に出逢えて幸せです!
ファンタジーな展開にお耽美的な萌え要素をこれほど沢山詰め込んでいるのに、緻密な世界観設定の土台が破綻せずにしっかりしているおかげで、ストーリーやキャラクターの行動に全く違和感がありませんでした。
二人が心の距離をゆっくりと縮め、お互いに共鳴し合って恋に堕ちていく過程が丁寧に描かれていて、自然と引き込まれてしまいます。
演出や音楽の魅せ方はもちろん、何と言っても声優陣の表現力に圧倒されました。
斉藤壮馬くんの演技は聴くたびにどんどん洗練され磨かれていって、本当に末恐ろしい子だなと…!
揺れ動く心情を切々と語るモノローグ、胸に突き刺さるような泣き声、戦闘時の迫力満点な叫び…色んな魅力が山ほど詰まっています。
個人的に一番印象に残っている「耐えなくて、頑張らなくて、どうしてこんなことができる…」の独白が切なすぎて、心を鷲掴みにされました。
濡れ場のか細い吐息が素晴らしく官能的で、まるで秘められた蕾が慎ましく綻ぶかのような、儚げで綺麗な演技。
元帥に身体検査をされるシーンの、恥辱と快楽に耐えながらも零続きれてしまう声が嗜虐心をそそります。
初夜で愛撫に蕩けて身を委ねる時の声も、誤解が氷解した後の濡れ場で甘くおねだりする声も、エロくて可愛くて最高でした。
平川大輔さんの低めな声はあいかわらず格好良くて色っぽかったです。
冷静沈着な大人の男の魅力と、恋焦がれて切羽詰っている気持ちと、好色でお茶目な所を見せる可愛さのバランスが絶妙でした。
情熱的で一途な想いを注ぎ、優雅で気品が溢れる演技は芙輝様そのもので、特にラストで生い立ちの謎が明かされた瞬間、なるほど…!とキャスティングに感心しました。
二枚組で少し高いかもしれませんが、本当にそれ以上に聴き応えと満足感があると断言できる一作。
音声だけなのにまるで映画を観ているような錯覚に陥る程の臨場感があって、余すところなく全部聴き所です!

11

魅了されました

原作は未読ですが、キャストさんと設定等に惹かれて購入しました。

2枚組でしたのでお値段的に購入をためらいましたが・・・
買って良かったです!!!
メイン2人の恋模様がたまりませんでした!!

お互い好きだけど中々結ばれず、設定も軍とお堅い感じだったので
これはまさかバッドエンドで終わるのではとヒヤヒヤしてしまいました。

濡れ場シーンの斎藤さんの演技が圧巻でした。
平川さんは安定の素敵ボイスでドキドキさせられますが
斎藤さんのBL初聴きでしたが、本当に役にピッタリと言いますか心情が伝わってきて、聴いてて恥ずかしくなるくらいドキドキします。可愛いのです!!

終始シリアスかと思いきやのラスト辺りの勘違いは笑いました。
コミカルもあって心がほっこりしました。

ストーリーの重厚さ演者さん全てにおいて満足な内容となっておりました!何度聴いても味わいの楽しめる作品です!

12

キャストにも演出にも拍手!

原作既読です。
勿論キャストのことは語りたいのですが、
その前にまず他のことを賞賛させて下さい。
原作既読の身としては、このCDを聴いてかなりびっくりしました。
原作に忠実なことも、褒めたい一因の一つですが、
演出がとにかく良いんです! そして音楽!
この世界観がぐっと引き上げられて、良作となっています。

大和国という架空の日本的世界を中心に繰り広げられる作品ですが、
演出と音楽がこんなにも効果的に使われてるなんて思いませんでした。
これは拍手させて下さい!

   ◆◆   ◆◆   ◆◆
《CP》
帝国軍ナンバー2・芙輝 × 復讐に燃える美しい逆賊軍人・蓮

大和国が藍華帝国の統治下に入って、約30年。
藍華帝国に逆賊として処刑された両親の仇を討つべく
軍人でありながら、復讐心に燃える美しい青年・蓮。
しかし、蓮は、抱かれてはいないものの帝国の元帥・李月龍の愛妾として
日々を暮らしていました。
そこで、帝国軍ナンバー2・芙輝と出会い、
愛妾として、決して許されない愛と知りながら
お互い惹かれ合ってしまいます。


まず、芙輝役の続き平川大輔さん。
「受け」という印象が強い平川さんですが、全くそれを感じさせません!
知的で柔らかい物腰の芙輝がぴったりはまってます。
蓮に対する声音には、愛しさが溢れているようで、
聴き惚れてしまいます。
落ち着いた大人の芙輝がぴったりでした。
第一声から、「あ、これは芙輝だな」と思わせる声音です。
蓮に愛を囁く場面がいくつも出てくるのですが、
聴いているこっちが緊張して、恥ずかしくなってしまうほどです…////

次に蓮役の斉藤壮馬さん。
この方の声も、蓮にしっくりきました。第一声からピッタリです。
美しく、気高く、そして復讐心を抱いている役どころ。
エッチシーンとしては、
・成田剣さんの李月龍
・代永翼さんの桂木セラ
とも、かかわり合いがあるのですが、どっちもエロい!
処女なので、初々しさが全面に現れている感じです。
でも、やっぱり気持ちの通じている芙輝役の平川大輔さんとの絡みが
一番素敵でした。
「この人こそ、私の唯一愛しい人」として演じているのが分かって、
とってもうっとりしました。

脇役として、蓮に関わる人が、
成田剣さんの李月龍と、代永翼さんの桂木セラがいるわけですが、
この2人の恋路も見逃せません。
特に代永翼さんの桂木セラがどれほど、李月龍に心惹かれているかを
吐露する場面は、胸がギュッとなるほどです。
代永さんの迫真に迫る演技でした。


やはり語りたいのは、平川さんと斉藤さんのエッチシーンの声!(><)
2回エッチシーンが出てきます。
1回目は、蓮役の斉藤さんが「駄目です、駄目です……!」と
言いながらも、芙輝役の平川さんが押し切ってしまい、
挿入まで至ってしまうというシーン。
蓮は、明日には死ぬという覚悟を秘めてのシーンだったので、
蓮の気持ちを考えても遣る瀬無い……それが声音まで
現れている場面だったと思います。

2回目は、全てのゴタゴタが終わった後の甘々エッチシーン。
でも、2人とも重症を負っているのに、大丈夫か……?と
心配になる場面でもあります。
蓮は肋骨を骨折しており、芙輝は片腕を骨折……痛そう!!
でも、2人がやっと気持ちの全てをぶつけ、
両想いとなったあまあまのシーンで、聴いてて心が幸せになります。
そして、エロい!
2人とも喘ぎ声がエロい上に、SEまで加わって、
もうたまりませーん!(笑)
斉藤さんは、まだ絡みが多い方ではないと思いますが、
それでも、受けの喘ぎとしては、とっても素敵です♪

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

156分という長丁場、キャストの皆様お疲れ様でした!
大ボリュームで、ひとつの映画をみたような昂揚感で、
聴き終わりました。

期待を裏切らない出来で、満足しています。

14

キャスト陣の気合を感じさせる名作!

声優の皆様の演技が凄すぎて世界観にすんなり引き込まれてしまいました。
主人公の斉藤壮馬さんの演技は新人とは思えない安定感があって声もひんやりとしてて上品で綺麗!基本は堅い感じの凛々しい低音ですが、恋に落ちていくにつれて好きな人の前で乙女のように柔らかくなっていく声の可愛さたるや・・・
平川さんの温かみと包容力のある低音は一途で情熱的な芙輝のイメージにぴったりで優雅さの中強引でスケベな一面もあってとても素晴らしかったです。
インパクトの強いジャケット表紙にもかかわらず中身はプラトニックな純愛ストーリー。エロシーンは主人公が脇役との絡みを含め4回。
・元帥×月里
挿入未遂だったけどエロさが半端なかったです!成田さんの言葉攻めも、斉藤さんの羞恥に震えながら喘ぎ声を漏らす演技と儚げな独白も絶品でした。
・セラ×月里
短めでフェラ止まり。ブラック代永さんの低音攻め演技もなかなか貴重で素敵!
・芙輝×月里
死別を覚悟してから妓楼での甘くも切ない初回と、誤解が解けて甘々ラブラブな二回目、前半で焦らされた分バリエーションがあって濃厚でした。
平川さんの掠れ気味の甘い囁きがすごく色っ続きぽかったです。斉藤さんの喘ぎ演技は吐息多めな奥ゆかしい感じだけど、清楚可憐な乙女かと思いきや、可愛くおねだりする時所々かすかな妖艶さが滲み出て予想以上の破壊力!初回で69の体勢でお互い舐め合うシーンで斉藤さんのお口奉仕演技に是非注目を(笑) 個人的に斉藤さんの可愛い声でもっと派手な喘ぎ方も聴いてみたいです。
展開に色々ツッコミどころが多いですが、話自体が凄く面白くてエロ要素の満足度も高く3時間近くの長さを感じさせない程のクオリティでした。

21

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ