妓楼の軍人

girou no gunjin

妓楼の軍人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神59
  • 萌×226
  • 萌20
  • 中立7
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
17
得点
466
評価数
118
平均
4.1 / 5
神率
50%
著者
犬飼のの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344833777

あらすじ

美しい笛の音に誘われ芙輝と出会った蓮。元帥にすべてを捧げないといけない親衛隊隊員なのに芙輝に惹かれる気持ちが止められず……。

表題作妓楼の軍人

藍芙輝,帝国軍大将,28歳
月里蓮,親衛隊正隊員,24歳

その他の収録作品

  • 蜜月旅情
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

純愛肉食攻め最高

大好きな作家さんの作品ですが、表紙が凄いので驚きました。
あらすじと表紙で、凄くアダルトな物を想像しました。
実際には攻めの芙輝と受けの蓮の純愛物で、軍服・長袍・愛人契約などの萌え設定の中に、二人の切ない恋と、二人の家族愛などの感動が詰まっています。
攻めの芙輝様が、性格の良い上品な人なのに、とっても助平で肉食で最高でした。

以下、ネタバレです。
妓楼物なのに攻めとしか寝ないとかいう設定は、あまり好きでは無いですが、このお話は主人公の蓮が妓楼に居る理由が、スパイを炙り出す為の特殊任務だった為、違和感無く貞操を守る設定を受け入れられました。
男妾なのに処女という設定ですが、ヤンデレ美人の上司の存在で納得行くので、攻めとしかエッチしないBLが良いライトな読者の事を、よく考えてるんだと思いました。同人時代の犬飼さんは凌辱物とか書いていたので、商業作品は大人しくてちょっぴり寂しい所もありますが、この作品ではこれで良かったと思えました。主人公の処女設定がご都合主義にならずに、きちんと説得力があって、やっぱり上手ですね。

最後に判明する攻めの設定と過去が、珍しい物だと思います。
国や身分違いの所為で起こった勘違いとか擦れ違いも切ないです。
でも解決する時は可愛くて笑えたりもして、全体的に緊張感のあるエロティックな作品なのに、読後は凄く幸せな気分になれました。
犬飼さんは悲惨な設定でも最後はハッピーエンドにしてくれるから、凄く好きです。

イラストの笠井あゆみ先生も大好きなので、満足度の高い作品でした。

13

健気受けが好きな人に推したい

表紙も設定もエロも凄くイイ!!私は大好きです!!

まず、「妓楼の軍人」というタイトルから…
同人3大パロは軍パロ・遊郭パロ・学パロと言いますが(多分)
そのうち2つが入っています。
軍人でありながら、特殊任務で男娼になる。
はあ。なんと美味しい設定でしょうか?!

時代設定は電子機器から察するに現代とさほど変わらないと思いますが、
どことなく高貴な時代物のような雰囲気があります。
作中人物の思想や言葉遣いが、そう思わせる一定の品があります。

エロも、軍ものなので主従あり、身体検査あり、
攻めさんとは、本心を押し殺した切ない廓での初回、氷解してラブラブな2回目とバリエーションの面でも内容的にも楽しめました。
健気受けが好きな人に推したいです。

最後の種明かしで攻めが急に喋りだします。
それまでは必要なことも言葉を選んで寡黙な印象の攻めでしたが、ここは非常に長台詞です。
これはCD化の際に聴いていてしんどいパターン。
こういう終盤で一気に喋らせて解決に持っていく構成は興醒めしがちですが、
それを差し引いても、作者の熱量を感じる作品でした。

7

これは秀逸なBL小説。

これは、本当に秀逸なBL作品。
軍の親衛隊という萌え設定、白い軍服に膝丈の軍靴、その美しい容姿だけで無く、主人公が妹を護るために自分の心を殺して親衛隊の一員(愛妾)となり、元帥に仕えるというストーリーは、彼を取り巻くその背景も含み、とても興味深い作品でした。
この作品の秀逸さは、どんなに主人公を貶める設定に置いたとしても、そう読者にハラハラ思わせながら、きちんと裏の設定で救済措置を用意してくれているという事ーーー

ああ、やっぱり来てくれたーーーこの安堵は、幸福感以外にありません。
その書き方に、思わず、巧いなあ!と、口元がニヤケました。

こういう作品の中には、どうしても避けられない辛い性交渉が存在し、結果、自分もパートナーも裏切る結果を強いられるものが、時々あります。
それは、物語の深みを産むために必要な要素の一つなのかも知れませんが、やはり、哀しい。
やっぱり、主人公には好きな人と結ばれて欲しい。

好きになってはいけない人、だけど、恋してしまった。
その一途な気持ちが、読んでいて本当に心地よい作品でした。

5

攻めがカッコイイ!

軍隊、愛人、遊郭など独特の世界観を感じる作品です。攻めの正体のオチが少し無理があるかな~?という感じでしたが、全体的に醸し出す雰囲気と内容がマッチしていてとてもよかったです。
個人的には攻めがとても好みでした。凛々しい長髪イケメンで頭が良くて、体格もがっちり系、、ああ素晴らしい攻めでした。
受けは儚げな感じが美しさに拍車をかけていて、笠井さんのイラストもぴったりでした。白い軍服とか!愛人なのに軍服!しかも白ですよ!すごい趣味ですよ!
しかし、こんだけ一途に思われて蓮は幸せものですよ。なのに途中遠ざけるのは歯がゆい~感じがしましたが、最後は納まる所に納まったので読み終わってもスッキリしました。

4

健気な蓮の様子に心打たれます

背景や人物に特殊な世界観があるものの、恋愛要素だけを見詰めてみると、とても王道的なBL作品のような気がします。それも、特別綺麗で切ない。
恋が始まる入口さえも、とても可憐で控えめで美しく、その後関係が近付いていっても、上司に忠誠を立てて身を守る様子や、攻めの(後には勘違いだと判明しますが)素性を知った後に身を引こうとする様子、結ばれた後も人知れず涙を流す姿、その全てが好みで最後を迎えるまで、どうか幸せになってほしいとばかり思っていました。
そんな健気な受けを裏切ることなく、情熱的で真っ直ぐに愛情を注ぐ攻めも好感度が高いです。受けが一番引っ掛かっていた事柄への種明かしは正直予想がついてしまっていたものの、それの説明の仕方は王道かもしれませんが素敵です。
また、受けへの嫌がらせをしてくる先輩も、少し歪んではいますが自分の想い人への強い愛を示していて、憎めない存在かなと私は思えます。
設定上、目を背けたくなるような残虐性を感じる部分はあるのですが、それを背負った受けへと(もしかしたら嫌味かもしれませんが)終盤に言葉を投げ掛ける男娼の子のお陰で、最後には重くなりすぎず、良い意味で中和された気がします。
色々な愛情が表現され、途中で凍り付くような展開はあるものの、最後にはキチンとハッピーエンドとして収まってくれる安心して読める作品です。

4

耐えに耐えて、乗り切った!

笠井先生たどりでこの本に到達。
この表紙なんでエロさ満点なのかと思い込み、そんなに力まず読み始めましたが。

あーらびっくり、シリアス、きゅんきゅんものじゃん!
私は ぐおんぐおん 引き込まれて止まらなかった!
今回はっきりわかったのは
「追い詰められて、今にも「ぽきっ」と折れそうな受け」に
私はめろめろになる ということ。

耐えて耐えて耐えて、最後に爆発し
そして万が一散ってしまったら号泣。
万が一奇跡の大逆転、満塁サヨナラホームラン的な展開になったら、それまた
喜びの涙という、どちらに転んでも、読んでる方にしてみたら
たまらん展開なのが大好き!

今回の攻めさんの正体、設定には うおう、そう来たか。という気が激しくしますが
実際、宮廷の生存競争は激しいものがあるであろうと思いますし、
許容範囲でした。
受けさんにかなり気持ちが入り込んでしまったので
とにかく受けさんが幸せになってくれるなら なんでもいい!という気持ちが
強かったかも。
愛してますの一言を繰り返し言う受けさんの様子を読んで
こういう 「胸が痛む「愛してます」」っていうのがたまらないんだわと実感。
受けさんが愛人(アイレン)になれて、ほんとよかったです。

しかし、ドツボだったわ。面白かったー
(ああ、また受け攻め一部間違えてしまった。すいません訂正)

4

どんどん引き込まれていった


最初歴史物なのかな?と思ったら特殊設定ものでちょいと引いたが、読むほどに引き込まれていった、BLは笠井あゆみ先生のイラストのものしか読んだことがないが、まだそれほど沢山読めてる訳ではないが、今のところ自分の中ではこの話のあらすじがよく練られていて波乱万丈で面白く最後まで引き込まれていった。
文章の表現も上手でキャラが動いて見えるよう。
特殊設定でなければならないことにも納得がいった。
その後ドラマCDももちろん買いました。

犬飼のの先生のファンになった一冊。

3

糖度高めの軍国ファンタジー

近隣の帝国に支配される島国大和という
近代パラレルのような設定。
言語や文化などかなり中国や日本に似ていますが
特に政治思想的なテーマはないので
気軽にファンタジーとして楽しめました。

処刑された攘夷党員の遺児で
施設育ちの大和人・蓮(受け)。
優秀な軍人ながら、逆賊遺児であることから
親衛隊隊員(元帥の男妾)の地位に甘んじている。
両親を殺した大和総督を暗殺するため、
そして離れて暮らす妹を幸せにするため、
自分のプライドや恋心を犠牲にして
職務に殉じることのできる、
とても実直でひたむきな人物です。

攻めの芙輝は、貴族出身ながらとても気さくで温厚。
悠李にベタ惚れで、どれだけ拒まれても
めげずに会いに来る姿が健気なワンコのようです。
蓮も芙輝にメロメロで、彼の前では乙女のように可愛らしいのですが、愛妾という立場上、元帥を愛していると嘘をつかなければならず…というすれ違い。


こう書くとなんだかシリアスな話のようですが
読んでみると甘さやコミカルさも。
女装して男娼になりすます蓮、
元帥を愛する美人上官による蓮イビり、
蓮と芙輝のほのぼの異文化交流など
とにかく犬飼ののさんの好きなものがこれでもかと詰め込まれたディープな世界観が楽しいです。

身持ちの固い蓮はクライマックスまで童貞ですが
元帥に尻の穴を「検査」されたり
件のヤンデレ美人にフェラされたりと
きわどいシーンは多々あり、
快楽に戸惑う蓮に大変そそられます。
芙輝とのラブシーンは前半がプラトニックだった分
タガが外れたように恥ずかしい台詞のオンパレードで
何だこのバカップルは!と卒倒する程ラブラブですv


総督と蓮との対決~クライマックスは(すごく盛り上がりますが)ちょっとご都合主義的かな。
しかし濃密でドラマティックな世界に浸ることができ
全体的には大変楽しい読書となりました。
犬飼作品は、「こういうのが好き!」という
作家の愛情と情熱がビシバシ伝わってきて
読み進めるほど引き込まれるのが魅力だと思います。

笠井あゆみさんの挿絵は、蓮が可愛すぎて
イメージとは違いましたが、いつもながら美麗でした。表紙の、受けの股間部をブリーフとキラキラベルトで隠すセンスが大好きですv

13

中華と日本が融合した近未来、独特な軍人もの。

軍服が大好きすぎるので、表紙買いでした。
なかなかセンセーショナルですね。股間部分が。
笠井あゆみ先生のイラストはどれも美しいけれど、たまに股間が気になって仕方ないです。ああ、こんな場所でそんなところを、ああ…。という妄想をかきたてる素晴らしい表紙です。ただ、それを上から下から凝視する自分は不審者以外の何者でもなさそうで辛いところです。はい。

藍華帝国とアレイア合衆国、二つの国に占領され力を失ってしまった大和の国。
蓮は大和の人間でありながら、生きるために敵国藍華の軍人として身をささげていた。
とある事件がきっかけで、妓楼で潜入捜査をしていた蓮のもとに、
かつて惹かれあった美貌の将軍、芙輝が乗り込んできてー
といった始まりです。

なかなか設定を理解するのに時間がかかりましたが、読んでいるうちにどんどん引き込まれました。冒頭から攻の芙輝が登場、その優しさや蓮への愛情がいかんなく発揮されるので、恋愛度も高かったです。
妓楼パート、軍人パートと緩急併せ持ったストーリーはすごくおもしろい!神がかってます。
萌2の理由は、蓮の…の死が軽く感じたこと。あと、芙輝の説明で謎が解明されることが多かったので、ちょっとご都合主義を感じたからかな。
とはいえ、本当にストーリーは面白いです。犬飼先生の他の作品も読みたくなりました。

1

うちの地元で激推し本

こちらの本、うちの地元のとある書店のBL小説の新刊コーナーに異常に高くそびえたつほど積まれていました。
他の新刊が5~6冊程度積んであるのに対し、こちらの作品20冊ぐらい積んでありました。
いや~、表紙の受けさんが乳首ツンの股間があぶない状態のイヤン♡な格好しているし、書店で購入するには結構勇気が要りそうなのに店員さんが強気で推してる所がいいなと思い、迷わず購入しました。

読む前に、犬飼さんなのできっと中二設定×エロエロに違いない!!
と予想していたのですが、やはり中二設定全開でした。

受け・攻めは供に軍人で、受けのほうは親衛隊(喜び組的な)に所属していて、愛妾という設定でした。しかも国自体も、大和国が藍華帝国、アレイア合衆国の支配下に置かれるというパラレル設定でさすが犬飼さん、期待をはずさない。

内容は身分違い、人種違い、勘違い。とにかくすれ違いの連続でした。
何ゆえこんなにすれ違うのか!?と思うほどなかなかくっつかない二人。
その原因は受けさんが頑な性格のタイプだから、なのでした。

何度も「はよぉ抱かれなさい!!」と思ったのですが、
なかなか体を許さない受けさんでありました。

受けさんは、本当は今すぐにでも結ばれたいのに、
意固地に自分の考えを貫いて更にあれこれ考えて、
なかなか体まで進展しないという…。
そして攻めも受けが嫌がることは決してしない、超絶男前なので手を出さない。

というわけで、エロエロは期待したほどではなかったです。
焦らされて焦らされて焦らされて…でした。
あ、一ページ目から激エロみたいなのを期待して買ったからそう感じただけですが。
でもこの焦れったいのを我慢したら、
きっとエロ場面で心臓が大爆発するんだ…
だからそれまでの辛抱だ…!と思って読みました(笑)
焦らされたぶんだけ楽しめた気は…した!!w

あと男娼・軍人ものというだけで複数・強姦などのドギツイ内容もあるかも?と薄ら予想していたのですが、それらがなかったのでこの世界観にしては意外とやさし目かな?と感じました。多少は貞操の危機っぽいものもありますが寸止め表現です。
かなりきわどい位置にいるのに、受けさんの貞操が真っ白というミラクル!
受けが攻め以外にやられるのがダメ!な人には嬉しいお知らせです。
安心して読んでください。

とりあえずコミック化して欲しいです。
軍服とかチャイナドレスとか攻めが長髪とか視覚的に萌え萌え要素満点の中二設定なので、
本当に、心から笠井先生の超美麗神グラフィックで漫画が読みたかったです。

もろネタバレになるので何の言葉かは書きませんが、
芙輝(攻め)が月里(受け)に対して使っていたあの言葉、
中国語専攻の友達に中国語を教えてもらったことがありまして、
それで読みながらもしかして?と思っていたのですが、やっぱりでしたね。
意外と知ってる人、多いかも^^

中二設定&勘違いすれ違いでじれったい展開の末に結ばれる系のお話がお好きな人には向いているかもしれません。

ところで、あのタワーは今頃どうなっているかなぁ…
また行く機会があったら確かめてみたいです。
各書店の推し作品がそれぞれ違って、書店めぐりも面白いです。
店員さんの強気が当たっていることをお祈りします。

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ