とまとまと(1)

tomatomato

とまとまと(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
eBookJapan Plus
シリーズ
BLfranc(電子書籍・eBookJapan Plus)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

東京で失恋し緑豊かな田舎の学校に赴任してきた小学校教師の真人は、ある朝トマト農家の土間大輔に出会う。浅黒い肌に無精ヒゲ… 耳にはピアス、どこかふられた元彼を彷彿とする軽い見た目に最初は戸惑う真人。だがそんな容姿とは違い、面倒見もよく仕事熱心な今時珍しいタイプの土間から、次第に目が離せなくなっていった。「太陽みたいに笑う人だな――…」。その温かな笑顔に惹かれていく真人だったが、あることがきっかけで失恋の傷がチクリと痛みだして…!? 野菜を育てるように大切に愛を育む、ほっこりラブストーリー。

とまとまと(1) 30ページ
とまとまと(2) 38ページ
とまとまと(3) 38ページ
とまとまと(4) 40ページ

表題作とまとまと(1)

土間大輔,トマト農家
水野真人,小学校教諭

評価・レビューする

レビュー投稿数1

作画が安定してます

表紙からいって、絵柄が濃いのはおわかりかと思います。
が、それに反してとても繊細な性格の受けで良い意味でのギャップでした。

受けは傷つき東京から逃げ出した小学校教師の水野。
そして攻めはトマト農家で、見た目ヤンキーの土間です。

ゲイの水野は表面的な人間関係と恋の難しさに疲弊し田舎で暮らすことにしたわけですが、そこで農家の特別講師として現れた土間にときめきを覚えます。
ただ水野は派手な外見の男に傷つけられた過去があり、自分になどそんなチャンスはないと諦めています。
ただ太陽のように眩しく笑い前向きで明るい土間に、どんどん引き寄せられてしまい…

チチ丸出し!(笑
序盤から笑わせてくれましたし、受けが可愛くてキュンときました。
初めて読んだ作家さんだったのですが、とても作画がお上手です。
特にきちんと体に厚みがあり、攻めと受けの体つきの違いがあって読んでいて「ゲッ!」となりません。
テンポも良いですし、他の作品も読んでみたいですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ