ihr HertZ(イァ ハーツ) 2017年 1月号

ihr hertz

ihr HertZ(イァ ハーツ) 2017年 1月号
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
33
評価数
7件
平均
4.7 / 5
神率
71.4%
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
発売日
価格
¥935(税抜)  ¥1,010(税込)
ISBN

あらすじ

表紙:鹿乃しうこ

その他の収録作品

  • 風呂前有「カラーチャートをキミに」
  • 鹿乃しうこ「翻弄」
  • 水名瀬雅良「愛してくれる人が、王様」
  • ヨネダコウ「囀る鳥は羽ばたかない」
  • 厘てく「兄の親友お嫁においで」
  • ハヤカワノジコ「えんどうくんの実験ノート」
  • 木下けい子「キスよりやさしく」
  • 絵津鼓「続・IN THE APARTMENT」
  • たらつみジョン「リレーエッセイ」
  • 小嶋ララ子「ねこの嫁入り 番外編」
  • 山本小鉄子「明日はどっちだ!」
  • 佐倉しいね「好きと君のかくれんぼ」
  • 海生「窓辺のこい」
  • 関口かんこ「押忍!ハト☆マツ学園男子寮!」
  • あじみね朔生「moon under the moon」
  • 中川カネ子「兄弟失格それ上等」
  • ymz「ハイ・ファイ・ランデブー」
  • 思田圭「グッバイ、マイフレンド」
  • 本間アキラ「Be MONSTER」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

見たこともない矢代、見たこともない百目鬼

今回も「囀る鳥は羽ばたかない」についてしか書いていません。
(おそらく)初めて出逢った時から惹かれ合っていた二人が、三ヶ月の時を経て本当にやっと ここまで辿り着いた。今回はどのシーンを選んでも幸福と切なさが一度に押し寄せてきて、泣きたいような たまらない気分になる。
でも二人だけの時間を過ごし、これからの行為が全て百目鬼のアパートで行われているという事実には、自然とニヤけてしまうなぁ。

寡黙で言葉足らずな印象の百目鬼が、思慮深く勇敢に、冷静で聡明な矢代さんは身を潜め、少しだけ頼りなく感じてしまう回だった。
百目鬼のイ〇ポが治っている事が分かった時も同じ気持ちになったが、二人がこうなる事を望んでいて こんな姿が見たかったはずなのに、とても手放しで喜ぶ気分にはなれないのだ。
でも、百目鬼の魅力は 凄まじかった・・・

過去の所々のシーンと現在のシーンがリンクし、矢代さんが今、百目鬼に抱いている想いを一緒に紐解いていくような、彼の動揺と困惑が こちらに流れ込んできて、裸の矢代さんを守ってあげたくなってしまった。
惚れた相手と一度も寝たことがなかったり、性に対して後ろ暗いイ続きメージを持つ二人が、譲歩しながら手探りで お互いを求め合う様が、色っぽく繊細に描かれている。

大事な行動を起こす時には、もの凄く勇気がいる。それが大切な人に関する事なら尚更だ。
最高のタイミングで ベストな選択が出来る場面など、人生で何度あるか分からない。
二人が過去を振り返った時に今回の百目鬼の決断が「あの時、ああしておいて良かった…」と思えるような未来に繋がっていたら、どんなに良いだろう。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ