下僕少年節 東京野蛮外伝 4

下僕少年節 東京野蛮外伝 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784860931711

あらすじ

忠明によって連れ去られてしまった貴志。忠明に協力したのが鬼我依人だと知った守は依人を問い詰めるが、依人の口から出た言葉は衝撃のひと言だった。
ひと足先に貴志を助ける為に忠明の元へ向かった巴だが、そこで守の姉「沙那」の肉体を見つけ、ひとまず、そちらを奪還する事にするが、景久に見つかってしまう。
沙那をめぐるさまざまな人間模様が必見の第4巻! もちろんサービスシーンも満載で、ドキドキの1冊です!

表題作下僕少年節 東京野蛮外伝 4

御調守:極悪非道女装子バーマスター。術師
篠原貴志:守の甥。元拝み屋にして夢魔。

その他の収録作品

  • ネコニコ日記

評価・レビューする

レビュー投稿数1

佳境の前段

普通の作品ではここで佳境に入る所でしょうが、
本作はこれでもまだ序の口の部類なのです。
受が交代しているのは巴が佳境の露払いとして
守達を守護する武闘に参加しているからです。

平穏な日々に絡みつく守の過去・貴志の中に
潜む母の影・そして外部の思惑。
その合間を縫って織り成される性の営みは、
何かを確認するかの様に熱く、そして執拗。
絆故の執拗さと熱さなのかも知れませんが。

巻末には微妙に和む戦う猫エッセイ漫画、
そしてアシスタント「菊野郎」氏による四巻発刊
お祝い漫画を掲載。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ