プリンスチャーミング 1

プリンスチャーミング 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
4件
平均
4.5 / 5
神率
75%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283251

あらすじ

不良教師・朝比奈は生徒の湯浅に告られ、初めて自覚した自分の性癖にとまどっていた。教師・生徒・親友…恋する気持ちはままならない。高井戸あけみの描く学園リリカルラブ第1弾。描き下ろしもあり

表題作プリンスチャーミング 1

湯浅等・高校生
朝比奈・先生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

複雑な、恋のお話

絵がきれいで、ストーリーがしっかりしたマンガというと、常にオススメしている、高井戸さんのこの作品。
高校教師と、その教え子3人、4人の間で絡み合う愛と恋。
体と心、教師・生徒・親友、それぞれの恋する気持ちはままならい。
それぞれが、自分の心と向き合いながら、悩みながら、
繊細かつ複雑にお話は紡がれていきます。
また、繊細で白っぽい、雰囲気のある絵が、この絡み合った関係のストーリーを、ドロドロにすることなく、美しく描いていきます。
BLとして、それなりのシーンも、それなりにありますが、色っぽくはあっても、生々しくはない。
「エロなだけ」じゃなく、しっかりラブストーリーを堪能させてくれる作品です。

1

大人な作品

このプリンスチャーミングは高校の先生と生徒の話ですが、コミカルな部分の少ない大人の物語です。
ソフトタッチな作品を読み続けてきた僕にとっては、とても重い作品に思えました。

単純な1対1の恋愛の悩みだけではなく、その周りにいる人たちの思いや悩みも盛り込まれており、ちょっと複雑な感じのする話でもあります。
おそらくは基本、湯浅×朝比奈という形で話は進むのでしょうが、果たしてこの構図がこの物語の正統なんだろうかと疑問に思う時もあります。
永井×湯浅も加賀見×朝比奈という線もあり、この構図も僕としては捨てきれないものです。
できれば、全部がうまく収まればいいのですが、なかなか難しいもの。

この1巻では、まだまだわだかまりたっぷりの話に終始しゴチャゴチャですが、この後どのようにこのゴチャゴチャな恋愛関係を整えていくのかが見ものだと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ