沙羅屋敷の若君 上

沙羅屋敷の若君 上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778100872

あらすじ

天涯孤独の太郎の元へ、突然現れた旧子爵家の執事・高森。実は太郎は正当な17代目当主で、今も残る広大な屋敷での生活が始まる。生活に慣れてくるにつれ、太郎は奇妙なデジャブと高森への不思議な感情に悩まされるようになり、ある日高森を誘ってしまい…。

表題作沙羅屋敷の若君 上

執事
お坊ちゃま

その他の収録作品

  • Holiday

評価・レビューする

レビュー投稿数1

面白かった!!

やっぱり南天センセ凄いよ(・∀・)イイ!!
センセイの作品ほとんど読んできましたが、コレが一番好きかも。
大まかなあらすじ
生まれたときから太郎は天涯孤独だったんです。ずーっと施設育ちで一人で生きてきた。
ところがある日突然、自分は元華族の血筋で、先代が亡くなった今、10代目当主として帰ってきてくださいと執事が迎えにやってきた。
連れて行かれた先は、かなり年代もののデカイお屋敷。夢見たいな生活が始まって・・・!?
というお話ですね、死んだ曽祖父の幽霊が出てきて、実は父親が生きてて!?
しかも、その父親っていうのが中国の超がつくほどの・・・と、波乱万丈を生きてる太郎ちゃんの愛とサスペンスな物語でございます。
タッチも軽くて読みやすい。かといって、エロには抜かりなく。
そしてどうみても23歳には見えない落ち着きと風格の執事w
この執事が可愛いんですよ!!!!!
太郎に尽くしてくれるし、本当に目に入れても痛くないという可愛がりぶりがすごく可愛い。小さい頃から言われ続けてきたこともリンクしててまったく不自然さもありません。
ヤンチャな感じの太郎だからまたいいんだよねぇ(続き-∀-*)ニヤニヤ
下巻が至極楽しみです。これからよむぞぃw

ちなみに、じいちゃんは本当にあれで成仏したんだろうか

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ