市川けい先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

市川けい先生インタビュー 同棲ラブの大学生編! でも、恋敵が登場し!? コミックス『ブルースカイコンプレックス(4)』

2018/08/26 19:15

真面目そう×チャラそう、新ステージ♥ 初回限定特装版同時発売

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第1725回
市川けい/東京漫画社/MARBLE COMICS
コミックス『ブルースカイコンプレックス(4)』『ブルースカイコンプレックス(4)初回限定小冊子付特装版』8月24日発売
サイン本プレゼントあり! 詳しくはインタビュー後に!

 

STORY
大学へ進学した楢崎と寺島。同じ家に住み、同じ時間を共有し、より深い仲になってゆくが、ある日楢崎と教習所で知り合った「栗栖」という男が二人の前に現れる。話を聞くと、栗栖はなんと中学時代寺島のピアスを開けた男で?! 寺島と栗栖が同じ大学ということに複雑な思いを抱く楢崎と、寺島にロックオンする栗栖。波乱の大学生編スタート!

 

――作品紹介をお願いします
楢崎と寺島、ふたりとも大学生になってからの話です。

――主人公たちはどんな攻×受ですか?
真面目そうに見える男・楢崎×チャラそうに見える男・寺島


――今作のこだわりははどのあたりでしょう?
高校を卒業して少し自由の利く新生活も始まり、歳も重ねていっているのでお酒も飲めるようになってきた、高校時代とはガラッと変わったふたりの生活スタイルです。


――苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください
共通の友人と一緒に時間を過ごすふたりがなんだかとても新鮮で描いていてとても楽しかったです。


――執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
(作中で)スノボに行くことにしよう、と決めてから資料写真を撮るために約10年ぶりくらいにスノボに行って、まんまとハマって帰ってきました。また来シーズンも行くつもりです。


――今、何かハマっていることは?
最近セブンイレブンのキムチがとてもおいしいです。

――発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
めちゃくちゃ緊張しています!!!!!!!

――ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
ふたりが大学生になって楽しく日々を送っている『ブルースカイコンプレックス』4巻をぜひよろしくお願いいたします~~。
ちなみに特装版についている小冊子はふたりの引越当日の話です。

担当編集 東京漫画社 Oさんより
大学生編コミックス発売となりました!

高校卒業直後の「番外編」から始まり、本編は大学二年の夏からスタートです!
親元を離れて二人暮らしを始めている楢崎と寺島。
紆余曲折あってからの同棲生活、これまでを読んできてくださった方々には、なにもかもがムネアツですよね。



しかし! そうホッコリもしていられず、新たなステージには新たな敵が登場します。
問題の、あの、ピアス開け男です。
まさかの寺島と同じ大学にいた「ピアス開け男」こと栗栖。
急激に寺島と距離を縮めてくるイマドキ男子に、楢崎は葛藤の日々…。
ポーカーフェイスな楢崎の眉間に皺が…!



そして上で市川先生も仰っているスノボ回で、事件が……!
楢崎や寺島の見せる新しい顔にドキドキしたり、ハラハラしたり、まだまだ落ち着いて読ませてくれない二人の新たな恋物語、ぜひぜひご覧ください!
(ちなみに…雪山に行く市川先生に、「手だけは…! 死守してください…!」とお伝えした思い出があります…!)


尚、初回限定特装版の描き下ろし小冊子は「引っ越し初日」のお話です。
もちろんえっちなシーンもしっかりございます♪ ぜひこちらもチェックしてくださいませ!
ご感想やレビューも、楽しみにしております!

 

コミックス『ブルースカイコンプレックス(4)』『ブルースカイコンプレックス(4)初回限定小冊子付特装版

 

 

特典情報

 


通常版:初版のみ描き下ろしイラスト/漫画カード(寺島)封入
特装版:初版のみ描き下ろしイラスト/漫画カード(楢崎)封入
アニメイト限定:描き下ろしリーフレット
とらのあな限定:描き下ろしリーフレット
コミコミスタジオ限定:描き下ろしリーフレット
応援書店限定:描き下ろしイラスト/漫画カード(栗栖)
詳しくは東京漫画社ホームページ

 

その他情報

 

サイン会@アニメイト新宿:9月8日(土)

 

ちるちるユーザーサイン本プレゼント

 

発売を記念して、サイン本をちるちるユーザーにプレゼント! 以下のボタンよりご応募ください!

サイン本プレゼント応募

 

(C)市川けい/東京漫画社

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

いつも思うのですが、編集者さんの声が(記事ですが)
聞ける事が本当にうれしいです。
作家さんのインタビューが作品への期待度をグイグイ上げるのは
当然ですが、違うたち位置、でも近い方の話しも聞けるのって
とても、贅沢な事ですよね~
はぁーブルスカもたのしみです

PAGE TOP