ブルースカイコンプレックス(3)

blue sky complex

ブルースカイコンプレックス(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神133
  • 萌×223
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

189

レビュー数
17
得点
780
評価数
166
平均
4.7 / 5
神率
80.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
シリーズ
ブルースカイコンプレックス
発売日
価格
¥666(税抜)  ¥720(税込)
ISBN
9784864422895

あらすじ

進級して3年生になった楢崎と寺島。口に出さずともお互いの気持ちがなんとなくわかるくらいには通じ合い、お付き合いは順調な二人。しかし考えなければならないのは、「進路」や「将来」のこと。卒業してからも寺島とずっと一緒にいたいと思う楢崎は、ある"提案"を寺島に持ち掛けるが、思い描いた通りにはいかなくて…。
子供と大人の狭間にいる「高校生」の純粋さとままならなさ。
きっと人肌恋しくなる、待望の第3巻!

表題作ブルースカイコンプレックス(3)

楢崎 元親,高校3年生
寺島 夏生,高校3年生

その他の収録作品

  • 女生徒Aの手記

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

卒業

卒業って人生の中でも大きなターニングポイントの一つだな~と改めて感じました。
しかも期限は決まっていて、否応なしに進む道を決めなくてはならなくて。
恋する二人には、環境や距離の変化についてまだまだ未知数な中での悩みが率直で読んでいてとても好ましかったです。

高校生の恋愛って、いいな~。
その渦中にいる本人にとってはとても大きく心を占めてしまう、相手に対しての自分の気持ちや、すんなりいかないもどかしさなど、読んでいてきゅんっとなります。

寺島くんのお母さんへの思いや関係性がとても良い距離感です。
二人の関係は勿論だけど、この先二人が付き合い続ける中で絶対関わってくる二人の家族との背景がすっと入ってきました。

そしてそして、巻末の『女生徒Aの手記』、最高ですw
Aちゃんの「目覚め」と「気づき」にようこそっ!と手を握りたくなりましたw

そして、今回も双子のちみちゃん達はいい仕事してます!はぁ~癒し。

1

高校生編完結

いいわぁ。もともとノン毛だった楢崎がまさかここまで寺崎にメロメロになるとは!
そもそも何事にも関心がなく、日々をなんとなく穏やかに過ごしていた楢崎が寺崎に会い、好きと言う感情を知り、ついにはヤキモチをやくことまで覚えるという流れがとても丁寧に描かれています。自分ばかりが焦って恥ずかしい気持ちや戸惑い、相手に飽きられるんじゃないかと恐れる気持ちなど恋愛初心者の初々しい一面もあれば、そんな気持ちが抑えられなくて激しく相手を求めてしまうオスっぽさの一面もあり、本当に魅力的な攻めさまでした。

また受けの寺崎もヤンキーっぽい風貌なのにお母さん思いだったり、一途だったり、楢崎からすると天然小悪魔だったりと知れば知るほど素直で可愛くて、愛すべきキャラクターですね。

告白の時から、エッチの時まで高校生らしい初々しさで、けれども若い子ならではのがっつき加減なのもニヤけてしまいました。ひとまず高校時代のお話は一旦完結で、次号からは大学生編スタートですって!楽しみですね。

0

最高!の一言

ここまできゅんきゅんさせられた作品は初めてです…
作画、ストーリー、テンポ、キャラクターなどなど…全てにおいて最高の作品です。

進路について悩むシーンでは、楢崎の寺島と一緒にいたい、でも寺島の気持ちを大切にしたい、と葛藤しているところが苦しかった。わかる…めちゃわかるよ…
寺島の、母親のことを思う気持ちにもぎゅっときた。寺島だって、楢崎と一緒にいたいに決まってるもんね…。きっと、すごく大切に育ててもらったんだろうね。
こうやって寺島も色々悩んでいる時、背中を押してくれる寺島母。あたたかい…。寺島母は勿論、楢崎兄の彼女さんなど、女性のキャラクターもとっても魅力的で、読んでいて心があたたかくなった。

読んでいてこんなに幸せになった作品は初めてです。
次は大学生編!少しだけ大人になった2人を見られると思うと、とても楽しみです。

1

あー、3巻目にしてますます好き…

ぞくぞくぞくぞく…!
震えました。鳥肌たちました。胸が熱くなってちょいちょい込み上げてきました。

高校生の淡い恋愛が徐々に熱を帯び、進路を決めるにあたって今度はいろいろ現実味を帯びてきて…

まず、BLでは少し珍しく?女性キャラクターが総じて魅力的。
双方の母親(この巻では特に寺島の母)、楢崎の兄カノ。
女性キャラは邪魔になりがちなジャンルの中、とてもよい存在感があり、自然に2人の後押しをしてくれるよきバイプレイヤーに。
そして、彼女らに対する主人公2人の態度や優しさを見て、何かが込み上げてくるのです。
「家族にこんなふうに優しい気持ちを持てる男の子たちは、そりゃ恋人を大切に出来るよね」
と、強く納得出来るのです。
そのへんが、本当に自然で温かい。

読者視点では、2人がいかにお互いを思い、お互いに焦がれ、翻弄された日々を送っているのかわかります。
でもクールで冷静なポーカーフェイス楢崎と、軽くさらっと受け流すかに見える寺島には、お互いにお互いの気持ちの強さがわからない。
そこに生まれるドラマが、作られた感なくリアルに感じられ、2人をずっと見ていたいような空気になるのだと強く感じました。

ここまで3巻、まさにあっぱれです!

巻末の「女生徒Aの手記」が密かにお気に入り。
成績学年トップの大貫美里ちゃん視点の小話です。
確実にこっちの世界のお仲間になりそうな(ニヤリ)女の子から見た、楢崎寺島の姿が描かれています。
やっぱり市川先生、好感度高い女の子描くのうま〜い!

2

リアルに「う〜〜〜」って声が出た…

こんなに好きになるなんて……。
初めて出会った時は思いもしませんでした……。

──人ではなく、本の話です。

1を読んだ時は、「うん、好き…いい…」
2を読んだ時は、「はぁーっ!いい!!」
という感じの感想でした。

二人の恋が、気持ちが、どんどん深くなっていくと同じように読者である私も作品にどんどん深くはまり込んでいってしまいました……。
「きみたち、そんなにお互いのこと好きだった?!」って思うことが多々あると同時に、「この子たちにこんなに心動かされてる私が……?!」って気付くんです。

いやぁ、びっくり……。
ラストの方の奇跡が起こった(?)シーンでは、夜中のリビングで思わず声が出ました。
なんて素敵なハッピーエンド。
こんな作品を待ってた。


シリーズ全部、また市川先生の作品すべてに言えることですが、本当にキャラクターの表情が魅力的だなぁと……。
こんな微妙で絶妙な表情、なかなか作れるものじゃないんじゃないかなって思います。
感情移入しすぎて読んでると同じ顔になってたりします。
そういうところが市川先生の本の大好きなところです。


素敵な二人の一年半をありがとうございました〜〜!!

1

祝・卒業

よーやく電子で読めました。
紙書籍と電子の発売日のタイムラグ、どうにかならないのかなぁ…。読みたい読みたい読みたい!!という時期を過ぎてしまったので、若干トーンダウンした状態で読んだのが悔しい。

卒業後の進路が現実となって目の前に立ちふさがる二人。自分だけの希望だけはどうにもならない現実にぐるぐる悩んだりする様子が描かれていました。
この二人なら何があっても大丈夫だろうなぁと思えるので、そこはさほど心配せず読めました。

一番萌えたのは、お互い案外基本プロフィールを知らないもんだなと気づいて、血液型は?身長は?などと質問しあったところ。
そこで楢崎が聞いた「趣味は?」という質問に悩んだ末に寺島が答えるんだけどその回答ときたら!
実はここの回は既にCabで読んでて、連載を読んだときに、うわーーーっ!!と悶えた記憶があるんだけど、今回のコミックスでもやはり一番萌えた箇所でした。
他の回は未読だったのでコミックスの中には他にも色々萌える箇所があるかなぁと期待していたのだけど、既読箇所が一番の萌えだったというのがちょっと寂しかった…。

もともとヤンキー受けが好きなので、気の強そうな寺島がぐるぐるしていた一巻が一番好きでした。

2

ギュッと詰まってる

やっぱり私は寺島→→→→楢崎の構図が好きみたい。
気の強い見た目ヤンキー?な寺島が振り回されててそれが可愛いかったのですが、2巻からはすっかり逆転してしまいましたねー。
3巻は益々楢崎→→→→寺島でした。

楢崎くん相変わらず恋愛には迷走してます。
(やりたくてたまらない、寺島はそうじゃないみたい、ピアス人に開けさせたとか…普通にしてるあいつが腹立たしい…)
常に悶々としていてあんなに飄然としてたのにすっかり普通の男の子です。

2巻はそれでも後の寺島視点で楢崎への嫉妬とか気持ちが見える構成になっていて満足でしたが、3巻はそれが無くて物足りなかったかな。
3巻は恋愛以外のいろいろなエピソードがあったから仕方ないですけどね。

卒業式のトイレえっち!楢崎の計画性にビックリ!可愛いですね笑。
事後の寺島「甘えたくなるんだよ」からの流れ…楢崎くん「好きだよ」くらい言って欲しかったな〜〜


そして大学生編も決定したとの事。
電子配信される前にその情報を知り嬉しいなーと思ってたんですけど、いざ3巻読むとああなんだかんだいっても続くんだよなぁと雑念が…。完結編の尊さが大分減ってしまったような…神評価付けたかったんですけどね、真っ直ぐ読めなかったかも。もう少し発表間隔空けて欲しかったです。

ところで寺島のピアスを開けたキレイな顔の子絡んできそうですね、結局楽しみではあります!

0

続編希望!!

ふぁー!良かったー!萌えたー!!
2巻で終わりかと思ってたので、3巻が出ると知った時は喜びのあまり血圧あがりそうでした(笑)

高校卒業後の進路でモヤモヤあったけど、クリアできたのは2人の家族あってこそでした。
楢崎兄も寺島母も、とても素敵!
皆幸せで何よりです。
3巻で終わらずまだまだ読みたい!
2人の大学・同棲生活読みたい!!
なので、アンケート葉書を初めて出そうかと思います(笑)

小冊子付きを購入したけど、これまた萌えました…!
まだ売ってるのかな?もう無いのかな??
もしまだ在庫有りでしたら、少々お高いですが小冊子付きをオススメします。

3

ままならなさを正面から描いていて好き。

高校生ならではの「ままならなさ」が、たっぷりと味わえるシリーズ3巻目。
高校3年、付き合って1年。
このまま地元に残るのか、東京へ出るのか、進路のことは考えなくちゃならないし。
二人でイチャイチャしたくても、家には家族がいるし、他の場所ではできることに限界があるし。

この、ままならないことを、二人して、すれ違ったり、話し合ったりしながら、少しづつクリアしていくストーリーって好き。
二人、周りの家族にも恵まれてて、ちゃんとみんなが幸せなのもいいよね。
最後に卒業式の日に学校のトイレでってベタな展開だけど、その最中より、事後の二人の会話に萌えた。
こんな、不意打ちで天然な夏生の言葉にたびたび胸を撃ち抜かれて「神」。

4

こりゃブルースカイ

最高かー!
最高なのかー
最高でした。

二人がかわいくてかわいくてもー
要するに一冊通して仲良しが仲良くするお話なのですが、その仲良しっぷりをじっくり堪能することの楽しさったら…
その仲良したちを取り巻く家族や学校の先生や友達(里美ちゃんもネ)、ひいては背景の美しさなどなど全部がいとおしく、読み終えた後の私の表情は菩薩になっていたと思います。

ゆっくりゆっくり噛み締めてまた読みたい一冊です。作者さま、すてきな話をありがとうございました。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ