ストレイバレットベイベー

stray bullet baby

ストレイバレットベイベー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×218
  • 萌12
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

88

レビュー数
6
得点
217
評価数
56
平均
4 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
講談社
シリーズ
ハニーミルクコミックス(コミック・講談社)
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784063650297

あらすじ

映画宣伝会社に勤める邑上千浩には、憧れの人がいる。取引先のオシャレ雑誌のオシャレ編集者・本名清春。かっこよくて笑顔がステキで仕事もできる、最高の憧れの人だが、近づける機会はなかった。しかしある日、飲み会で泥酔した本名を介抱することになって、家に行くと……!? ワガママ美人と振り回されまくる男、市川けい初の社会人BL!

表題作ストレイバレットベイベー

邑上千浩・映画宣伝会社社員
本名清春・雑誌編集者

評価・レビューする

レビュー投稿数6

本名さんの表情が〜♡

あーーいい作品に出会った!^ ^
登場人物の心情に合わせてストーリーがゆっくりと進んでいくので本当に自然な流れで2人が親密になっていきます(はじめの所はさておき)。

本名さんの表情に注目です。市川けい先生あんな表情を描けるなんてすごい!本当にドキッとしました♡性格や言葉遣いに女っぽさはないのですが、恥じらい方がとてもかわいくきゅんとしました。特に邑上が告白した後付き合ってくれるか聞く所での「付き合うよ」はやばかったです。本名さん〜〜かわいい!ってなりました。

市川先生の作品でいっちばん好きです!

2

美人の素の顔は…

美人でお洒落で仕事もバリバリ出来るみんなの憧れの人、本名さんがすごく可愛いです。イメージばかりが先行して、周りから距離を置かれている本名さんが酔っ払っていたとは言え、ほとんど初対面の邑上を家にあげ、わがまま言ったり、その後も何だかんだと理由をつけては邑上を呼び出して甘えているわがままっぷりにニヤニヤしてしまいます。

呼び止めた本名さんにキスをするコマ送りな感じが一番の萌えシーンでしたね。本名さんの台詞が言い終わらないうちにって言うね。そこでハッピーエンドと思ったら、まだそこから展開がありましたね。

そう言うすれ違いなんかもあったりして、ようやく付き合うことになった二人がAVを見ながらエッチの時にどちらが入れる役かで話し合っているところが可笑しかった!最終的に一思いにやられた本名さんが幸せそうでした。

0

美人さんの見せる漢気が良かった

オカン系ワンコと生活能力の低い年上美人受け。

憧れてた取引先の本名と飲み会で遭遇した邑上。ところが本名が酔いつぶれて初対面だというのに家まで送っていく羽目になり…。
カッコ良くてとにかくお洒落で仕事ができる本名さんがプライベートは意外にダメダメなことが露呈して、文句を言いながらもせっせと家に通って部屋の掃除に励む邑上。

自宅まで送って介抱した際に部屋のインテリアを壊された、責任とって片付けにきてよと邑上を呼び寄せたり、なにかと仲良くしたがるので、てっきり邑上狙いのゲイかバイだと思ってました。
まさかのノンケとはね…。これにはビックリしました。でも人に近寄りがたいイメージを持たれてしまいがちな本名さんが、自分にさほど気を使わずに接してくれる邑上と一緒にいたがる気持ちもわかる。

決して悪くないんだけど、でも自分の萌ツボとはちょっと違うようで、悶えるような箇所はとくに無くさらりと読了してしまいました…。ごめんなさい。

そして市川さん初の社会人ものということだけど、リーマンものとはちょっと違う気がしました。
リーマンものというと、私はスーツ&課長っ!みたいな作品を想像してしまうので、それに比べるとこちらの二人は会社勤めなんだけど、映画宣伝会社の社員と雑誌編集者という比較的自由な雰囲気の会社につきどちらも背広を着ているわけではないし、また会社で働くシーンよりも飲みに行ったり、酔いつぶれて部屋まで送ったり…部屋を掃除しに行ったりという描写のほうが断然多いので、社会人らしさみたいなものはあまり感じられなかったかな。

どちらがタチをやるか数日ミーティングを繰り広げた末に、じゃんけんで決めるところは可愛かったです。そして潔く覚悟を決めた本名さんが実に男前。美人さんが漢気を見せてくれた箇所が一番好きでした。

描き下ろしがなかったのが寂しい…。

1

魅力的な本名さん。

ハニーミルクでの連載でも追っかけてた、大好きな作品です(*´Д`*)

憧れてた取引先の本名から、酔った勢いでキス(ゲロ風味w)された邑上。
翌日現れた本名に気に入ったインテリアが壊れたから片付けに来いと言われ、それを機に本名と親しくなっていき…。

なんといっても本名さんが格好よくって可愛くって!!
仕事が出来る人なのに片付けが出来ないという点すら可愛い(笑)
オカン気質の邑上君が、憧れてた本名さんを知れば知るほど本名さんに惹かれていくのも分かります(*´ω`*)

二人がお付き合いをするようなって、どちらが抱くか抱かれるかを決めるんですが、セッションから最終的にジャンケン(笑)
ジャンケンに負けた本名さんの男気、素敵でした(´∀`*)

好きなキャラ・お話なんですが、残念なのが書き下ろし・カバー下が無かった事です。
全部連載で読んでたー!
同月に3冊発売だから、市川先生大変だったんですよね…(;ω;)
書き下ろしが無い分、アニメイトの特典(8P小冊子)が嬉しかったです。
もし書き下ろし目当ての方がいらっしゃるのでしたらご注意を…。

2

少女漫画のようなもだもだ

本名さん、かっこかわいい。
邑上くんもマジメ良い。
おふたり、いいですやん!お似合いですやん!

コメディタッチで、ほのぼのしながら読みました。電車で読んでたんですが、なんか顔が緩んじゃう、ふふって笑っちゃう。

オカン気質な邑上くん。
邑上くんにならお世話焼かれたい本名さん。

会うたびに憧れから恋心になっていく邑上くん。
会うほどに邑上くんのことが気になる本名さん。

酔っ払ってれば、キスくらいするっしょ、って、本名さん。
いやいや、しませんよぅ〜。
しかも嫌じゃなきゃ、じゃなくてむしろ好きじゃなきゃ2回目なんてしませんよぅ〜。
んもぅ、もだもださせるなあ〜(それが良い)。

なんて、ドキドキもだもだの中にクスッて笑いがあって、すっかり市川先生の世界に引き込まれてしまいました。

どっちがタチになるか、ネコになるかでミーティングを繰り返す、男二人。
男らしい思い切りの良さの本名さんと、理屈で攻めながらも本名さんを気遣う邑上くん。
最後の最後まで、ふふって笑えてほのぼのできる作品でした。

3

めっちゃ萌えるんだが。

作家買いです。最近市川さんの新刊続きで嬉しすぎる…。

という事でレビューを。ネタバレ含んでいます。







表紙が麗しいです。トーンも抑えめだし、もしかして切ない系かな、と思いつつ読みました。

前作『ブライトライトスプラウト』はドシリアスでしたが、今作は市川さんらしい、というのかほっこりほのぼの系なお話でした。市川さん初の社会人CPという事で大人っぽいキャラをイメージしていましたが、ドタバタコメディよりなストーリーです。

主人公は映画宣伝会社に勤務するリーマン・邑上くん。
彼は取引先の雑誌の編集者の本名さんにひそかにあこがれている。ある日、本名さんを交えた飲み会に参加する邑上くんですが、そこで酔っぱらった本名さんにキスされてしまい…。

というお話。

取引先の編集者さんという事で面識こそあったものの、今まで声を交わしたこともなかった二人が、その出来事をきっかけに急速に仲良くなっていく。

あこがれていた時は、綺麗でカッコよくておしゃれで、仕事も出来て。
と思っていた本名さんが、実は大雑把で俺さまな人物だ、というギャップと、それに反するように手の届かない人だと思っていた本名さんの内面を知るにつけ、少しずつ恋心が育っていく。

そんな邑上くんのぐるぐる加減がめちゃ可愛くって、激萌えします。

そして本名さんの方も。

どうして邑上くんのことを構うのか。
初めに邑上くんにキスをしたときに呼んだ女の子(いや、もしかしたら男か…?)が誰の事なのか。

そういう所が少しずつ見えてくる。

市川さんらしいギャグと、二人のお互いを想う恋心。
その塩梅が、とってもいい。

邑上くんに恋心を寄せる女の子が出てきますが、この子の存在がまた良い。お所にも幸せになってほしいな。

終盤、攻め・受けをどちらがやるか、で論争する二人もナイス。
当然のように、攻め・受けの役割が決まっていないのが、これまた良い。
結局どちらが受けをするのかを決める方法が。
激萌えなんですが…!

すんごく可愛いの。DKか!と突っ込んでしまった☆

覚悟を決めた本名さんの男気にほれぼれし、本名さんの身体を気遣う邑上くんの優しさにほっこりし。

最初から最後まで、萌えが滾って留まるところを知らない、神作品でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ