君の夢を見ている

kimi no yume wo miteiru

君の夢を見ている
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神88
  • 萌×224
  • 萌14
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
20
得点
583
評価数
133
平均
4.4 / 5
神率
66.2%
作画
コウキ。 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
ARUKU  
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
ISBN
9784344835863

あらすじ

自分と恋に落ちる予知夢をずっと見ていたと言う雨森と、予告通りの日にキスしてしまう由比。二人の恋は予知夢通りの運命なのか!?

表題作君の夢を見ている

雨森健、ある人の未来を予知夢で見続ける旅行ライター
由比尚 、雨森の予知夢の相手で編集者

レビュー投稿数20

揺るがないARUKUワールド

この作品、ARUKUさんの作画じゃないことを残念に思う反面、原作だけでもARUKUワールドはここまでしっかり描けるのか!と衝撃を受けた1冊です。
作画者であるコウキ。さんのお力も素晴らしいんだと思います。
読み始めこそ絵柄の違いを気にはしたものの、早い段階でそれは些細な事だと思い直して読み進めることが出来ました。
ただ、ARUKU作品は大仰にリリカルな言い回しをする傾向があるので、そこはARUKUさんのあの絵柄があってこそかもしれません。

後半にかなり壮大な物語を潜ませてあるSF寄りのファンタジー作品です。
ARUKU作品の中で近しい系統のものを挙げるなら、最新刊の「スクールナイト」かな。
もしくは「極東追憶博物館」に入っている人魚のお話なんかも近い。
少し不思議な日常モノと見せかけて、ラストにかけて涙が止まらなくなるほど揺さぶってくる系。
壮大なロマンティックが好きな人には全力でオススメしたい1冊です。
“ドラマティック”なんて形容では全然十分に言い表しきれない作者の物語力に圧倒されます。

作中の言葉を借りながらあらすじを書くなら、
自分と「運命の相手」を繋ぐ糸は、例え途中で途切れたとしても、自分でもう一度その糸を繋げて別の未来を編んで行けば繋がった先の相手にはまたどこかで辿り着くことができるんだと教えてくれる物語。
ARUKUさんらしい強さを添えて描かれる「ARUKU流“運命論”」がとても素敵でした。

限界も境界もない。縛られる必要はない。
そんな真理がARUKUさんの作品にはいつも共通してあるように思います。

9

時をかける青年

おや?この作品のレビューってまだあまりないのですね。
私は結構ツボでした。
BL界のストーリーテラーARUKUさんの原作なので、読む前からもう絶対ハマると思ってました。
ARUKUさんの作品にしては、なんとなく先の読めるストーリー展開となってましたが、やっぱり泣きましたー。
未来を予知できる雨森が、初対面の由比にいきなり求愛。
最初は拒絶していたものの、何度か会ううちにだんだん惹かれていく由比。ある日、雨森が出掛けるとき由比に突然「愛してる」と告げます。
その直後雨森は…。雨森はやっぱりこうなることも予知してたんですかね?
絶望に打ちひしがれた由比は、不思議な手紙を受け取ります。
幸せだった想い出を胸に、大好きなひとの未来を救おうと由比は旅に出ます。
糸巻きの糸を手繰る様に、今ひとたびの邂逅は叶うのか否か、ぜひご自分の目でお確かめ下さいませ。

6

よくあるストーリーなのだけど

この作品の評価、とっても難しいんですが神にいれさせて頂きました!

序盤は他の方が言われているとおり、
急展開で詰め込みすぎな印象。。。
ですが中盤からは涙がぼろんぼろんでてきました。
以下がっつりネタバレあります


君のことを夢に見ていたといって突然受けに告白してくる攻め。
受けも怪しみつつ攻め様を好きになっていきます。
この辺までは、
えーそれだけで受けちゃん好きになっちゃうのかい?!?(;・∀・)
と、受けの感情に疑問を持ったり、攻めがいきなりポエマーになったりして読み手としては取り残された感があり良作とはいえないのでは、、、とも感じたのですが、起承転結の転の部分で、想像のつくストーリーとはいえ読ませてくれたと思います。
受けの喪失感がダイレクトに伝わり、
BLの恋愛の部分で泣かせてもらいました!

恋愛とは関係ないところで泣かせてくる作品は多いですが、あまり恋愛の描写で泣くことって実は少ない気がしていて、その意味で神評価です。

攻めは、雰囲気、性格共に生まれ変わる前の方が好きだったので、個人的にそこは残念でしたが、きっと受けちゃんと過ごす新しい毎日の中で永久凍土はゆっくり溶けていくのでしょう、、、(*´∪`)
攻めの赤ちゃん時代のコマはめちゃくちゃ可愛いです!(*゚ェ゚*)
コウキ先生ありがとう、、、!

5

ナニコレ?!

全くレビューを読まずに、作画がコウキ。先生だったため購入。
前情報がないので、読み始めて心に浮かんだ言葉は、『ナニコレ?!』でした。
悪い意味ではなく、こんなで恋に落ちるの?まだまだページ数あるのに?
中盤からは、心鷲掴み!
何てキレイなお話なんでしょう!でも、実際キレイばかりではなくて、暗いし悲しい場面もありました。泣けます。
それでも、裏切らない話の流れが、ホントに素晴らしくて、沢山の方に読んで欲しいと思いました。
オススメです!!

5

心を揺さぶる凄い作品

凄いです。
すみません、第一声だとこんなありきたりな言葉しか出てこなくて申し訳ないですが、作者様、本当に凄いです。素晴らしい作品をありがとうございます。

こんなにも心を揺さぶられる作品になかなか出会う機会がないので、涙腺崩壊必至でした。

この作品で私が一番印象的だったのは、骨が未来から送られてくるシーンです。その直前の夢の内容だけでももう胸が抉られるような思いになったのですが、夢を見た後にこれが実際にユイくんの手の中に入っているシーンを見た時に、もう悲しい未来しか見えて来ず、そこからはもう救いを求めて必死に読み進めている自分がいました。

そして、読み終えて思いました。後悔のないように今を生きようと。

この作品に出会えてよかったです。
心からの感謝を込めて、ありがとうございます。

3

読後、なるほどと思える作品。


ストーリーが逸脱している。ストーリーは神。

2

涙なしでは読めません!!

ARUKUさんの作品を最近集め始め、大好きなコウキ。さんが絵を書かれているとのことで購入。
前情報なしに、読み始めました。

雨森は旅行ライターで、彼には予知能力があり、由比と恋に落ちる予知夢をよく見ていました。その予知夢に出てくる由比に恋焦がれる日々です。そんなある日、編集者である由比と仕事で出会います。
雨森は由比に予知夢のことを話しアタックしますが、由比はストーカーではないかと疑います。信じられない由比をよそに、雨森はコーヒーをこぼすとか、指を切るとか、キスをするなど次々由比の未来を予知します。由比も雨森の能力に戸惑いながらも段々熱烈にアプローチをする雨森に惹かれていきます。

2人の想いが通じた矢先、由比は雨森が死ぬ夢を頻繁にみるようになります。雨森が死んでしまうのではという恐怖で雨森を家から一歩も出したくないと思う由比ですが、閉じ込めておくわけにもいきませんし、本人に夢のことを話すこともできません。
そんなある日、嫌な予感がして出かけた雨森を追いかけると、雨森は少女を庇い車に轢かれて亡くなっていました。

話はこの後も続きます。この時点で号泣だし、辛かったですが読み進めるとラストはハッピーエンドです。でも、そこに辿り着く過程がさらに辛い。
読み返すと様々な線状があり、2回目はまた違った視点で楽しめます。号泣必須です!

2

ネタバレなしで

あらすじ、ちるちるには深い所まで書かれてませんが、サイトによってはもっと書いてあって、それを読まずに(内容忘れて)読んで良かったなとひしひし感じるお話でした。


予知夢で恋するところを見たからってグイグイ攻めすぎやろ~攻めの押し具合や受けもあれよと好きになっちゃったの?と戸惑うも、ぐわんぐわん揺すぶられる展開でした!!本当に先が読めなくて、でも色々繋がってて!!!喪失感とか気持ちの動きに圧倒されて、ぎゅんぎゅんしっぱなしでした!!

0

ARUKU先生の原作本

ARUKU先生の原作本です。
今回はコウキ。さんの作画です。

編集者の由比(受け)は、見知らぬ男に突然「君と俺は恋に落ちる運命なんだよ」と話しかけられた。ちょっと残念な人だ、と決めつけてその場を離れたが、後日その変な男(攻め)が旅行ライターとして現れる。聞けば攻めは、小さい頃から受けのことをずっと予知夢に見ていたと言う。最初は信じていなかったが、ともに時間を過ごすうち、攻めの言葉どおり惹かれていく自分に気づく。しかし受けも、攻めに関するある夢を見るようになり…。


コウキ。さんの絵は、マンガもほぼ読んでいるし、小説だとジャケ買いしてしまうくらい好きなのですが、やっぱりARUKU先生の作品はあの絵あればこそなんだと思います。なんか空気感が違います。
あとネタバレになるので説明は控えますが、途中でかなり想定外の展開になるのです。その展開は、ARUKU先生の絵だと許される展開なんですが、他の人の絵だと「ええっ?」って思ってしまうような気がします。そして受けはキュートなんだけどキュートさの質が違う。顔と性格が可愛いのと、顔は可愛くないのに(超絶失礼でスミマセン)可愛いと思えるのは違うと思うのです。

萌×2評価をつけておりますように、内容的には楽しく読めた本でした。神評価をつけなかったのはひとえに上記の理由です。
内容についてですが、核心的なネタバレをしないでおこうと思ったらあまり書けることがないのです。
受けは可愛らしく、攻めは飄々と明るいながらもどこか陰のあるかんじでした。話は二転三転で、ARUKU先生っぽいなと思いました。

9

ARUKUワールド飛翔の第一歩?になり得る

ARUKUさんのファンです。今回の作画担当コウキ。さんは初読みです。

今作は、口絵の寄り添う二人のショットを見てすぐにコウキ。さんの絵柄の世界に入り込み、「ARUKU原作」を忘れてコウキ。さんのコミックとして読んだような読後感でした。
内容は初めは普通の現代物かと思わせて、実は近未来的なSF世界が立ち上がってくる複雑かつ重層的な物語。初めは相手が自分を予知夢で見て、次第に自分も相手の予知夢を見始める。そしてタイムトリップと過去の改変。何度でも恋に落ちる運命の恋人…

私自身は初回は話についていくのがやっと。何度も読んでみた。物語の世界観や時間軸、色々腑に落ちるまで読んでみた。ARUKUさんの原作ということは忘れてた…
これはARUKUさんにとって、ご自分の作画がもたらす物凄く濃密な世界からの解放、というか他のどの絵師様を起用してもARUKUワールドをサブリミナル的に忍ばせることが出来ることの証明、というか。
ARUKUさんの頭の中の世界を本当に自由に、色々な絵師様をまるで巫女のように、依り代のように使って、自在に表現していくステージの第一歩のような。そんな感じがしました。
そして私も先の雀影様同様、ARUKUさんの小説も読みたいと強く感じました。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う