HEARTY

hearty

HEARTY
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×233
  • 萌16
  • 中立7
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
21
得点
402
評価数
102
平均
4 / 5
神率
42.2%
著者
吉田ゆうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
ISBN
9784813030720

あらすじ

嘘をつく。
人生を円滑に楽しく過ごすために。
これが本間の処世術だ。
ある日、大学時代の
サークルの飲み会に顔を出した本間は
そこで伊飼という学生と知り合う。
真面目で素直な伊飼に興味を持った本間は
彼を次の遊び相手に決め、交際を申し込んだ。
戸惑う伊飼は一ヶ月の期限付きを条件にし、
ふたりは付き合うことになるのだが……

表題作HEARTY

本間,サークルOBの会社員
伊飼,大学4年生

その他の収録作品

  • HEARTY++(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数21

自分も知らない人間性

◾︎本間(社会人)×伊飼守(いかいまもる 大学生)
絵柄が苦手で手を出してなかったのですが、読むうちに気にならなくなってきます。

ちょっと歪んだ社会人が、学生に手を出してその純粋さにある種毒されていくお話。あるいはピュアな学生が遊んでる社会人に毒されていくお話。

告白された側の伊飼が何故一ヶ月という提案をしたのか、風邪をひいている本間を何故そこまで疑うのか、いまいちふに落ちないところもありましたが、ピュアな伊飼くんがどんどん本間との恋愛にハマっていく様が可愛くて面白かったです。

選民意識のあるタイプかと思いきや、最終的に自分が単純な人間であることを、さしたる葛藤なしに肯定していたところで、本間のことがグッと好きになった。けど蓋を開けたら激重な人でちょっと怖くなる。描き下ろし読むと、監禁とかしそうだよこの人…!

萌2寄りの萌

0

恋で迷ったらこれを読み返したい

 計算し尽くして受けに近づく攻めの描写から始まったので、可愛らしい絵のタッチに反して殺伐とした展開になるのかな?なんて思いましたが、読めば読むほど攻めも受けも愛おしくなっていくような、温かい作品でした。ナルシストというほどでもないけれど、自分をクールに演じることが癖付いてしまっていて、計算外のことが起こると脆さが見えてしまう本間と、人の善意を疑いたくないのにどうしても信じきれず、人を好きになることがどういうことか分からない伊飼。どちらも本当に幸せな恋を見つけて欲しいと願ってしまうような、愛らしいキャラクターでした。

 中盤まではずっと計算していた本間。でも、伊飼のあまりの手強さに、徐々に諦めの気持ちも持つようになります。本間が優しい接し方はそのままに、格好付けた振る舞いをやめた時、自然体なところが見えてきた彼に、ようやく伊飼は魅力を感じるようになっていきます。お金さえあれば、高い食事や贈り物を与えることなんて誰にでもできてしまうんですよね。たまにはいいかもしれないけれど、相手のちょっと寂しそうな背中だったり、何かを言いたげな目線だったり、本当はそういうところに惹かれることの方が多いんじゃないかと思います。本間が意図せず見せたそういう姿に、伊飼は「しあわせ」を感じ、「好き」を理解していく。恋をすることについて、何か忘れかけていた大切なものを思い出させてくれるような、そんな作品でした。

0

恋に落ちた二人の話。

かわいいホンワカした絵なのに、ちょい毒がある感じ。嫌いじゃないや。攻めが受けに本気になって分かりやすく変化してきて、受けも絆されちゃいました。
攻めの弟君はいいヤツ。辛い時期を一緒に乗り越えてきた兄弟ですもの、味方でいてくれるよ。

受けが意外と周りをちゃんと見てるから攻めの変化を感じとり徐々に絡めとられていく感じ。いいわ〜

二人一緒に住み始めたらもっと仲良しになりそうなカップル。
面白かった。

1

感動できそうな要素は十分…

形だけの恋愛から…という、ある意味王道な作品です。
繊細で今風な絵柄がかわいらしく、キャラクターたちの魅力を引き立てています。

ただ、どこか読みごたえとしては薄い印象を抱きました。
最初の時点でおさまりどころが読めること自体は、王道ものとしてはよいことなのかもしれませんが、
物語の起伏が少ないために満足感が低くなってしまったのかなと思います。

静かで叙景的な作品が好きな人には、うまくはまるかもしれません。

1

ほんわかプラス、最後にエロ

普通に良かったです。
描かれているのは基本、プレイボーイ(隠れゲイ)の社会人・本間と、おとなしめの大学生・伊飼の恋愛のみ。

二人に共通するのは、大学のサークルと、両親とも他界していること。どこか素直じゃない二人が、心を開いてセックスするまでが、丁寧に丁寧に描かれてます。

コトに至るまでが丁寧な分、ラストのまぐわいが感動的、かつエロい。「しあわせ、とか、ある」セックスっていいですね。
じんわり泣けました。

書き下ろしも、旅行先で好きな相手がいないと、こういう気持ちになるよなあ、と共感できて、ほんわか良かったです。

2

根本的なところで共感しがたいものがある

相手に合わせた適当な発言で世の中をそれなりに上手く渡ってきた〔本間〕が、自分に対する嫌悪感をストレートにぶつけてきた〔伊飼〕の真っ直ぐさにあてられて少しずつ変わっていく、というお話。

のはずなんですが、

何度読んでも(むしろ読めば読むほど)、本間の狙い通りに純真な伊飼がまんまと手中に堕ちた話、にしか読めなかったです。

理由はたぶん、前半の素を隠したスマートな本間も、後半の素を晒した不器用な本間も、どちらもそれほど大差なくスマートに描かれているから。
不器用な本間も私には嘘で塗り固めた作り物にしか見えなかった。
発言もまた最初から最後まで綺麗事という感じで、物事の上っ面しか見えてないような発言ばかりなので、良いことを言っているシーンなんだろうなってところでも心に響くものがないのが残念。

本間は終始一貫して自分本位。
悲劇のヒロインタイプ。
嘘をつくようになった理由なんてまさにこの思考回路がもたらしたもの。
その他重要なシーン含め、どこもかしこも本間の思考の中心は自分。
もしかして作家さん自身がこういう思考で生きてらっしゃるのかな?と邪推してしまうほど。
『HEARTY』なんて大層なタイトルを冠するのであれば、もう少し愛情というものについて描いてほしかったなと思います。

4

良い話だけど...読み取れず

読解力?解釈で印象が変わる描かれ方でしょうか。共感が大きく出来ませんでした。

本間さんは悲しさと寂しさを隠し生きていくために嘘をついてきたと回想しているが、両親逝去後に嫌な事があったにしろ、30歳手前まで嘘を続ける理由はない。相手からよく思われたい嘘などもあり、嘘の種類がゴチャ混ぜになっている。こじらせた大人だ。伊飼くんも両親逝去で嫌な事があって人を信じられないのか?…。自分の内だけでは解決できないよね、話し合える二人で良かった。

展開や会話に不自然を感じた部分もありますが、作者さんの伝えたい事があるからでしょうか、良い話とは思えました。他の方のレビュー読んだら良さが増すと思います。初読の感想でした。

3

カメラワークが好き。

吉田さんはよく読んでいる作家さんです。
悪玉あたりが好きですが、カメラワークが映画的で好きです。
お話はちょい悪な攻めが遊んでやろうと思って手を出した受けに本気になってしまうという、王道な展開です。
淡々としたまま進む静かなお話は、BL漫画というよりBL小説っぽい雰囲気ですね。
こういう話、私は好きです。漫画でも日常のこういう話増えてほしいなあ。

絵が変わってきてますね。何かバランス崩れてきたのがとても気になります。目が大きくなったような?
お話や構図は好みですが、個人的には前の絵の方が好きかなあ。

1

心からの愛情を求めて

吉田ゆうこさんについて言えば、
実は絵柄が少し苦手で、作品を読むことをためらっていたのですが
今作の続きの同人誌を手に取る機会があり、
思い切って元であるこちらの単行本を購入しました。

ゲームのように嘘を重ね、本音や腹の底を見せないことで
世の中をうまく渡ってきた男・本間(ゲイ)。
そんな本間はある飲み会で、大学生の伊飼と知り合う。
”あなたみたいな人嫌いです”と言う伊飼に興味を持った本間は
次の遊び相手として伊飼を落とすことを決めるのだが、
純真でいて、人が心の底からは信じきれないという伊飼に
だんだん魅かれはじめていき―

腹黒の本間が伊飼との交流で少しずつ、
柔らかな表情で息をするように嘘を吐く胡散臭い男から
ただの不器用な人間へと変わっていく過程がとても好ましかった。
そしてその変化を目の当たりにした伊飼が、
戸惑いながら本間に心を開いてみせていく様子が
繊細な心理描写と共に描かれていて、
視点が交互に代わって語られていく手法も巧く作用しており
ささやくような、しっとりとした読み応えを感じました。

心に残るのは、”好き”という感情についてふたりが話し合うシーン。
一緒にいて幸福なら、それは好きと同義だと伊飼にやさしく教える本間。
そして終盤、本間を信じることが、自分の弱みであり誇りだと、
好きになってよかったと笑ってみせる伊飼の告白シーンも素晴らしく、
胸に込み上がるものを抑え切れませんでした。

あと、男同士のセックスについて、快楽以外のもの、
『しあわせがある』と相手を信じ切った表情で伝える伊飼も、
それに対し涙を堪えきれない本間も、どちらもすごく素敵だったな...
(その後、本間を受け止め、ちゅっとキスをする伊飼の抱擁受けがまたイイ...!)

気持ちを通い合わせた後のふたりは、ひたすら可愛い♡
お互いを信じ、愛し合い、どこまでも幸せでいてほしい、
そんなやさしい読後に包まれた作品でした。
迷いながらも手に取って読んで、本当に良かったです。

本作でも独特の雰囲気ある力量で読み手を魅了した吉田さんは
現在雑誌Cabで新連載を開始されていて
第一回目がとても面白かったこともあり、
要チェックな作家さん入り決定なのでした!
これから読む同人誌も楽しみで仕方ありません♪

4

じわじわと...

読んだ後にじわじわと心に染みてきます。心理描写も丁寧で、本間の変化が自然と入ってきます。個人的にグッとくるセリフが多かったような気がしました。
絵柄はもっとよくなると読みやすいかもしれませんが、気にはなりませんでしたね。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ