兄だけを欲し盲愛する弟×弟に篭絡される無垢な兄、囲って愛でて浸食する…これは義兄弟による究極の共依存愛

この毒が廻る頃には

konodoku ga mawaru koro niwa

この毒が廻る頃には
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×234
  • 萌19
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
14
得点
351
評価数
91
平均
3.9 / 5
神率
34.1%
著者
左藤さなゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784796414838

あらすじ

『兄弟』だけじゃもう足りない

千歳と浬は義理の兄弟で、互いに極度のブラコン。千歳にとって浬は、優しくて甘えたで、成長した今も変わらず可愛い弟だった。しかし、浬が千歳に抱く感情は「兄弟愛」ではなかった。ある日を境に過剰な執着心と欲情を露わにする浬に戸惑う千歳。甘い囁き、痺れるような快感…毎日惜しみなく与えられるそれは、ゆっくり、しかし着実に千歳に変化をもたらし――…?

表題作この毒が廻る頃には

鈴城浬,高校生,5歳下の義弟
鈴城千歳,会社員,義兄

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数14

先生の闇攻めが好きな方お待たせしました

待ってました
まさにさなゆき先生の本領発揮!
これが読みたかったのです
この真綿で手錠を作って捕まえて
檻を作る様に囲い込みいつしか自分のものにしてしまう闇攻めが読みたかったのです
ソフトに描かれていますが10歳からと思えばいっそ尊いです
しかも義理とはいえ兄弟ものです
ここは天国かーと思う位ドキドキ読ませていただきました

鈴蘭の様に美しいけど一歩間違えば死に至る猛毒を持つのは
愛を乞うた弟なのか
その愛を受け入れた兄なのか
ゆっくりと注入した愛という名の毒が全身に廻りそれがなくては生きていけない体に作り替えられたことに気づく日はきっと来ないでしょう
共依存も二人以外いなければ世界は完結するでしょう

7

義兄弟共依存

作者買いです!
依存モノが得意なだけあって、今回も良かったです!!
お兄さんが無垢で天然な感じが良いです。そして、弟のじわじわと侵食する感じがたまりませんね。
お兄さん以外に、牽制しまくりなのも王道ですが良かった。表情というか目つきというかがもう。

ハッピーエンドですし、途中無理やりとかもないので安心して読める義兄弟モノです!
最後までするのもラストのみで、丁寧に慣らしてくれてたりとラブラブでした。



















紙本購入
修正は白短冊です。

5

好き!!

念の為、ネタバレです。

左藤さなゆき先生の新作!!

さなゆき先生の作品は、ほの暗い攻めが多い気がします。大好物です!!

さてさて、今回も、ほの暗い受けくん命の攻めくんです。

最後まで読むと、「タイトルー!!」となりました。いやー、タイトルが話と密接に関係している作品は良いですね!!

ただ、私はほの暗い系を好んで読むので、流れが読めてしまうのが、気がかりでした。
どちらかと言うと、ほの暗い系初心者には良いかなと思います!

大きな山場はあまり感じませんでした。大前提に、2人だけの世界(共依存)というのがあったからだと思います。
ですが、総じて素敵な作品でした!

きっとこの2人はずっと一緒にいるのでしょう!

5

執着攻めラバーさんよっといで

ちるちるさんのBLソムリエモニターで、執着攻めをリクエストしたところ『プリフェクトの箱庭』をお薦め頂き、佐藤さなゆき先生の執着攻めにどハマりしていたところ、丁度新刊がでるとのことでワクワクしながら買った作品です。

『この毒が廻る頃には』というタイトル、兄だけを欲し盲愛する弟×弟に籠絡される無垢な兄という帯から想像するストーリーそのまんまでした!笑
愛を毒とするこのタイトルが秀逸ですよね。
病み感があって好きです!
でも表紙は爽やかで、お話も受けがとにかく無垢でいい人なのでそこまで鬱々と感じられないのが不思議。
最後は両思いなので読後も爽やかです♫

弟は、なんと高校生で社会人の兄を誑かします!
恐ろしい…そして受けちゃんも弟の行動を可愛い弟だから…という理由で色々と許してしまう、現実にはいないであろうカップリングなのですがフィクションとして大いに楽しませていただきました♫
執着攻めのお約束を全て盛り込んだお話で、ストーリーも予想できてしまうのですが、執着大好きマンにはこれでいいのです!!!
攻めの執着、どんどん攻めの手中に落ちていく受け、最高ッッッ
何回でもこういうお話を読みたいッッッ
念願かなったおせっせの時の攻めくんの「ずっと入りたかった」というセリフがぐっときましたΣd(・ω・*)
たまーに出てくる回想の子供の頃の二人が可愛くて萌え萌えします(*´∪`)

そして扉絵のひとつひとつが耽美〜な雰囲気でこちらも目を楽しませて頂きました!
まだ本編ではくっついていないシーンでも扉絵ではいちゃいちゃしていたり…ありがとうございますッ
執着攻め成分を摂取したいときに良い作品です◎

5

義兄弟もの

高校生とは思えない弟くんと優しい美人兄でした。

お兄さんは流されやすいかなという印象です。
好きって気づくのもそこで?と思ってしまい、今まで気づかなかったのが不思議なくらいです。

毒=愛情なのですが、そこまでドロドロしておらずサラっと読めました。
ストーリーも新しさがあるかというと…。
もっと執着攻めな部分や「毒」を感じられると良かったかもしれません。
当て馬の存在も弱くて掻き乱すまでいかずふたりの世界で完結していました。

絵は綺麗で読みやすかったです。

5

究極の共依存

義兄弟による究極の共依存。
弟は兄の為に、、、すべてを
弟が兄に仕掛けた共依存と言う猛毒が身体を廻りきる頃、兄は弟以外を受け入れらない身体に、、、

兄には『可愛い出来る弟』の姿を見せて周りを牽制し、兄をこちらに落とす為に
真綿で包む良いな共依存という猛毒。
猛毒でありながら、心地よい居心地に、、、
兄も落ちていく。

幼き頃は天使な弟が13年後には、兄だけを手に入る為に底の見えない闇と病みを天使な兄が中和されながらも、何かが心に刺さる一作品。

でも、ふたりが幸せなら、、、、。

4

ドロドロ執着攻め!

左藤さなゆき先生らしい、執着攻めでした!

ちょっと距離感バグってる義兄弟の千歳と浬。
最初のシーンから恋人同士の様な甘い朝の時間。
これで高校生と社会人の兄弟とは、びっくりしました。

兄の千歳は兄弟の距離感がおかしいだけですが、浬は兄弟以上の感情を持って、千歳を絡め取ろうとしています。
その執着の仕方が、ドロドロの感情剥き出しのもので、執着攻め大好きなのでハマりました。
執着の仕方が、周りの敵全方位に威嚇し、千歳にはドロドロの感情を見せつつ、弟の弱さ可愛いさをアピールしていて、策士っぷりに脱帽でした。

周りは何となく2人の事に気付いていますが、割って入る事もせずに見守っています。

もうこの2人の関係はなる様にしてなったんだな、と思いました。

執着攻め好きならこれお薦めです!

3

たしかに毒

完璧イケメンな高校生の義弟×優しいイケメンな社会人の義兄のお話です。

年下執着攻の究極を見ました。

義兄を愛し過ぎて囲ってしまう義弟といつも慕ってついてくるかわいい義弟を甘やかしてしまう義兄の距離感はニ人以外の人が見ると違和感ありまくりなのです。

それなのに二人にはそれが普通なんですよね・・・

攻の弟の浬(かいり)はそれをたぶん
分かっていてやっているんです。
もう薄い闇を纏ってしまって大変なんです。
しかし、攻が受を好きすぎる設定大好き病の私なのでそれはとても熱いんです。

そしてまた兄の千歳が天然なのかその弟を天使と形容してしまうんですよね。
めっちゃイケメンで高身長で雄みムンムンなのに。

浬の巧みな囲い込みに千歳の気持ちが変わっていく(気づいていく?)様子を見ていると本当に浬は執着攻の上級者だと思います。

彼女いない歴=年齢なのかな??
ホントに今までいなかったのかな?
浬のエロみがスゴいっ!
攻め方に小慣れ感がある!
どんどんエスカレートしていくエロがとても熱いんです!

いずれ両親に告白するのかな?
きっとスパダリになるであろう浬の大人になった姿・・・この二人のその後を是非見てみたいと思いました。

描き下ろしは浬のワンコみがみれたような気がします。甘々かつ濃厚なエロで満足です。

3

執着と依存がすごい

これぞ、佐藤さなゆき先生の作品って感じです。しっとり、じっとり、どことなく闇を感じます。攻めの執着愛がこの作品でもすごかったです。読んでいてゾッとしたこともありますが、基本的には大好きなので大歓迎。浬の千歳への執着心も重くて良いですね。

毒が廻るとは…?と思ったんですが、なるほど。こういうことね、と。千歳は小さいときから浬の思惑に乗っかっていたんですね。こわ…でも私は好きですが^ ^
困惑した千歳もそんな簡単に許して良いのかい?と思ったけど、もう浬以外に触られるのもダメな身体になったようで、可哀想なのか良いことなのか読んでいてもよく分からず、複雑な気持ちになりました。だって、たまに見せる浬の雄顔が怖いんです>_<…でも私は好きなんですけどね(2回目)

一応ハッピーエンドだよね?と疑問符もつきますが、2人は両思いエンドで終わります。エッチも勿論あります。浬が全く童貞には見えぬが…この日のためにエッチの勉強したのかな…。さすが全国模試1位。すごく経験豊富に見えました。千歳も翻弄されまくりです。
佐藤先生のエッチシーンは上品ですね。キスがエロいです。絵がキレイで読みやすい!


幼馴染の兄妹?2人の子たちの存在も良かったです!突っ込みにクスッとしました。
白瀬さんにはもうちょいグイグイきて欲しい気もしましたけど、浬が更に暴走しそうなのであれぐらいがベストだったんでしょうかね…もっと攻めていても良かったと思います。


描き下ろしではキッチンでエッチ。2人とも仲良くやっているようで何よりでした^_^


2

義理の兄弟

さなゆき先生が描く攻めが大好きで
今回もすごく楽しみでした。

義理の兄弟のお話なので、
近親相姦が無理な方は駄目かもしれません。


兄の千歳と弟の浬。
お互いにすごくブラコンなのですが、
千歳は兄弟愛だけど浬は違います。
ゆっくりゆっくり浬に囲われていく千歳。
すごく良かったです。
執着攻めが好きな方にはたまらないと思います。

歪んだ共依存作品でもあるのですが
そこまでドロドロを感じないのは
千歳に対して浬が無理強いをしないからかなぁ。

やっぱりさなゆき先生の描く攻めは最強です。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う