プリフェクトの箱庭 2

prefect no hakoniwa

プリフェクトの箱庭 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神62
  • 萌×228
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
434
評価数
94
平均
4.6 / 5
神率
66%
著者
左藤さなゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
Tulle Comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784861238666

あらすじ

たとえ身分違いの恋であっても

良家の子息達が通う全寮制学校・ロイストン学院。 そこに通う編入生の佐倉 澪斗は生徒総代の東院 月人の指導生に指名される。
学院中の敬愛を一身にうける月人は、澪斗の影響により少しずつ"神"ではなく、
"ひとりの人間"として澪斗と接することを覚えてゆく。
そんな月人の変化を嬉しく感じていた澪斗。
しかしそんな澪斗の前に、月人の婚約者が現れ、
この学院から出て行けと言われてしまいーー?
澪斗も自分の気持ちに気づき始める待望の第2巻!

表題作プリフェクトの箱庭 2

東院 月人,生徒代表,東院家子息
佐倉 澪斗,編入生

その他の収録作品

  • 2度目の朝(描き下ろし)

レビュー投稿数8

閉ざされた世界で繰り広げられる、めくるめく執着愛です

「プリフェクトの箱庭」、2巻目になります。
完全な続き物なので、ご注意下さい。

で、タイトル通り、箱庭のような全寮制学園内で繰り広げられる、めくるめく執着愛と言った今回の作品。
えーと前作ですが、学園内で神様のように崇拝される攻めにより、主人公が監禁・昼も夜もなく犯されまくると言った内容だったんですよね。
こう、犯されまくると言っても、あくまで印象は儚く美しく。
静かに病んでる攻めの、凄まじい執着にゾクゾクしちゃう感じでしょうか。
これぞ様式美と言えるような。
世界観にひたすら浸って、うっとりしちゃったんですけど。

で、今回ですが、病んでる攻め・月人の重く苦しい過去が明かされるんですね。

いやなぁ、こんだけ壊れてるんだから、まともな環境では無かったんだろうと想像はついてたのです。
ついてたのですが、予想以上に重い過去が、なんとも痛々しい・・・。

そして、月人がこれほど澪斗に執着する理由ー。

ああ、なるほどと。
月人にとって、澪斗が唯一の光だったんだろうなぁと。
息も出来ないような、あの暗い世界で。

そう、ただただワケも分からず監禁されて犯されていた澪斗。
前作では互いに想いを寄せつつも、分かりあえず完全にズレていた二人だったんですよね。
その二人が、今回ようやく心を通じ合わせるんですよー!
月人が心を開き、素直に自分の気持ちを伝えた事によって!!

いやあ、順番は完全に逆だけど、ここに来て超ピュアな愛が来たーー!と。

月人のこれまでの愛し方って苛烈としか言い様が無かったのです。
自分の気持ちを、押し付ける事しか出来なかった。

でも、ただ優しくしたい。
澪斗に笑っていて欲しい。

そう変化して行く月人の姿に、めちゃくちゃ感動しちゃって。
彼はですね、決して愛が無い人間では無かった。
ただ、愛し方を知らなかっただけなんですよね。
まるで幼子のように心を育てて行く月人の描写が、とても秀逸だと思うんですけど。

また、周囲から神様と崇拝され、足りないものは何も無いと思える月人。
そんな彼の影とも言える部分にこそ、惹かれたであろう澪斗。
彼は愛されて育ったが故の、強さとあたたかさを持つんですよね。
そんな澪斗だからこそ、月人が救われると言うのがとにかく素敵。
えーと、すごくベタではあるんですけど、様式美の粋を極めた作品と言いますか。
あまりに美しくて、うっとりしちゃう。

ちなみに、まだお話は続きます。
気持ちが通じあってめでたしめでたしでは無く、月人が成長したからこそ、起こるスレ違いと言うのが生じたりしまして。
澪斗、一つ試練を乗り越えたらまた試練って感じで、気の毒だけど。
頑張って!

次巻は運命の創立祭編になります。
創立祭と言ってもたこ焼きを売るんじゃなく、なんとダンスパーティー。
ワルツなんかを踊っちゃうんですけど。
ワルツシーン、今から楽しみです。
澪斗、あんまり痛い目にあわないといいなぁ。

最後になっちゃいましたが、あれだけエロエロだった前巻に比べ、今回はエロ少な目です。
ただ、気持ちが通じあっての超尊いエロです。
ああ、月人の異様な執着を感じさせる前巻のエロも良かったけど、まさに愛しあうって感じの今回のエロにはうっとり。
最高でした。

9

心臓がもちません

壮絶でした。
BLを読んでいるはずなのに、漫画という娯楽作品のはずなのに、心を揺さぶられすぎて若干瀕死状態です。

1巻でチェス盤並べられた駒が、いよいよ動き出します。
味方だと思っていた駒がそうでなかったり、思いもよらないところにあった駒が動かされたり。

澪斗に強い執着見せて、自分のテリトリーの中へとどんどん囲い込んでいった月人が、囲いから逃げ出した澪斗を捕まえた前巻ラスト。
そこから月人の生い立ちが語られます。

父に強い思慕を抱きながらも愛されなかった母。
そんな母から愛を受けるでもなく、ただ「父を繋ぎ止める役割」だけを期待された月人。
優秀であれ、美しくあれと育てられた結果、感情を持たないロボットのようになってしまった孫を心配した祖母がくれた1冊の本。
それが澪斗の父親が描いた絵本でした。
7才にして哲学書を読めるほどの頭脳を持ちながらも、絵本には理解できないことが多いと言う月人に、祖母が引き合わせてくれたのが月人の父。
彼が語る息子・澪斗の話を通して、自分が知り得なかった子供らしさや豊かな感情を知った月人にとって、澪斗は誰も教えてくれなかったことを知っている唯一無二の存在になっていったのがひしひしと伝わってくる回想でした。

その後、不幸すぎる出来事が重なって、ただ「どんなときでも笑顔で」という母の呪いのような言葉だけが残った月人の心に命を吹き込んだのが澪斗で。
運命という言葉では足りない出会いだったんだなあ。

月人の過去を知って、月人の力になりたいと思うようになった澪斗ですが、ここでハッピーエンドとはなりません。
文化祭を目の前に、それぞれが自分の思惑で動き始めます。
月人の婚約者だという日万璃(ひまり)。
元ルームメイトだった住永。
幼い頃から月人を知る花菱。
ニュートラルな立ち位置から、澪斗を支えてくれている久世。
周囲が仮面を剥がして牙を剥いたり、甘言に聞こえる言葉で脅して来たり、揺さぶられながらも澪斗が出した答えに胸が震えます。

こういうストーリーの場合、月人の頭の中で創り上げた澪斗への執着が、現実の澪斗へ移る根拠になるものが重要になると思います。
この部分の決定打、来ました。
澪斗が自分の思いを月人に伝えるシーンです。
質問で相手気持ちを探るのはずるい、遠回しな言い方もずるい。
そうやって、言葉をしっかり選びながら、相手に判断を委ねるようなやり方ではなくて、自分がどう思っているか、どうしたいかを真っ直ぐに伝える。
ああ、この子は言葉が相手にどう捉えられるかをしっかり考えて伝えることを教えられて、ちゃんとそれを吸収して育ってきたんだなと思える良いシーン。
こういう子だから、月人の小石のように小さく硬くなっていた心を解き放つことができたんだな、と納得できました。

続きが激しく気になります。
ここまでも予想の遥か何倍も上を行く展開なので、予想しても無駄と知りながらも、思いを馳せつつ3巻を待つしかない…。
Tulle、読む?読んでしまう?

3

執着愛が良すぎる…

前回からの続きの2巻目です。
そして、3巻目へ続きます。

前作の、無理矢理監禁も良かったですが(無理矢理ですが、綺麗です)今回の気持ちが入ったえっちも良かったです。
ウルウルしちゃいます…。

それにしても、住永くんなかなか怖いですね。
婚約者さんは、最初に登場した瞬間からアレでしたが…。

特装版を購入しましたが、澪の名前の由来が書いてありよく考えられてるなぁと思いました。

次巻も楽しみです。















紙本購入
細め白短冊です。

2

閉じ込めたい気持ち

2巻では、月人の昔のお話から話が始まります。
何故月人が神になったのか、澪斗の父親との関係、
澪斗への気持ちなどが明らかになりました。
読んでて悲しかったです。
実の母がこんな…。

過去の話から、月人の婚約者まで出てきて
どうなってしまうのか!?と思ったけど
身体だけじゃなくて、ちゃん心から月人と澪斗が結ばれてよかったです。

ちゃんと澪斗のことを考えて、閉じ込めたい気持ちを抑える月人に胸がぎゅっとしました。
今までだったら絶対に閉じ込めてただろうに…。

3巻でどうなるのかすごく楽しみです(*´ω`*)

0

愛おし過ぎて止まれない♡

『プリフェクトの箱庭 1』の続編です。

ロイストン学院の総代 東條 月人と転入生 佐倉 澪斗のお話。

幼稚園から一貫教育 全寮制でミッションスクールの超セレブ学校…ロイストン学院。
ロイストン学院には、天才にして旧華族の血筋を受け継ぐ日本有数の名家の生まれ、海外王室から嫁いだ祖母の容姿を受け継ぎ金髪にアメジストの瞳を持つ ‟月の君”と呼ばれる人物が存在していました。
その人の名は、東條 月人。

前作では、神格化し崇拝される月人が転入生の澪斗を寵愛します。
月人の執着愛はエスカレートし、とうとう澪斗を自室に閉じ込めるまでになりました。
そして、月人が語り出す絵本作家だった澪斗の父親との関係とは?
今作は、その続きになります。
生まれた時からすでに“天才”だった月人は普通から逸脱した能力を発揮させていました。
そのため母親からは“神の子”として厳格な制限の元に育てられます。
精神的に不安定な母親からは、やがて感情も干渉されるようになり、月人は心を失くしてしまいました。
見かねた祖母が絵本をプレゼントしたことがきっかけで、その絵本の作家 澪斗の父親に会うことに…。

“神の子”の月人のために母親が作った「特別な庭」で育てられ、感情も心も失くしてしまった月人にたまらない気持ちになりました。
他人にも自分にも興味がない月人ですが、それは本人が望んだことではないはずです。
だからこそ、澪斗の父親から聞かされた息子「みおと」にいつしか想いを馳せるようになったのでしょう。
それは、月人にとってまだ見ぬ新しい世界に導いてくれる存在。
「こころを育ててくれる出会いがあるはずだよ」

左藤さなゆき先生の綺麗な絵柄が物語の荘重な雰囲気をさらに高めていてドキドキしながら読めました。
前作同様に、ストーリー展開もきちんと考えられており、月人の生い立ちや人間関係が読み解かれます。
そして、今作では澪斗に向けられた憎悪の眼差しも明らかになりました。

澪斗に出会ったことで変わってしまった月人。
神様ではなく一人の人として澪斗に向き合う月人は少しずつ人間らしくなっていきます。
一方で、月人の婚約者が発覚し、澪斗も自分の気持ちに気が付きました。
激しい雷雨で停電した暗闇の中、そばに居ない月人の名前を呼ぶ澪斗が切ない…。

このお話には当て馬が登場します。
しかも2人もいるんですよ!
1人目は、聖カリテス女学院の生徒代表で月人の婚約者 清華日万瑠。
2人目は、まさかの澪斗のクラスメイト 住永くん。
うーん、この2人はかなりヤバそうだな(汗)
脇キャラとしては、澪斗のクラスメイトで久世くん、月人と同じくアッパークラスの副生徒代表 近衛くんと生徒監督生 花菱くんが登場します。
とくに、花菱くんが活躍しますよ〜。
近衛くんがほとんど登場していないのが残念だった…。

Hシーンは、本編に1回だけです。
でも、前作とは異なって想いが通じたセックスは優しくて甘いんですよ♡
本当の意味で身体も心も結ばれた2人に感無量です。
月人の澪斗に対する愛おしさが溢れていましたね。
澪斗も全身で愛を感じています。
もう、ずっと見ていたい (〃艸〃)♡

描き下ろし『2度目の朝』
月人と澪斗が2回目のセックスをした朝のお話です。
…はぁぁ、永遠にイチャイチャしていて欲しい。

2巻も「えぇぇ?ここで続くなの?!」で終わります(笑)
本気で続きが気になって仕方がありませんよ…。
創立祭ではどんな運命が2人を待ち受けているのか?
そして、澪斗に忍び寄る魔の手とは?
3巻が発売されるのを楽しみに待っています。

パブリックスクールがお好きな方はもちろん、執着愛がお好きな方にもおすすめです。
ぜひ1巻とあわせてご覧ください。

4

既に3巻が待ちきれない〜

めちゃくちゃ面白いんだよー
異常なほどの執着愛なのにピュア。
2巻もページを捲る手が止まりませんでした!

パブリックスクールを舞台に、スクールカースト・身分差・妬み嫉み等、とにかくドロドロの愛憎劇を描いた本作。
澪斗を監禁し、好き勝手していた月人の過去が明かされていくエピソードが2巻の見どころです。

月人が「神」になった過程には母親の存在があり、その母親を嫌悪していること。
澪斗の父を通して聞く澪斗の存在が、ずっと月人の心の中にあったことなどが次々明かされていきます。

あんなに美しくて恐ろしかった月人が、少しずつ人間らしさを取り戻していく姿にキュンキュンします。
月人は心が無いわけでも失くしたたわけでもなかった。
嬉しいも悲しいも知らない月人が切なく、そんな月人を理解して受け止める澪斗はやっぱり強い。

月人の過去、周囲の思惑に振り回されながら変わっていく2人の関係のに注目です!

月人の婚約者・日万璃、澪斗の友達だと思った住永……
月人を「神」として崇める狂気が怖くてゾクゾクします。
明らかに怪しい人達の他にも、思惑が読めない悪者がいるかも?
まさか、久世と花菱は大丈夫だよね?
ここだけは頼むよ〜

今後も、学園生や日万璃から執拗な嫌がらせを受けるであろう澪斗が心配……
月人への気持ちを自覚し、心から結ばれた2人の強さを信じたい。
澪斗を抱く月人の優しさ、必死さが伝わってくる描写には胸熱。
氷のように冷たかった月人が熱を帯びていくのが分かる。
表情からも愛が溢れていて、胸がキューっとなりました。

次巻は、創立祭の続きですね。
ここでも何か起こりそうでドキドキ。
今後もドラマチックな執着愛から目が離せません。

3

最高の囲い込み愛...!

異常なまでの執着+ヤンデレ攻めの囲い込み愛....!性癖です。ご馳走様です。
2巻では月人の過去が明かされ、ただの執着から徐々に月人にも感情が現れていき、関係もうごきます.......

タイトルの"箱庭"というのは、月人がつくる澪斗との2人だけの"箱庭"という囲い込み愛の意味ももちろんありますが、月人を取り巻く、月人を閉じ込める、異常な狂った世界を表現する意味での"箱庭"でもあるのでしょうね.......
次巻にまだまだ続くようなので、楽しみです.....ついに盛り上がってきました.....!!

P.S. 初登場時の印象が衝撃的で最悪だった花菱先輩が、本当にいい人で......なぜだか一番好きなキャラになってしまいました.........

0

閉じ込めなくても2人で居れたなら。縛られていても、心は自由だ。

月人の壮絶な過去が描かれ、澪斗がこれを受け入れたことで。物語はこれで完結するかと思いきや。
佳境に差し掛かり、次巻へと続きます。

月人の何かを諦めた様な、薄ら笑いは、幼い頃から母親に矯正されたものだった。父に見限られ、愛されることの無かった母は、徐々に狂って行き、月人を追い詰めて行ったのだ。この学園が箱庭なのでは無い。月人は生まれた時から、箱庭に囚われて生きていたのだ。その事に気付いた澪斗は、『ああ、この人は。心がないんじゃない。感情がないんじゃない。…きっと。知らないだけ。』と気付く。澪斗は月人に、閉じ込めなくても、人と人は一緒に居られる事を、教えて行く。それは月人にとっての救い。とても心地良い事だった。
徐々に心を通わせて行く2人。
ところが。澪斗を妬むいじめは苛烈になって行く。驚いたのは、クラスメイトの久世と同様に、この学園で唯一、澪斗が親しくなれたと信じていた住永も、月人を慕うあまり澪斗への激しい嫉妬を募らせていて、その本性を顕す。月人の婚約者だという女も現れて、澪斗はこのまま月人の側に居られなくなってしまうのか。という、ピンチ。
でも月人を守れるのはきっと澪斗だけ。諦めないで頑張って欲しい!

ところで。月人の自称婚約者の日万瑠が、月人の母にそっくりなのがゾッとさせられる。月人はいつもたおやかに微笑むようにと母親に言いつけられていた、顔に張り付いたアルカイックスマイル。彼女もそんな薄笑いをしているが、決して目は笑っていない。心底冷たいのだ。こういった演技や、人を現実では良く見るけれど、少ない稜線で描き分けられているのが凄い。さなゆき先生、凄い!と、思う。月人の、澪斗以外はどうでも良いと、冷たく微笑む様子や、女の笑顔と。澪斗と居て、心から笑っている笑顔と。全然違うのだ。

ところで。婚約者の清華家よりも、月人の属する東院家の方が余程格上なので、月人は一方的にこの婚約を破棄するし、清華家は従うしか無い筈なのに。諦めの悪い彼女は何かを企てる筈。悪意は全て澪斗に向かう。月人は澪斗を守れるのか。澪斗は、月人を救う事が出来るのか。続きが待たれます。

キリキリした展開の中で。前作で何かと澪斗にちょっかいをかけていた花菱は、本作では癒し。イケメンのクラスメイト、育ちの良い久世も癒し。中庭で、久世が、学園祭で踊るダンスが苦手だという澪斗に手ほどきしている様子を窓から見かけた月人が嫉妬する場面も。
この2人には、変わらず月人と澪斗を見守っていて欲しいな。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う