1DKえっち

1DKecchi

1DKえっち
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×219
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
173
評価数
43
平均
4.1 / 5
神率
34.9%
著者
吉田ゆうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784403666049

あらすじ

家出中の楓は、加虐性愛者である佐伯に拾われる。
佐伯に惹かれていく楓だったが、ある日佐伯の部屋から「遺書」を見つけてしまい……!?

表題作1DKえっち

佐伯正彦
真淵楓

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

タイトルからは想像できないせつなさ!

吉田ゆうこさん、作家買いです!!
ほんと、何度も読み返したくなるようなお話を描いてくれますよね…今回も例に漏れずそんなお話でした。

開始数ページで世界観に持っていかれました。
今回は加虐性愛者と、言うことで痛いのかな?でも幸せそうな表紙だな。と、思って読んだのですが、キュンと涙が出る感じでした。
加虐と言っても夜の営み限定で、暴力的なものではなく責め苦で歪む恋人に興奮する…と、言う感じです。だから表紙が幸せそうなのねー♡納得です!
受けの楓も、一見不思議ちゃんなのですが、それは自分の暗い部分を隠す手段で、そんな健気なところに萌えました。
佐伯さんは、普段は紳士で優しくて、寂しがり。楓に惹かれてからは主導権を明け渡しちゃうような素敵な攻め様です(*´꒳`*)
互いに隠し事があって、でもどうしても惹かれて、過去より今が欲しくなって…。そんなせつない展開と、吉田ゆうこさんの描くキャラの雰囲気が素晴らしいと思いました。
あと、濡れ場が多いー!吉田さん、濡れ場がなくても魅せる作家さんだと思うんですが、このお話はタイトルにえっちと付く通り、濡れ場に意味があって凄く良かったです…。お道具使ったりするし、そっちの欲も満たされました笑
佐伯さんは楓に出会えて幸せ者だなぁ…よかったね!
そんな気持ちで読み終わる1冊でした!

4

楓くんかわいい

わたしは吉田ゆうこ先生の描かれる繊細なタッチの男の子たちが大好きです。そのなかでも12を争うくらいに好きな作品がこの「1DKえっち」です。

受けの楓くんがとにかくかわいい・・・・!攻めの佐伯さんは加虐性愛者、どんなプレイにも健気な楓くんに胸がぎゅーっとなります。でも、そんな楓くんに惹かれていく佐伯さん・・・最後は感動です。幸せ泣きしました(笑)楓くんかわいい(2回目)
ストーリーも面白いです!

3

可愛いだけでない良いお話

実はだいぶ前に、表紙に惹かれ購入していたのですが、あらすじを読んでみたら、表紙と違い重めの話みたいで、読むのを躊躇してました。。。
確かに影のある話。受も攻も何かを抱えながら、一緒に暮らします。
不思議で全く先が読めない展開です。
1コマ先ですら、「え?そう進むの?」みたいな感覚。だからなのか、読み始めたら早かったです。
色々な器具を使い攻めまくります。こっち系が得意な訳ではないのですが、私は嫌悪感なく読めました。楓(受)の耐えるだけでない健気さがあるからかなぁ。

もっと早く読めば良かったと今更思います。

1

甘いシーンの中に漂う、独特の痛み

攻めが加虐性愛者、というあらすじに惹かれ、SMスキーとしてはポチらずにはいられませんでした。
が、SMというほどのものはなく、鞭も縄も登場しません。
メインはお道具を使ったプレイ。
受けちゃんがそれに応えようとする姿が可愛かったです。お話の展開も甘くてよかった。
ちょっとつらそうなのは尿道責めくらいかな?
痛くてハードな内容ではないのでご安心を。

萌え2とするには、ちょっと引っ掛かった部分があって、それは受けの過去。

攻めに家出の経緯を語る場面があるのだけど、ああいうことがあったのなら、普通は性的なものを嫌悪する方向にいくんじゃないのかな?と疑問に思いました。
攻めのことが好きだから、ちょっと普通じゃないプレイにも耐えたい、と頑張る姿はいじらしいものがありますが、それが精神的な痛手を負わされたことによる過剰適応のような状態に見えて、ちょっと痛々しく思えてしまいました。
でもそういう部分が、この受けちゃんの魅力であるとは思います。

表紙からなんとなく漂うものはありますが、受けの見た目、喋り方がちょっと女の子っぽいと感じるシーンもありましたので、苦手な方は注意です。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ