ブルースカイコンプレックス third【BLCD】

blue sky complex third

ブルースカイコンプレックス third
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

30

レビュー数
2
得点
90
評価数
19
平均
4.8 / 5
神率
89.5%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
鈴木 潤一郎
脚本
青嶋みお
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
marble records
シリーズ
ブルースカイコンプレックス
収録時間
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

大学へ進学した楢崎と寺島。
同じ家に住み、同じ時間を共有し、より深い仲になってゆくが、ある日楢崎と教習所で知り合った「栗栖」という男が二人の前に現れる。
話を聞くと、栗栖はなんと中学時代に寺島のピアスを開けた男で?!
寺島と栗栖が同じ大学ということに複雑な思いを抱く楢崎と、寺島にロックオンする栗栖。
波乱の大学生編スタート!

表題作 ブルースカイコンプレックス third

楢崎元親 → 佐藤拓也

寺島夏生 → 江口拓也

あて馬
栗栖春臣 → 斉藤壮馬

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

とってもナチュラル

原作既読です。

CDはthirdですが、コミックス4巻の内容が収録されてます。
大学生になった2人。
3枚目ということでお二人の息もぴったりです。
新キャラで栗栖くん役で斉藤壮馬さんが登場です。

楢崎と寺島はもう二人の会話の空気感が心地良いです。
普通に会話してる感じが自然で、友達同士で恋人で、そんなに二人とも感情のup downは激しくないけれど、今回は栗栖くんがちょっと二人の間をかき乱すおかげで、楢崎の怒ったところとか、感情が高ぶるところとかいろんな表情が見られました。

まあ二人の間をかき乱すといっても返りうちにあっちゃうのですが。
結局2人の絆は揺るがないので、甘々です。

2人きりになったときと、友達の前で見せる顔のギャップに萌えます。

佐藤さん演じる楢崎は抑え気味の演技の中で、感情の揺れが絶妙で、夏生のことになると途端にオロオロしちゃうところとかが、本当に愛してるんだなと。

江口さん演じる寺島は飄々としたなかで、ふいに楢崎に甘えるのかわいいです。

斉藤さん演じる栗栖は、ちょっと軽い感じで調子いいけど、なんだかんだ2人にちょっかいかけるんだけど、何故が憎みきれないのです。

三枚目だけど、このCDから聴いても大丈夫だと思います。
原作好きな方は是非是非。

2

BGMおかしくないですか?

漫画もCDも大好きで、特にCDの淡々としたテンポと空気感が
唯一無二のものだと思っていました。が

今作のBGMおかしくないですかね?
と思って過去作を聴き直してみたのですが、1と2は
BGMがすごく控えめで台詞の邪魔をしていないんです。
ギターやベース音の低めのサウンドがメインで、
ボリュームも絞ってあるので台詞のテンポと空気感を壊してない。

でも今作は聴いている途中で「あれっ、変な音入ってくる」
となり、PCで聴いていたので「別のアプリ動いてるの?」と
タスクを確認するくらいの違和感で、「もしかしてBGM?」と
CDを一時停止して確認して、がっかりしてしまいました。

楽器はあまり変わっていないので、音量と曲調と頻度の問題かと。

演者さんに非はありません。
音響関係のスタッフも今までと同じ方々なのに、BGMで恋人感を出そうと?

せっかく今まで二人の台詞のテンポだけでしっぽり聴いていたのに
ガチャガチャされた印象。モノクロがパステルカラーになったみたいな。

特に変なのは、楢崎が凹んで知羽さんにコーヒーをご馳走になるシーンと
栗栖がピアスを初めて開けた事実が判明したシーンのBGM。
それ以降も個人的に違和感を感じる部分が多かった。

新しい登場人物も増えて、二人だけの台詞量が減ったのも
CD全体のテンポが乱れた理由かもしれません。

画でみた時は全く分からなかったけど、音声になった時の
その他のキャラクターの台詞量ってすごく大事なんだ・・・と実感。
知羽さんの存在と台詞のトーンは馴染みきっているんですけどね。

音声化されて残念だったことがもう一つ。

高校卒業から大学2年までの間が全く説明のないまま飛んでいること。
漫画も同じように飛んでいますが、二人の髪型が変わっているので
時間が経っていることを理解できます(あと同人誌の内容が繋ぎます)。
でもCDだけを聞いていると、ここに時間の経過があることに気づけない。
楢崎はいつ免許とったの?寺島はなんでオーストラリアから帰ってきたの?
となります。

続きものは仕方がないのでしょうか? 

江口さんが前作のフリトでおっしゃっていた「生っぽさ」を楽しみにしていたので
これまでのトーンがあまりにも好きだったので、中立評価にさせて頂きました。

楢寺二人だけのシーンは最高です。
もう二人だけの台詞をずーっと聞いていたい。
モノクロトーンの日常会話でも、恋人感は出ると思います。

原作は続いているのでCDも次作が出るのだとしたら、
個人的に元のトーンに戻るといいなーと思っています。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ