ブルースカイコンプレックス(7)

blue sky complex

ブルースカイコンプレックス(7)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神77
  • 萌×226
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

41

レビュー数
23
得点
513
評価数
113
平均
4.6 / 5
神率
68.1%
著者
市川けい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
シリーズ
ブルースカイコンプレックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784864424219

あらすじ

アポなしで楢崎&寺嶋の元へやって来た
イケメン外国人青年・アレックスは
寺島がホームステイでお世話になったダニエルの息子。
陽気なオーラを背負った人懐っこい笑顔の彼は嵐をおこすのか…?!
そして保留になっていた楢崎の家族への
カミングアウトは思いがけない方向へ…。

賑やかさと緊張感が同居する息のむ第7巻!

表題作ブルースカイコンプレックス(7)

楢崎元親,大学生
寺島夏生,大学生

その他の収録作品

  • その後のはなし(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下漫画

レビュー投稿数23

奥さん、キスマークですよ!

ブルースカイコンプレックス(←あえてフルタイトルできちんと呼ばせて頂きます!)大好きです!!

基本、長編物って好きなんです。
巻を重ねるごとに登場人物が増えていき、それぞれとの関係性が描かれることによって人物像が多面的になり深掘りされていく。
メインカプ二人を取り巻く世界がどんどん広がっていき、現実味というか説得力が増していく。

もう7巻ですよ。
新登場2名追加でまだまだ広がる。
オーストラリアのホストファザーの息子アレックス(親子似てないなーと思いきや、馴れ馴れしい感じとか、盗み聞きのスタイルがそっくり笑)と、実態が明らかにされてなかった楢崎父(父、兄、チカ3人共そっくり!)です。

で内容は、範康の恋(知羽、アレックス絡み)、楢寺の関係が楢崎兄へバレてのあれこれ、クリスとアレックスのルームシェア、と盛り沢山。

現実世界って、同時進行で色々なことが様々な人に起こっている訳で。
この7巻はまさにそんな感じ。

市川先生は絶妙なバランスで現実世界をフィクションに落とし込んでいるから、最初一読したときは散漫として捉えにくく感じました。
でも繰り返し読むとすんなりと入って来て、良かった面白かったと印象が変わりました。
あと皆さんが指摘しているどんどん可愛くなっていく作画も、読み直してみると気にならなくなるから不思議ー。

7巻の私的な見どころは、
①クールで頭いいキャラだったはずのチカの凋落ぶり。

夏生のことが大好きで、独占欲丸出しで嫉妬して。余裕がなくなって。
夏生を大切に思い一生一緒に生きていく決意があるからこそ、同じく大好きで大切な兄(家族)との間でうろたえて、生活に支障をきたす程ヨレヨレになって。
申し訳ないけど、見ていて楽しかったです。

そして見どころ②。
漢気溢れる夏生。

楢崎兄にハッキリ物申し、チカにも喝を入れる。
チカの人生は自分のものだ、絶対に身を引かない、と。
得意の頭突きも健在!
チカの赤くなった額に更にデコピンまでかまして、一緒に悩ませろよ、バカと畳み掛け、優しくキスをする。
そして一番の見せ場シーンへ!
大きな夕陽の夕焼け空ドーン!
眼下に広がる街並み、それをバックに二人。
そっとチカの頭を包み込むように抱く夏生……。

見どころ③
初!ア○ル舐め。
初!キスマーク!それもいっぱい!

身体中あちこちキスマークだらけの受けを見るのが大好物な私。
以前から、溺愛系なのに何で描写ないのかなと思っていたのでした。
そして、キスマークシチュはタートルとか着て隠している姿まであってこそ!
こちらもバッチリでございました。

チカがさりげに夏生から貰ったネックレスをいつも身につけているのも良いですね。
あれ?夏生はチカからのアンクレットしてますか?
市川先生、是非そこんところ、よろしくお願いします!

0

にいちゃん!

前巻でお預けくらった楢崎家へのカミングアウト。
ホストファミリー息子がお邪魔虫カミングで、ちょっとーどうでもいい登場人物なんですけどーと思ってました。
ここが都合よく同居からのーの話にならなきゃいいなぁと思うけど。
ま、そこは別に。

チカとナツキのカップルの良さってお互いに離れるという選択肢が無い事だと思うの。
お互いの人生に覚悟を持って寄り添うカッコいいカップルです。

にいちゃんが逃げまわっちゃったのは幻滅しちゃいました。
ナツキがカッコ良かったです❤️

1

2人で生きて行くために、、、

7巻は大分ふみこんだ内容でしたね。2人で一生生きていく為には避けては通れない難題に突き当たった感じでしょうか。
先生もあとがきで書かれてましたが、夏生も元親も家族を大切にしているからこそ今回の話を描かれたと。
結果として元親はお兄ちゃんと話せて本当によかった。あのお兄ちゃんだもん、夏生のことも大切な存在だと思います。本当に素敵な家族だ。

2人の関係もグッとまた近づき、改めてお互い大切な存在と認識したところで次巻へ、、またとても楽しみです。

2

尊いですよ

2人の仲の進展っていう意味での評価です。
前巻のラストで現れたアレックスは当て馬でもなんでもない夏生の家族でほっとしたのと同時に肩すかし感はありました。

でも、なんでもないのもよしです。
自称ハルくん、こと夏生の友達ののりやすくんの恋の行方が気になりますー。
私は登場人物全員幸せになれーって思うので相手が誰であれ幸せになるといいなぁと思います。

元親兄の元成くんはいい男です。パパ、チカに似すぎでした。

2

7巻もハッキリ言って、最高....はうっ...

6巻、夏生のホームステイ先のダニエルの息子、
アレックスが出てきたとこで終わってたね、
そういや。
いやぁ、こんな陽気なヤツだとは思ってもみなかった。関西弁と福井弁のちゃんぽんキャラ。
もっとごっつくて短髪でクールなやつで、
なんなら夏生かチカの事好きになる当て馬要員かと
勝手に思ってたよ。

街の知らないおばちゃんともすぐに仲良くなってしまうフレンドリーさ。
今までにいなかったキャラだわ、新鮮。
栗栖と意気投合して即ルームシェア決めるなんてこんな展開予想外。
7巻は、新鮮な風アレックスの登場と
楢崎兄に夏生との交際が思わぬ時にバレてしまうさてどうなる???ってお話で、チカと夏生、楢崎兄と兄嫁のそれぞれの性格がよく出てて面白かった。
基本みんな優しいんだ。
ズケズケとデリカシーなく入り込まず、自分で答え出すまで見守るスタンス。
(栗栖は違うねwそのKYさが面白いトコでもある)
グジグジと一人で思い悩むチカと、男らしく正面からぶつかっていく夏生。
今回夏生の男前度が私の中またまた高まってしまった。
スノボ旅行の栗栖との件、チカのカテキョ先のJKとの件でも痺れたけど、一貫して夏生はチカとの関係を大事にしてる。
ワクチン接種会場で待ち時間に読んでたのですが、ジーンときて読みながらうるうるしました。

そんで、兄との語らい後酔っ払って帰ってきてのエッチが堪らなくえろくて最高でした。
暴走チカに戸惑いながら感じちゃう夏生....
ちょっと強引にされたいMっ毛のある夏生なんだかんだでよかったんやん?
翌朝のイチャイチャもニヤニヤして読んだ。

7巻マジで神だったーーー。
知羽さんに、夏生と家でいちゃつけないって惚気なのか悩みなのかわからん相談してるチカオモロイし、
ブラコンチカの兄との思い出回想可愛過ぎるし、
知羽さんからのLINEにドキドキしてるハルちゃんと、ハルちゃんにちょっかいかけるアレックスで今後の展開気になるし。

テーマが『恋人』の雑誌の撮影、どんな感じの仕上がりなのか今後出てくるのかな?いい表情してたし、ステキな写真になってそうだから見たいなー。

1

予想外の展開!

大大大好きなブルスカ最新刊!

前話の最後にきた突然の訪問者がとても不穏な空気を漂わせていたのに、まさかの楢崎兄弟の拗れの展開!!!!しかも不意打ちの楢崎パパ初登場!!!!!

情報量が多すぎて一瞬プチパニックだったけど、さすが市川先生!
こちらの動揺もなんのその!息するのも忘れるほど引き込まれる。

チカにとって大事な家族と夏生。
大好きなナリ兄ちゃんへ夏生とのことを打ち明けようと悩んでいた矢先の遭遇!!!
しかもナリ兄ちゃんのあの態度!私も落ち込んだ。。。
夏生を心配させたくなくて言えないチカもわかるし、できることなら自分で解決したかったのもわかる。
チカの思惑をわかったうえで「一緒に落ち込ませろ」って頭突きして「一生かけてつぐなえ」ってキスする夏生がバチクソにカッコいい!!!!
こんなん惚れなおすわ!!!!

結局ナリ兄ちゃんが気にしたのはマイノリティへの世間の目が大好きな弟に向けられてしまうことへの心配だったわけだけど、夏生のことも夏生との関係のことも嫌悪無いコトがわかって安心した時のチカの心情を思うと泣ける。

はぁ~みんなカッコいいわぁ~。

てか、桃ちゃん・・・嫁にしたい!めっちゃいい子~!
ぐいぐい入っていくわけでもなく、でもなんかあるなと気づいてあげられて、いつでも寄り添ってる感じが最高にいい女性!!憧れる!

早く楢崎家にチカの恋人として夏生が遊びに行っているところを見たいな。
あと、知羽さんからの連絡に動揺しつつアレックスに口説かれてる春ちゃんがどうしなるのかめっちゃ気になる!

4

気持ちが伝わってきすぎてしんどい

感動しすぎて何も言えない。市川先生の見事な表現力に脱帽。夏生を見つめる元親の眼差しと言ったら。二人は本当にいるみたいに心にずっといるカップルです。7巻は元成兄とのやりとりがすごかった、3人のそれぞれの思いが見事に表現されてて感動しました。今まで5巻がマイベスト巻だったけど超えてきた。先生この作品描いてくれて本当にありがとうございます。

2

夏生の怒り方が男前

電子配信待ちました〜。
アレックス登場。
当て馬?おじゃま虫?と警戒したけれど、御朱印を集めているので悪いやつではないわねとちょいと安心(私が寺社仏閣巡りが好きなので単なる偏見ですがw)

アレックスが居候していても、隙あらば2人くっついていい雰囲気なのが萌え〜です。

唇をとんがらす夏生がかわいい。
今の髪型よく似合っていて色っぽくて好きです。

夏生のことを思って1人で思い悩むチカに、夏生はうじうじすることなく正面からチカに怒りをぶつけたところが、私はこの巻のハイライトでした。

夏生は自分のために一歩も引かない、もちろんチカの気持ちを尊重するけれども、自分の気持ちは決まっていると宣言するところが男前でした。
「お前の人生はもう俺のモンなんだよ」
よう言うた!!
信頼感あってのことだと思うけど、気持ちがいい。
夏生の怒り、チカへバカ連呼するのが、ごもっとも!と思って。

チカへ頭突きした後、デコピンするのも笑ってしまったww
こういうところすごく好きです。

チカが謝って「ありがとう」と言った後の夏生の「ん」も好き。

正直、ここまで関係が長くなって、2人ともがまだうじうじしてたら読んでいる方は萎えちゃうと思うんですよね。
その辺、飽きさせないよう、メリハリのある展開がよかったです。

アレックスがいなくなって、チカ兄とのことを解決して、2人がしっぽりいちゃいちゃするとこはもうちょっと見たかったかなとは思いますが。

8巻も楽しみです。

3

お兄さん

今回は、お兄さん回でした。
家族間のお兄さんのお話中心で綺麗に終わって良かったです。
長く続いているシリーズなので、カミングアウト(意図していませんでしたが)は大事ですよね。

跡つけまくりの、二人はラブラブで可愛いです!お酒の後のシーンはエロかった!

アレックスは、嵐を起こさずチャラくてイケメンのまま良いキャラでした。初対面でルームシェアは笑いましたが(笑)

範康くん達の話は、まだ全然進んでいないのでこちらも気になります。

















紙本購入
修正は白短冊です。


2

波乱になるかと心配してたけど

6巻で新たな登場人物が現れて、どんな波乱が待ってるかと思いました。
でもそんな事は無くて、むしろ元親のお兄さんとのアレコレがありました。

前巻最後に登場したアレックスがとにかく明るくて、良い意味で新たな風を友人達の中に吹き入れていたように思いました。
そんな中でもとても気になったのがアレックスの範康への言動でした。でもクリスとルームシェアする辺りが自由人で、これからの展開がとても気になりました。
また範康と知羽との関係も気になるところで終わってて、知羽が何を考えているのか想像出来ないので、範康が幸せになるような結末を願ってしまいました。

それから元親が思いがけない理由でお兄さんにカミングアウトする事になってしまいましたが、それを黙っていた事に対する夏生の不安とか怒りとかも共感出来たし、お兄さんに元親に対する思いを伝える夏生が何よりも男らしくてカッコ良かったです。

そして同棲してからはエッチが濃くて、夏生の身体に残る跡に元親の独占欲が見えてとても良いです!
既に次巻が読みたくてしょうがありません。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う