完璧なこの俺が…なんで地味男なんかに興奮してるんだ…!?

コミック

  • やたらやらしい深見くん
  • やたらやらしい深見くん
マンスリーレビューランキング
10

やたらやらしい深見くん

yatarayarashiifukamikun

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作やたらやらしい深見くん

梶彰弘、会社員、営業のエース
深見悠、会社員、技術部のSE

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

外面は良く人気者だが、内心では他人に点数をつけて見下してきた梶。
自分に釣り合う最高のネコはいないかと、理想を追い求め続けていた。
そんなある日、冴えない同僚・深見と一緒に泊まりの出張へ行くことに。
こいつとだけは無人島で2人になってもヤるわけない――
そう思っていたのに、風呂上りの深見は見違えるように可愛くて…色っぽい!?

ヤリチンナルシスト×脱いだらエロいモサ男の、いじっぱりBL開幕!
本編では未公開の夜をお届け!?描きおろし収録!

作品情報

作品名
やたらやらしい深見くん
著者
松本あやか 
媒体
漫画(コミック)
出版社
彗星社
レーベル
Glanz BL comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784434328015

マンスリーレビューランキング

10

4.4

(202)

(121)

萌々

(64)

(9)

中立

(4)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
32
得点
892
評価数
202
平均
4.4 / 5
神率
59.9%

レビュー投稿数32

マイナス5億点、で噴いた

 絶妙な攻め受けの組み合わせでした。ありそうで意外とないんじゃないかな。営業部のエースでエリート街道まっしぐらな梶の、内心で繰り広げられる中学生男子のような毒舌や、自問自答して悶々とする様子にたくさん笑わせてもらいました。テンポが良いので読者も彼のペースに引っ張られて勢いのある物語に乗せられる感じが心地良いです。

 そして、受けの深見。SEなので見た目も気にしないオタクファッションで、長髪に眼鏡。ただし、眼鏡を外したら……は表紙の通りですが、外見のギャップだけでなく、性格がざっくばらんでスピード感のあるラブコメに拍車をかけてきます。外面が完璧だった梶にものの1日で素を晒け出させてしまうほどの飾らなさ、恐るべし。挙げ句の果てには、梶に「今まで一度も主導権を握らせてもらってない!」と思わせるほどで、家に着いたら秒で服を脱いで迫る様は攻めですか?と言いたくなる潔さです。でも、いざプレイが始まったらちゃんと可愛いからすごい。続くということで最後はすれ違ってしまいましたが、梶が本音をぶつける日を楽しみに待っています。人に点数つけるのは良くないけれど、言い方が面白いので本当に憎めない男でした(笑)

1

原石

ハートフルラブコメディ(ノ´∀`*)笑

会社ではデキる営業モテ男
でも本当の顔は精力みなぎるゲイ
今日もマッチングアプリで男漁り
でもなかなかうまくいかないわけで。
そんなおりに突如出張、しかもモサモサの見た目0点男となんて。。。

そう思ってたのもつかの間
あれよあれよで合体
相性抜群。見た目も抜群。可愛くてエロくて最高!
でもでもでもな葛藤とエロスの間が楽しかった。

触れれば触れるだけ好きになってしまうもどかしさ
葛藤しつつもなアホな攻が面白い。
次回はラブ方面の進展みられるかしら。

2

続き物だった!

1冊で完結かと思って読んでたらまだだった!

ストーリーは攻めザマァの王道って感じでしょうか。
攻めは人に対して酷いことをしているし、ナルシストだし、それでもやっと恋を自覚して今後を改めようとしているのでしょうが、すんなりと上手くはいってほしくないですねー笑

やたらやらしいのタイトルももっと全面に出るのかと思ってましたがセックスの相性が良くて乱れてる姿がいやらしいってくらいに感じました。
誰から見てもなんか色気が駄々漏れて見えて男をも惑わす…みたいな感じを想像していたので、想像とは違った。
でも期待していたエロ描写はかなりエロかったし、話もよくまとまっていてとても読みやすかったです。
2巻楽しみにしてます!!

2

梶、がんばれ!

読みやすくてギュッと内容も詰まっててエロかったです!
最低攻めが地味な受けにどんどんハマっていくよくあるメガネ取ったら別人ストーリー。攻めの今までの価値観、深見くんへの気持ち、これがうまいこと噛み合わなくてそこに悩んでたり、落ち込んだりしている梶が人間味あってそこが好き。どんどん、梶がんばれって気持ちが募っていく。そんでもって深海くん側の気持ちのプロローグは一切挟まってないから深見くんどんな気持ちでいるんだーって梶といっしょにヤキモキしてみたり。
155ページとページ数はボリュームある方ではないのにすごく読み応えありました。

4

テンポの良いエロエロなラブコメ

連載時から気になっていた作品。1話試し読みが面白かったので読んでみました。レビューランキングの勢いすごいですね!

初めに、こちらは1巻でお話は継続しています。完結してから読みたい方はご注意ください。
(なんで1ってつけないのかな〜?)

受けの深見が、メガネをしてるとモッサいのに、メガネ外すとすごい美人で、濡れ場ではエロくて可愛いです。よくあるパターンですが嫌いじゃないです。

攻めの梶は、外面はいいけど中身はナルシスト。周りの人間を見下しがちで、少々クズですね。(セフレを点数で登録とか…オイっ!)

この梶がイケメンの設定のようですが、(試し読みでは気づかなかったけど)ちょっと私の好みではなく、いまいちハマりきれませんでした。
髪型とか、顔とか、表情とか、読み進めるとどんどん(あんまり好みじゃないな〜)と感じてしまい、ちょっと没入しきれない…う〜ん。

体から始まった2人がセフレになり、交流していくうちに、お互い相手のことが気になり出して…とストーリーは王道です。後半の焦れモダ展開、嫌いじゃないです。

濡れ場は数回で結構多めですね。メガネを外した深見はエロ可愛くて、体の相性のいい二人のエッチはエロエロです。修正は紙本も白抜きで、真っ白でした。
(一番最後の抜き合いの濡れ場が、短いけど甘々ですごく好きだなって思ったのに、まさかの…ってオチでしたw)

セフレになる時、深見が「絶対好きにならないで」と発言したことにより関係がこじれます。
最後はこの後どうなる〜?!ってところで終わり、次巻に続きます。

こちらは6話まで収録で、単話配信は11話まで進んでるので、2巻の発売も比較的早そうです。

攻めはちょっと好みじゃなかったけど、テンポ良くすすむ、読みやすいラブコメでした〜。

紙本 白抜き修正

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP