ブルースカイコンプレックス(2)

blue sky complex

ブルースカイコンプレックス(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神208
  • 萌×256
  • 萌17
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
18
得点
1318
評価数
286
平均
4.6 / 5
神率
72.7%
著者
市川けい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
シリーズ
ブルースカイコンプレックス
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784864422406

あらすじ

“不良"の寺島と、優等生の楢崎。
不器用な行き違いを経てお付き合いをスタートしたものの、次なる寺島の悩みは、「楢崎がエロいチューはしてもセックスしてくれない」こと。
一方何事にも動じない性格のはずの楢崎は、ゲイのバーマスターや中学時代の元カノ等、寺島の広い交友関係が気になり、自分のペースを乱される…。

思春期の心から溢れた熱が、思い通りに伝わらぬ歯がゆさ。
瑞々しい男子高校生たちの等身大の恋模様。

表題作ブルースカイコンプレックス(2)

楢崎,高校2年生,付き合って2ヶ月の彼氏
寺島夏生,高校2年生,17歳

その他の収録作品

  • 一方、その頃。(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数18

ふたりの世界

好きな作家です。「等身大男子高生たちの恋」といえば市川けい作品。続編が出るとわかって、もちろん続きを楽しみにお待ちしておりましたよ。

ラストまで読んで彼らについて思うのは、
とにかく「心から通じ合っていけるふたり」だということ!!
こういうカップルはなかなかいないですよね。生まれるジェラシー、気になっていること。それらが彼らをジャマしているのではなく、彼らの関係を作っていってるなぁ...いいなぁ、としみじみ。そして、キス止まりだった彼らが初めてセックスに"挑戦"したあとしばらくして…寺島の、"お前!!なんか怖ェんだよ!!" というセリフ。これがものすごくストレートというか、彼の気持ちがとてもよくわかる一言なんですよね。連呼してる感じが、ただパニックとかじゃなくて本当にそうなんだぁーーー!(わかってくれ)っていうのを表していて、こんなふうになっちゃう寺島が私はやはり好き。それと私がこのカップルいいなぁと思うのは、どちらもちゃんと自分を持っているところです。お互いそれぞれに悩み考えて自分なりの答えを出しては相手にそっとぶつけ、もしくはぶつけられるような状況を作ってあげて、少しずつ壁を削っていくようなところにググッときました。

もともとブルースカイコンプレックスは、きっとやんちゃな寺島のほうが強いんだろうけど(...と私が勝手に思っているだけです)、楢崎がいれば大丈夫なんだろうなぁと、うらやましくなっちゃうようなエンディングです。楢崎のほうがもう好きがあふれちゃってるし、彼にとっては寺島がいなければ、これまたなんだか曇り空になっちゃうしね。さて封入特典ペーパーは、寺島自身が「いかに楢崎を好きか」を周りから気づかされていることに気づいてない(←ややこしい)、という内容。大好物でした。

最後に。これは大きめの声で言いたい、セックスシーンが最高でした。彼らの場合、会話しながらっていうのがいいんですよねぇ。このふたりの会話好きだなぁ。今後しばらくはお互い好きすぎて止められないんだろうなぁと思います(ニヤリ)。「チカ」呼びはもっと欲しかった!!ですけどね。

14

だね

久しぶりに神評価させていただいた作品です。
いやぁ、これは永久保存版です。
これ以下はかなりネタばらししちゃってるので、まだ読んでない方はやめといてくださいね。

なかなかキス以上をしてくれない楢崎でしたが親が年末に旅行するのを何だかんだと理由をつけて自分だけ残り、寺島をうちに誘うシーン。「お前さえ都合よければ泊まりにきてよ」で鼻血ぶー!!もうっ、そのさりげなさっ、振り向いた顔の口許がマフラーから隠れてる感じ、眼鏡越しの視線!ぎゃーっ!って一人でバタバタしてしまいました。
そして、ついにベッドイン。色々試してもう我慢の限界、楢崎が挿入してしまいますがそこで寺島に気持ちいいかどうかを聞くシーン。寺島の「やばい…」に読んでるこっちの方がヤバイです。なにこの表情。
で、ここまでがセックスするまでの二人の話で物語の前半部分ですよね。

で、セックスを知ってしまったあとの二人の気持ちの変化をテーマにしているのが後半。
気持ちよすぎて自分じゃないみたい、こんな自分気持ち悪いとウダウダ悩む寺島は、まぁ、これまでのキャラとそう変わらないのですがそんな寺島に距離をおかれているような気がして焦ったり不安になったりする楢崎が物凄くいいですね。親がいるから人がいるときはキスまでと冷静だった楢崎が寺島の元カノやゲイのバーマスターともう会うなと言うシーンの「俺いまなんかおかしい お前のことで頭いっぱいなんだよ」と言うセリフさらには「俺いま お前のこと抱きたくて   死にそう」でもう撃沈。
あの楢崎にこんなセリフをはかせる寺島って、本当にしあわせものですね。愛されてるわー。

2016年、まだ始まったばかりですが今年のベスト、出たなって気がします。

8

きゅんきゅん&ギュンギュン

優等生の楢崎(攻め)と付き合いはじめた寺島(受け)。しかし楢崎は、いくら誘ってもキス以上のことをしてくれない。悶々とし、疑心暗鬼に陥る寺島だったが…。


市川けいさんの既刊作品はすべて読んでいますが、今までのエロのなさ、少なさは何だったの⁉︎ と思うくらいの糖度&エロ度でした。極端すぎます市川さん…!
いつもエロがなくても素晴らしいのですが、今回のエロはすごすぎてギュンギュンたぎりました。もしエロが朝チュンだったとしても神だったかも、と思うくらい通常シーンも良かったです。でもエロが…。堅物優等生の楢崎くんのガツガツっぷりが! 普段あっけらかんとした寺島くんのしたたるような色気が…‼︎
普段レビューであまり使わない「!」マークを多用してしまうくらい大コーフンしました。

エロのことしか書いてませんが、全体としてもとてもよかったです。
誘っても全然エッチしてくれない、と受けが悩むパートから、本番後には攻めが悩むパートに。あの飄々とした楢崎くんが、受けに避けられてると思って動揺したり、受けの元カノや仲の良い(ように見える)ゲイバーの店長に妬きまくったりするのがすごくきゅんきゅんしました。普段あまり動揺を見せないキャラが崩れるところって、どうしてこう萌えるのでしょう。
いやーよかったです。文句なしの2巻でした。

8

ギャップ萌えとはこのことぞ。

一巻では二人が恋人になるまでを丁寧に描かれていて、この二巻では恋人になってから始まりますが…
一巻にはなかった萌えが私の中を駆け巡りました!!
一巻最後の告白のシーンで男らしくはっきり好きだと告げたり、そういうことはまた今度と寺島をいさめたりする姿を見て楢崎が攻めかな?なぁんてぼんやり考えてましたが、がっつり攻めでした(笑)
普段の二人はまったくの対等でそのやりとりが好きなのですが、初めて致すシーンでの初めての快感に戸惑っている寺島の姿、そんな寺島に興奮してがっつく楢崎に大興奮でした。
アンタ、そのオスの顔隠してたのねとニヤリでしたよ。
平時はローテンションで言葉足らずな楢崎なのに、元カノやシンさんに嫉妬しておかしくなっちゃったり、そんな楢崎を見てしてやったり顔の寺島だったり、私が見てみたかった二人がすべてつまってました(笑)
あの楢崎が言った「お前のこと抱きたくて死にそう」の言葉にどれだけ悶絶したことか。
ほんと大満足の1冊です。

6

ブラボー♪


一巻は基本、寺島のほうがジタバタ恋にあがいていて、楢崎はさほど動じずって感じだったのが二巻目はだいぶ様子が変わってて、楢崎が嫉妬しちゃったり、寺島と連絡が取れなくて焦ったり、エッチしたくてたまらなくなったりともがく様子が楽しめました。
それを寺島がしてやったりの顔して見てるという。良かったね、寺島。楢崎もあなたに夢中だよ。

ようやく家族が不在となって楢崎の家にやってきた寺島。半年って地味に長いよね。そりゃあよく我慢したと思うの、寺島が。
じゃ、よろしくお願いします、ってベッドの上で正座で向き合ってお辞儀する二人がいいなぁ。
それで会話しながら進むっていうのも彼ららしくて実にいいし、スマホ片手に調べたりするのも楢崎らしい。
でも途中からポイントに触れて感じてしまったあたりから、会話が途絶えて・・・そこから先は・・・素晴らしい・・・
寺島がものすごく感じて悶えまくっててちょっと気の毒になるくらいのレベルでした。あんな顔しちゃうんだー。ブラボー。

この二人って言わなくてもわかるだろ、みたいな互いの甘えがなくてちゃんと会話して言語化しているところがいいと思う。
特に楢崎が無口で何も言わなそうなタイプなのに、ちゃんと大事なことは言ってるところが好き。

3巻がとにかく楽しみ!先日、連載中のを見たら凄い破壊力あるセリフを寺島が言ってた。
早く読みたいなぁ。

3

草食男子が性欲に気がついたよん

2巻出ました。
上の段で終わってました。なんで反映されないでひょうか?これを書くのは3回目なんですけど。よくそうなります。折角熱く書いたのに消えてしまいました。
またまた書きますが同じようには書けません。

1巻では性欲が全くないように思え楢崎君ですが。1巻はエロも少なくて2巻もそうなのかと思っていましたがぶっ飛びました。

お正月旅行に参加せず家に残った楢崎は寺島を家に呼びます。そしてやっと初エッチとなりますが、最初は携帯でぐぐりならがいたします。なかなか上手くいきませんが楢崎の初エッチの話を聞いた寺島が欲情していき、すっごいエロシーンでした。はあー
その後はすっかり欲情した楢崎が可愛いい。場所もわきまえないし、寺島の元彼女やマスターにまで嫉妬します。
自分を抑えきれない姿に萌えました。
反対にあれだけやりたがっていた寺島はちょっと冷め気味で楢崎と距離をとります。
でもそれはエッチが良すぎてびびっていたのでした。
なんとか誤解もとけて2回目のエッチがしたか、なんせ高校生物なんで場所が無い、これが高校生物のいいところなんですよね。
まあなんか無事に出来ますがまたまた凄いエロシーンでした。良かったね。
欲情して楢崎が自分を見失ったり、寺島さんが可愛いい絶対お勧めですよ。是非読んで下さい

2

この感じたまらなく好きです!

1冊完結かと思いきや、続きが発売されて驚き!!!(市川先生のお話は両想いを確認したところで終わり・・・というイメージが強かったので・・・)&とても嬉しかったです。
1巻では楢崎君がとてもツボキャラだったのですが、2巻では寺島の魅力にも目覚めました。
2人のゆるいけど、すっごく面白い会話や、脳内に浮かぶ言葉がこの巻でも炸裂。この感じ、本当にたまらなく好きです!!!

1巻では割と落ち着いていて・・・というか結構天然系のずれみたいなのを感じさせていた楢崎君。でもこの巻では今まで自分でも知らなかった嫉妬や、恋するという気持ち・・・に気が付いてぐるぐる悩んでしまう楢崎君が満載でした。
ちょっとしたすれ違いや、けんか?っぽい事も起こりますが、ちゃんと解決するので、後味もとても良いです。

2

二人とも必死に恋してるなって

前作の二人がようやく一線を……!超える!!

したい、したいの大騒ぎの寺島に対して、「家族がいるからだめ」の一点張りの楢崎。
でも楢崎気持ち分かるよ〜〜。
お兄ちゃんにバレて注意されたら恥ずかしいやら何やらで……やれないよね〜〜。
……って、私は思いますが、寺島は不安になっちゃうってところがまたもどかしくてキュンキュンします。

それでなんやかんやで一線を超えるのですが……。
この描写が最高です。
お互いが本当に気持ち良さそうで、
「あ〜っ!!気持ちいいんだね!!!!」
って分かる表情をしてます。
楢崎の豹変ぶりもやばい!
普段淡白そうな人があんなにがつがつくるとギュンギュンします……。
それで寺島が混乱して遠ざけちゃうのもまた可愛いなぁって……。

また二巻の方では前作よりも楢崎が人間らしくなってたと思います。
前作も十分、真面目そうな見た目に反して人間らしいやつだったんですけど……。
今作はそれ以上に、こんなにも激しく嫉妬するところだとか、寺島に必死で普段取らないような行動もとってしまうところとか、
「あぁ、楢崎も必死に恋してるんだなぁ…」
って分かって、微笑ましく感じました。

1

いつまでも見ていたい

ついに…2人が…!!

家族旅行を断ってまで、楢崎も寺島とそういうことをしたかったんだなぁ って思うと、きゅんきゅんが止まりません。したいのは寺島だけじゃなかったんだよ…よかったね!
普段の落ち着いた雰囲気とは一変、がつがつする楢崎…雄の顔してました。寺島の感じてる顔を見て興奮しちゃうところからも、やっぱり楢崎も男子高校生なんだなって…
寺島の感じてる表情もたまらない。ふにゃふにゃになっちゃってるの…楢崎ががっつくのもわかる。

他にも、お互い言葉足らずで思ったことが伝えられなかったり、ちょっとしたすれ違いが起こっちゃったり、まだまだ不器用な二人。
いつまでも二人を見守っていたくなります。

1

ギャップ萌えしまくり

ナッスィンエロだった1巻とはうってかわって2巻はバッチリエロありましたー!!
セックスするまでと、セックスしたあとのふたりの変化が一冊まるまる使って描かれていまして、もーおもわず『うほっ♥︎』となりますよ!

1巻では好き度が寺島→→→→←←楢崎くらいかなーと思ってました。
2巻も、ふたりがセックスするまでは、寺島の方ががヤりたくてしょーがなくて押せ押せで誘いまくるけど、楢崎は、家族がいるからダメとあっさりかわす感じで(でもエロいチューは積極的)、寺島ばっかりが好きな流れだったのです。

でも、楢崎はあくまで家族がいるとこではNGというのを頑なに守っているだけで、ちゃんと性欲はあったわけです。
そこで正月に楢崎家が旅行で留守のタイミングに合わせてお待ちかねの合体に至るわけですが…
もー初エッチが!楢崎のオス度と寺島の乙女度がググッと上がりまして!超興奮&萌えました!!

1巻ではリバの可能性もあるのかな?と思ってたんですが、
寺島が「俺 されたい」とサラッと言うもんだから、楢崎×寺島が固定されました。
初エッチは1話まるまる使ってお風呂から慣らすとこ、挿入までしっかり描かれてます。
最初手探りでうしろを慣らす過程は楢崎の女性経験を話しながらで全く色気なく進行してたんですけど、
寺島のイイところを探り当て感度が上がったとたん、立場が逆転。
初めてのアナルの快感に戸惑いまくる寺島と、そのギャップにちょっと理性が切れそうになる楢崎。
あれだけヤりたいヤりたい言ってた寺島が泣いて感じて挿入されるのを躊躇するのと、余裕&無気力系だった楢崎がガッツガッツ攻めるのにダブルギャップ萌えでした!!

晴れて結ばれたふたりですが、そのあと急に寺島が音信不通になったり態度がよそよそしくなったりして、楢崎のなかに不安と焦りが生まれてくるわけですね。
そこに更に、寺島の元カノとか、1巻で出てきたシンさん(メガネかけたバーのマスター)が出てくるから、楢崎の不安は更に悪化していき、自分が想像以上に嫉妬深くて、頭の中が寺島のことでいっぱいなことに気付くのです。

ぎくしゃくしたふたりですが、楢崎が自分の余裕のなさをさらけ出して無事仲直り。
寺島の態度の変化も、セックスが気持ち良すぎて怖いとか、あれ以来楢崎とのエチしか考えられない自分がキモいとか、楢崎が思った以上にガツガツしててビビったとか、自分のキャパ超えててちょっとパニックになったという嬉しい誤算だったわけですね。
そっからの仲直りエチは、寺島がフェラしたりと、ガツガツ度がお互いいい感じの割合で、これまた萌えまくりました。

1巻ではなんとなく余裕そうだった楢崎が、不安になるとけっこうネガティブで、嫉妬すると余裕が無くなるとこ、そしてなにより性欲なさそうな男がかーなーりガッツくのにはニヤニヤが止まりませんでした!寺島の笑顔見て思わず木陰に連れ込んで迫っちゃうくらいですから!けっこうクサイことナチュラルに言っちゃうのもイイ。
そんな楢崎の一面を見て、実は楢崎が自分のことをけっこう好きなことを知ったときの寺島のしてやったりな表情がまた良かった。エロのときはかなり可愛くなるのも◎

市川先生作品のなかではエロ多めで、たいへん満腹満足な作品となりました!
とにかく初エッチのときの、寺島の想定外なあまりの快感についていけない感じの反応と、楢崎の余裕を無くしためちゃくちゃ雄の表情は超見ものだと思います!
わたしは1巻を引っ張り出してきて、おさらいも含めて前巻から読んだのですが、とくに楢崎の気持ちの変化がすごくわかる流れになってましたー!
表紙も1巻は寺島が楢崎に窓ドンでしたが、2巻は楢崎が寺島を押し倒してて、内容を表してるとても良い表紙でしたね!

18

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ