ブルースカイコンプレックス(2)

blue sky complex

ブルースカイコンプレックス(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神178
  • 萌×243
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

215

レビュー数
15
得点
1104
評価数
239
平均
4.6 / 5
神率
74.5%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864422406

あらすじ

“不良"の寺島と、優等生の楢崎。
不器用な行き違いを経てお付き合いをスタートしたものの、次なる寺島の悩みは、「楢崎がエロいチューはしてもセックスしてくれない」こと。
一方何事にも動じない性格のはずの楢崎は、ゲイのバーマスターや中学時代の元カノ等、寺島の広い交友関係が気になり、自分のペースを乱される…。

思春期の心から溢れた熱が、思い通りに伝わらぬ歯がゆさ。
瑞々しい男子高校生たちの等身大の恋模様。

表題作ブルースカイコンプレックス(2)

楢崎,高校2年生,付き合って2ヶ月の彼氏
寺島夏生,高校2年生,17歳

その他の収録作品

  • 一方、その頃。(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト

評価・レビューする

レビュー投稿数15

いつまでも見ていたい

ついに…2人が…!!

家族旅行を断ってまで、楢崎も寺島とそういうことをしたかったんだなぁ って思うと、きゅんきゅんが止まりません。したいのは寺島だけじゃなかったんだよ…よかったね!
普段の落ち着いた雰囲気とは一変、がつがつする楢崎…雄の顔してました。寺島の感じてる顔を見て興奮しちゃうところからも、やっぱり楢崎も男子高校生なんだなって…
寺島の感じてる表情もたまらない。ふにゃふにゃになっちゃってるの…楢崎ががっつくのもわかる。

他にも、お互い言葉足らずで思ったことが伝えられなかったり、ちょっとしたすれ違いが起こっちゃったり、まだまだ不器用な二人。
いつまでも二人を見守っていたくなります。

0

二人とも必死に恋してるなって

前作の二人がようやく一線を……!超える!!

したい、したいの大騒ぎの寺島に対して、「家族がいるからだめ」の一点張りの楢崎。
でも楢崎気持ち分かるよ〜〜。
お兄ちゃんにバレて注意されたら恥ずかしいやら何やらで……やれないよね〜〜。
……って、私は思いますが、寺島は不安になっちゃうってところがまたもどかしくてキュンキュンします。

それでなんやかんやで一線を超えるのですが……。
この描写が最高です。
お互いが本当に気持ち良さそうで、
「あ〜っ!!気持ちいいんだね!!!!」
って分かる表情をしてます。
楢崎の豹変ぶりもやばい!
普段淡白そうな人があんなにがつがつくるとギュンギュンします……。
それで寺島が混乱して遠ざけちゃうのもまた可愛いなぁって……。

また二巻の方では前作よりも楢崎が人間らしくなってたと思います。
前作も十分、真面目そうな見た目に反して人間らしいやつだったんですけど……。
今作はそれ以上に、こんなにも激しく嫉妬するところだとか、寺島に必死で普段取らないような行動もとってしまうところとか、
「あぁ、楢崎も必死に恋してるんだなぁ…」
って分かって、微笑ましく感じました。

1

ブラボー♪


一巻は基本、寺島のほうがジタバタ恋にあがいていて、楢崎はさほど動じずって感じだったのが二巻目はだいぶ様子が変わってて、楢崎が嫉妬しちゃったり、寺島と連絡が取れなくて焦ったり、エッチしたくてたまらなくなったりともがく様子が楽しめました。
それを寺島がしてやったりの顔して見てるという。良かったね、寺島。楢崎もあなたに夢中だよ。

ようやく家族が不在となって楢崎の家にやってきた寺島。半年って地味に長いよね。そりゃあよく我慢したと思うの、寺島が。
じゃ、よろしくお願いします、ってベッドの上で正座で向き合ってお辞儀する二人がいいなぁ。
それで会話しながら進むっていうのも彼ららしくて実にいいし、スマホ片手に調べたりするのも楢崎らしい。
でも途中からポイントに触れて感じてしまったあたりから、会話が途絶えて・・・そこから先は・・・素晴らしい・・・
寺島がものすごく感じて悶えまくっててちょっと気の毒になるくらいのレベルでした。あんな顔しちゃうんだー。ブラボー。

この二人って言わなくてもわかるだろ、みたいな互いの甘えがなくてちゃんと会話して言語化しているところがいいと思う。
特に楢崎が無口で何も言わなそうなタイプなのに、ちゃんと大事なことは言ってるところが好き。

3巻がとにかく楽しみ!先日、連載中のを見たら凄い破壊力あるセリフを寺島が言ってた。
早く読みたいなぁ。

3

ギャップ萌えとはこのことぞ。

一巻では二人が恋人になるまでを丁寧に描かれていて、この二巻では恋人になってから始まりますが…
一巻にはなかった萌えが私の中を駆け巡りました!!
一巻最後の告白のシーンで男らしくはっきり好きだと告げたり、そういうことはまた今度と寺島をいさめたりする姿を見て楢崎が攻めかな?なぁんてぼんやり考えてましたが、がっつり攻めでした(笑)
普段の二人はまったくの対等でそのやりとりが好きなのですが、初めて致すシーンでの初めての快感に戸惑っている寺島の姿、そんな寺島に興奮してがっつく楢崎に大興奮でした。
アンタ、そのオスの顔隠してたのねとニヤリでしたよ。
平時はローテンションで言葉足らずな楢崎なのに、元カノやシンさんに嫉妬しておかしくなっちゃったり、そんな楢崎を見てしてやったり顔の寺島だったり、私が見てみたかった二人がすべてつまってました(笑)
あの楢崎が言った「お前のこと抱きたくて死にそう」の言葉にどれだけ悶絶したことか。
ほんと大満足の1冊です。

6

流れる空気感

二人が恋人になってからのお話ですが、二人の関係だけでなく、それぞれの人間関係もいい味を出していますね。シンさんや楢崎の家族との会話にも、この作品独特な空気感がありました。

お互いにお辞儀をしてセックスを始めたと思ったら段取りの確認をしだす楢崎と、その後ろで目を引きつらせる寺島には笑ってしまいましたが、そんな堅物なところもまた楢崎の魅力なのでしょう。
「家族がいるから」と拒む堅物な楢崎が、前々から寺島を家に呼ぶためにちゃんと計画を立てていたと思うと!

二人ともちょっとずつ不器用で、寺島は悶々と悩むし、楢崎は言葉足らずだし。
でも、これからもこんな二人がずっと一緒にいてくれたらいいなと思う、素敵な読後感の作品でした。

1

雰囲気が良い。

1巻で恋人となり、寺島はエッチしたいエッチしたいと何度も楢崎を誘うんですが、楢崎は家族がいるとこじゃだめ、の一点張り。読んでる途中、私はなぜ寺島の家でエッチするのはだめなんだろうか、というか寺島の家の情報が皆無だなあ、と不思議に思っていたのですが、終わりの方で寺島の家が出てきましたね。
楢崎は相変わらず言葉足らずで、寺島は男同士のエッチそのものに抵抗を覚えてるんじゃないかと不安になります。当然ですよね。もうほんと…寺島が不憫すぎて…。
楢崎が家族旅行を1人だけ断り、ようやく初エッチにいたるわけですが、このエッチシーンがいいんですよねぇ。ページ数は多くないんですけど、特に寺島の表情がね、とても萌え!!です。

最初、楢崎が寺島のをならしてるシーンは色っぽくもなんともないんですが、ふいに寺島が快感に震えてからがやばい。
予想外の快感の波に震えて、泣いて、感じて、あんなにヤりたがってたのに、挿入されるのもためらっちゃう。一方の楢崎は、淡白そうだったのに、がっつがっつ攻める攻める!ギャップにびっくり。

そのあとぎくしゃくした2人が仲直りするシーンで、楢崎が寺島を「かわいかった」と言ったあと、「いや別にお前を喜ばすために言ってるわけじゃないけど」と続けたシーンには笑ってしまいました(笑) 楢崎のこういうとこ、私は好きです。

終わりの方の、今度は楢崎がキャパオーバーになって、寺島と和解するシーン。そこで、「お前実は俺の事けっこう好きだろ」という寺島のしたり顔!これはキますねー(笑) 余裕こいてる!一方の楢崎は、「俺いまお前のこと抱きたくて 死にそう」だって// キャラ崩壊してるし! 1巻とは全然違う2人の関係が見れました。

1

やっとこさ電子書籍化

諸事情で電子書籍しか買えないため、待ちに待った電子書籍化でした。
何となく「こっち向いて笑って」を購入してから、市川けい先生のファンで、作家買いしています。

1からチカは高校生なのに理性しっかりしてるなーと思っていたのですが、
過去になんやかんやあったからこそだったのですね。
それにしてもじれったさはあったので、ようやく二人が身も心も結ばれてくれてスッキリ。
今回は受け攻め共にぐるぐるしてすれ違い気味ですが、その理由は結構ありがちなパターン。
まあまあ楽しめたので萌え。

0

DKって美味しい

市川さんの『スロースターター』『スローデイズ』にハマって他の作品も読み始めました。
市川さんの作品には、派手さはないものの青春時代ならでは、の葛藤や歪な感情が繊細に描かれています。
今作『ブルースカイコンプレックス』では、不良と優等生ということで、1巻を読んだときから続きを楽しみにしていました。

晴れてお付き合いする事となった楢崎と寺島は、未だ一線を越えられていなかったのですが、2巻にきてとうとうお泊りする展開に。
寺島は、家族がいないという楢崎の家へ。
「じゃあ、よろしくお願いします」
と、頭下げて挨拶するところから始める二人が、初々しくて可愛いです。
楢崎の男らしい一面も見れて素晴らしい一冊でした。
手探りで始まったふたりの恋の今後が、気になりますが一先ず完結なんですか?

0

この感じたまらなく好きです!

1冊完結かと思いきや、続きが発売されて驚き!!!(市川先生のお話は両想いを確認したところで終わり・・・というイメージが強かったので・・・)&とても嬉しかったです。
1巻では楢崎君がとてもツボキャラだったのですが、2巻では寺島の魅力にも目覚めました。
2人のゆるいけど、すっごく面白い会話や、脳内に浮かぶ言葉がこの巻でも炸裂。この感じ、本当にたまらなく好きです!!!

1巻では割と落ち着いていて・・・というか結構天然系のずれみたいなのを感じさせていた楢崎君。でもこの巻では今まで自分でも知らなかった嫉妬や、恋するという気持ち・・・に気が付いてぐるぐる悩んでしまう楢崎君が満載でした。
ちょっとしたすれ違いや、けんか?っぽい事も起こりますが、ちゃんと解決するので、後味もとても良いです。

2

草食男子が性欲に気がついたよん

2巻出ました。
上の段で終わってました。なんで反映されないでひょうか?これを書くのは3回目なんですけど。よくそうなります。折角熱く書いたのに消えてしまいました。
またまた書きますが同じようには書けません。

1巻では性欲が全くないように思え楢崎君ですが。1巻はエロも少なくて2巻もそうなのかと思っていましたがぶっ飛びました。

お正月旅行に参加せず家に残った楢崎は寺島を家に呼びます。そしてやっと初エッチとなりますが、最初は携帯でぐぐりならがいたします。なかなか上手くいきませんが楢崎の初エッチの話を聞いた寺島が欲情していき、すっごいエロシーンでした。はあー
その後はすっかり欲情した楢崎が可愛いい。場所もわきまえないし、寺島の元彼女やマスターにまで嫉妬します。
自分を抑えきれない姿に萌えました。
反対にあれだけやりたがっていた寺島はちょっと冷め気味で楢崎と距離をとります。
でもそれはエッチが良すぎてびびっていたのでした。
なんとか誤解もとけて2回目のエッチがしたか、なんせ高校生物なんで場所が無い、これが高校生物のいいところなんですよね。
まあなんか無事に出来ますがまたまた凄いエロシーンでした。良かったね。
欲情して楢崎が自分を見失ったり、寺島さんが可愛いい絶対お勧めですよ。是非読んで下さい

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ