ブルースカイコンプレックス(2)

blue sky complex

ブルースカイコンプレックス(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神269
  • 萌×269
  • 萌21
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
21
得点
1687
評価数
364
平均
4.6 / 5
神率
73.9%
著者
市川けい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
シリーズ
ブルースカイコンプレックス
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784864422406

あらすじ

“不良"の寺島と、優等生の楢崎。
不器用な行き違いを経てお付き合いをスタートしたものの、次なる寺島の悩みは、「楢崎がエロいチューはしてもセックスしてくれない」こと。
一方何事にも動じない性格のはずの楢崎は、ゲイのバーマスターや中学時代の元カノ等、寺島の広い交友関係が気になり、自分のペースを乱される…。

思春期の心から溢れた熱が、思い通りに伝わらぬ歯がゆさ。
瑞々しい男子高校生たちの等身大の恋模様。

表題作ブルースカイコンプレックス(2)

楢崎,高校2年生,付き合って2ヶ月の彼氏
寺島夏生,高校2年生,17歳

その他の収録作品

  • 一方、その頃。(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト

レビュー投稿数21

お預け

◾️楢崎元親(チカ)×寺島夏生
1巻のレビューで夏生が元親にメロメロのイメージあるって書いたんですけど、元親も相当メロメロ

1巻では夏生と共にお預けくらった読者。2巻のとろっとろっぷりがすごい。全て元親の手のひらの上って感じがして腹立つ。そんな感じで夏生も腹を立てていました。自分ばっか、と。

全然そんなことありませんでした!元親めちゃくちゃ焦ってましたし、下手すりゃ夏生より露骨にスパダリムーブかましてきますから、夏生も恥ずかしがらずもっと好きとか言いなよ!

0

結構意外な楢崎の過去

付き合い始めた2人にとって大きな問題となるのが、もちろんあれですね。
「いつするのか」問題。

常にテンションが一定で、落ち着いていて、考えがあまり顔に出ない楢崎が飄々としすぎていて、寺島じゃなくても不安になりそうです。
家族がいない日に家に誘うときですら無表情!
楢崎に好きな要素しかないんですけど!?と、こっちが興奮してどうする状態。

本作では何と21ページにも渡る初えろすが展開されます。
でもいやらしさがないと言うか、終始ずっと話しているのがこの2人らしい。
スマホ片手に調べながら進める楢崎は、さすが真面目くん!という感じだし、楢崎の過去の経験をここで聞いちゃう寺島も寺島だし。
楢崎が童貞じゃないというのが結構わたし的には意外でしたが、それに対する寺島の反応も意外でした。もっと嫉妬したり拗ねたりするかと思ってたんだけどなあ。

念願の初えっちを済ませたものの、またまた明後日の方向へ暴走する寺島。
この辺り、やきもきしっぱなしです。
1巻の最後からずっとしたがってたし、付き合うってなってからはかなり言いたい放題自分の意見やしたいことを言いまくっていたのに、ここで閉じちゃうのかい、と。

さらに体を繋げたからと言って世界が2人だけになるわけでもなく、寺島の元カノとの再会や、寺島の旧知のツーブロトップノットのメガネの兄さん(確実にこの人の方がメガネの兄さんですよね)の存在に焦る楢崎が良いです。
無表情で焦る。無表情で独占欲を寺島にぶつけちゃう。不器用さが良い。

2巻はそれぞれが暴走するものの、絆は確実に強まっていてます。
初めての感情に戸惑って逃げたとしても、最終的にちゃんと相手にぶつけられるのが良いなと思えます。

寺島の変顔率が高めな2巻を後に、3巻へ行ってまいります。

4

新たな一面

なんなく初Hと思ったら、そのあとの二人の頭ごちゃごちゃな感じが焦ったくも、不器用な可愛さがあって良かったなと思いました。

夏生のことが好き過ぎて、元カノやメガネ店長に嫉妬してしまう楢崎。
静かにメラメラしてるのが分かる。
冷静なように見えて、楢崎もちゃんと男の子なんだよね。

夏生はそんな楢崎と、良すぎる楢崎とのHを恐れてしまいます。
でもそれって、楢崎の気持ちが夏生に伝わっていなかったのが原因なんだと思うんです。
楢崎が自分を好きだという事に自信が持てなかったから、夏生は色々と怖かったんじゃないかな?

恋人らしくなってきた二人が益々気になります。
あー、やっぱりいいなぁ、男子高校生の恋♡

0

ヤンキー(笑)寺島の可愛さと楢崎のスパダリ感の融合

 大きな環境の変化があったりするわけではないのに、2人の心情の変化だけでストーリーを展開させているところが単純にすごいなぁと思いました。初めてのセックスで生じた寺島の性欲への戸惑いと、彼の周囲の人物に楢崎が初めて覚えた嫉妬。2巻はこれだけで話が成り立っているんです。恋愛って、ちょっとしたことで日々感情を揺さぶられるものだよなぁということを、改めて感じさせられた気がします。

 寺島は楢崎とのセックスが気持ち良かったのと同時に、制御できない快感に恐れを感じ、それは楢崎自身への恐れにも繋がっていきます。淡々としている楢崎が、いざとなると男らしく迫ってくることへの怯え。それをようやく本人に吐き出して解消できたと思ったら、今度は寺島と仲の良さそうなバーのマスターや元カノに楢崎が嫉妬します。自分の中の感情の変化を自覚して、戸惑って、悶々と悩む2人が、まさに思春期の男子らしくてリアルだなぁと思いました。

 けっして大きく関係が拗れるということはなく、2人とも意外と冷静で、すれ違い過ぎる前にちゃんと相手に気持ちを吐露できるので安心でした。何より、楢崎のどっしり構えた安定感が半端なかったですね。いつの間にかスパダリっぽく成長していて驚きました。そして、濡れ場ではとろとろになってしまう寺島が本当に可愛い。最初のセックスでも、色気のない会話をしていたところから、寺島の性感帯が見つかって急に艶めいた雰囲気になるところのギャップに萌えました。

0

戸惑いと嫉妬

めでたく両思いになったわけですが、楢崎は家で家族がいるからとキス以上はしてくれない。
あいつはしたくないのか?と悶々とする寺島ですが、なんと楢崎はセックスするために正月の家族旅行を行かずにチャンスを作ってくれて!

いざ始めると男の子初めて同士、高校生らしく?スマホで調べながらとか、変にどちらかがリードするわけでもなく対等でいいですね。合体成功!
寺島が感じまくって可愛いです。

しかしその後は寺島は戸惑ってしまって楢崎を避けて。エッチで楢崎が怖くなったり頭の中が楢崎とエッチの事でいっぱいでどうしていいかわからない。

楢崎は楢崎で寺島の元カノやマスターと繋がってる寺島にやきもきして、嫉妬に身を焼いて。

2度目もめでたく合体。
楢崎が寺島が思ってた以上に好きでいてくれたんですね。楢崎の性欲もしっかりありました。

お互いモテるのが気にかかって仕方ない二人ですね。

なかなかエッチな事ができず関係が進まないのは高校生実家暮らしあるあるですね。
4巻までどんなふうに話が進むのか気になります。一波乱あるのかなあ。高校生ものなので大学生にはならないかなあ。

0

ままならない

思い通りにいかない、想像と違った事への戸惑いなど、大人になったらそんなことで悩んでたよねというようなちっちゃい悩みでも、当事者にとってはとてつもなく大きく心を占めるわけで。

そんなあれこれが、どうでもよくてどうでもよくない悩みや心の機微がとても繊細に、でも何気なく描かれています。

はっとするシーンもあり、1巻に続き、やっぱり男子高校生ならではな空気感がとても愛おしいです。
繋がる前と後での変化、言葉にできればいいのにもやもやとあーでもないこーてもないと悩んでる姿等など。

今回も双子君達のコマでは癒されました~。う〇こう〇こ言ってるだけだけどw
そこがまた可愛い。私のツボですw

1

いつまでも見ていたい

ついに…2人が…!!

家族旅行を断ってまで、楢崎も寺島とそういうことをしたかったんだなぁ って思うと、きゅんきゅんが止まりません。したいのは寺島だけじゃなかったんだよ…よかったね!
普段の落ち着いた雰囲気とは一変、がつがつする楢崎…雄の顔してました。寺島の感じてる顔を見て興奮しちゃうところからも、やっぱり楢崎も男子高校生なんだなって…
寺島の感じてる表情もたまらない。ふにゃふにゃになっちゃってるの…楢崎ががっつくのもわかる。

他にも、お互い言葉足らずで思ったことが伝えられなかったり、ちょっとしたすれ違いが起こっちゃったり、まだまだ不器用な二人。
いつまでも二人を見守っていたくなります。

1

二人とも必死に恋してるなって

前作の二人がようやく一線を……!超える!!

したい、したいの大騒ぎの寺島に対して、「家族がいるからだめ」の一点張りの楢崎。
でも楢崎気持ち分かるよ〜〜。
お兄ちゃんにバレて注意されたら恥ずかしいやら何やらで……やれないよね〜〜。
……って、私は思いますが、寺島は不安になっちゃうってところがまたもどかしくてキュンキュンします。

それでなんやかんやで一線を超えるのですが……。
この描写が最高です。
お互いが本当に気持ち良さそうで、
「あ〜っ!!気持ちいいんだね!!!!」
って分かる表情をしてます。
楢崎の豹変ぶりもやばい!
普段淡白そうな人があんなにがつがつくるとギュンギュンします……。
それで寺島が混乱して遠ざけちゃうのもまた可愛いなぁって……。

また二巻の方では前作よりも楢崎が人間らしくなってたと思います。
前作も十分、真面目そうな見た目に反して人間らしいやつだったんですけど……。
今作はそれ以上に、こんなにも激しく嫉妬するところだとか、寺島に必死で普段取らないような行動もとってしまうところとか、
「あぁ、楢崎も必死に恋してるんだなぁ…」
って分かって、微笑ましく感じました。

1

ブラボー♪


一巻は基本、寺島のほうがジタバタ恋にあがいていて、楢崎はさほど動じずって感じだったのが二巻目はだいぶ様子が変わってて、楢崎が嫉妬しちゃったり、寺島と連絡が取れなくて焦ったり、エッチしたくてたまらなくなったりともがく様子が楽しめました。
それを寺島がしてやったりの顔して見てるという。良かったね、寺島。楢崎もあなたに夢中だよ。

ようやく家族が不在となって楢崎の家にやってきた寺島。半年って地味に長いよね。そりゃあよく我慢したと思うの、寺島が。
じゃ、よろしくお願いします、ってベッドの上で正座で向き合ってお辞儀する二人がいいなぁ。
それで会話しながら進むっていうのも彼ららしくて実にいいし、スマホ片手に調べたりするのも楢崎らしい。
でも途中からポイントに触れて感じてしまったあたりから、会話が途絶えて・・・そこから先は・・・素晴らしい・・・
寺島がものすごく感じて悶えまくっててちょっと気の毒になるくらいのレベルでした。あんな顔しちゃうんだー。ブラボー。

この二人って言わなくてもわかるだろ、みたいな互いの甘えがなくてちゃんと会話して言語化しているところがいいと思う。
特に楢崎が無口で何も言わなそうなタイプなのに、ちゃんと大事なことは言ってるところが好き。

3巻がとにかく楽しみ!先日、連載中のを見たら凄い破壊力あるセリフを寺島が言ってた。
早く読みたいなぁ。

3

ギャップ萌えとはこのことぞ。

一巻では二人が恋人になるまでを丁寧に描かれていて、この二巻では恋人になってから始まりますが…
一巻にはなかった萌えが私の中を駆け巡りました!!
一巻最後の告白のシーンで男らしくはっきり好きだと告げたり、そういうことはまた今度と寺島をいさめたりする姿を見て楢崎が攻めかな?なぁんてぼんやり考えてましたが、がっつり攻めでした(笑)
普段の二人はまったくの対等でそのやりとりが好きなのですが、初めて致すシーンでの初めての快感に戸惑っている寺島の姿、そんな寺島に興奮してがっつく楢崎に大興奮でした。
アンタ、そのオスの顔隠してたのねとニヤリでしたよ。
平時はローテンションで言葉足らずな楢崎なのに、元カノやシンさんに嫉妬しておかしくなっちゃったり、そんな楢崎を見てしてやったり顔の寺島だったり、私が見てみたかった二人がすべてつまってました(笑)
あの楢崎が言った「お前のこと抱きたくて死にそう」の言葉にどれだけ悶絶したことか。
ほんと大満足の1冊です。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う